人気ブログランキング |
ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

2012年 10月 31日 ( 2 )

敬語の簡単法則講座を開催しました


みなさんこんにちは006.gif

10月25日
「敬語の簡単法則講座」を開催しました

今回は横手市Y2プラザが会場です!

講師は伊藤玲子先生です016.gif


敬語は会話や電話はもちろんですが
手紙や文書等でも必須になってくる一般常識です
とは言え、完璧だ!と言える日本人は少ないのではないでしょうか。

講座では、日常会話で使われる言葉を例にあげて
クイズ形式で学んで行きます。

d0162301_10241111.jpg





さて、いきなりですが問題です。


山田部長お願いできますか」と言う問い合わせに、
部長が会社を休んでいることを伝えるときの表現はどうしたらいいと思いますか?



誤 「本日、山田はお休みをいただいております。」


おや?どこが間違いなの?という方は要注意034.gif



「いただいている」という表現は「相手から物を受け取る」もしくは「……(して)もらう」という表現です。
この言い方だと、相手と同じぐらい、もしくは相手以上に、自分の会社を立てていることになります。

この場面では、
「申し訳ありませんが、本日は休んでおります」
「昨日から休暇をとっておりまして、明後日には出勤いたします」
のような表現にするのが、
正しい敬語になります。

外部に対しては身内を立てないのがポイントですね039.gif


今後も就職対策ワンポイント講座はさまざまなセミナーを開催予定です。
詳しくはHPをご覧ください040.gif
by fresh-akita | 2012-10-31 10:38 | 講座の様子

Job-Press on Radio < ホンダヤマシナ株式会社 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
今日で10月も終わり・・・ 寒さも厳しくなってきましたよね! 012.gif

今回取材をお願いしたのは、由利本荘市石脇にあります
「ホンダヤマシナ
株式会社」


フレッシュワークAKITA広報班メンバーと、
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

取材は、由利本荘市ではなく秋田市でということになり、
フレッシュワークAKITA(秋田テルサ)から、
国道13号線を一路、秋田市中心市街地に向けて出発!
秋田市御所野から5キロほど移動したところで見えてきたのが・・・
d0162301_13185268.jpg

あれは、『世界のHONDA』のマーク!
名前からもしやと思っていましたが、やっぱりディーラー(自動車販売店)さんだったのですね~!

お邪魔したのは「ホンダカーズ秋田西 仁井田店」です!
d0162301_13195164.jpg

自動車販売店は、複数の会社が同じ地区に設置されているのを
よく見ますよね!

国道13号線沿いにも、複数の自動車販売店が立ち並ぶ地区があるのですが、
「ホンダカーズ秋田西仁井田店」がある地区には、
こちらの店舗以外には自動車販売店がほとんど見当たらず、
とても目立つ存在です。

早速、「ホンダヤマシナ株式会社」について、
海和 勉 総務部長 に伺いましょう!
d0162301_15413760.jpg


 「「ホンダヤマシナ株式会社」は、昭和54年に創業した
  ホンダ車を取り扱う自動車ディーラーです。

  由利本荘市に本社の本荘北店、秋田市に仁井田店、能代市に能代南店、
  五城目町に五城目店と秋田県内に4つの販売拠点を持ち、
  HONDA正規ディーラーとして、地域の皆様に愛されて参りました。」
                                     (海和 総務部長)

HONDA正規ディーラーは、「ホンダカーズ」という名前で展開されています。
2006年までは「ホンダペルノ」、「ホンダクリオ」、「ホンダプリモ」と3系列の販売店があり、
それぞれ販売できる車種が異なっていました。
メーカーの本田技研が「すべてのホンダ車を多くのお客様に気軽に選んでもらおう。」と考えて
「ホンダカーズ」というブランドに統一し、ホンダ正規ディーラー全店でホンダ全車種を
販売できるようになりました。001.gif

秋田県内では14の販売会社が合計26店舗で「ホンダカーズ」を展開しています。
そしてこの14の販売会社で「秋田県ホンダ会」を結成し、
様々な販売施策やテレビ・ラジオのCM企画、新聞折込チラシ製作などの
広報活動を協力して取り組んでいます。

また、社会貢献活動を秋田県ホンダ会で行っており、
昨年3.11震災後に各販売会社から支援物資を集め、被災地にお届けしたり、
今年は6月27日に由利本荘市岩城町の道川海水浴場で
「秋田県ホンダカーズ」の仲間約110名が参加してビーチクリーン活動を行いました。

034.gifここで疑問! 
「ホンダヤマシナ株式会社」の店舗名には、
『秋田西』が使用されていますが、どうして???

 「当社の場合は拠点が秋田県沿岸の由利本荘市、秋田市、能代市、五城目町にあり、
   広域で販売店を展開していることから、「秋田西」を使用することになりました。」
                                           (海和 総務部長)

なるほど・・・ 秋田県の沿岸地域をカバーしているので、『秋田西』なんですね!

「ホンダヤマシナ株式会社」では、
『お客様第一主義』を掲げ、
 ・誠実
 ・協力
 ・開拓
この3つを信条に企業活動を展開しています。

今回お邪魔した「ホンダカーズ秋田西仁井田店」は、
秋田市南部地域や西部地域、雄和や大仙市協和にお住まいの方を中心に
20代から70代まで幅広い世代の多くのお客様にご利用いただいているそうです。

競争が厳しい自動車販売業界ですが、
「ホンダヤマシナ株式会社」では、どんな人材が求められているのでしょうか?
 
 「コミュニケーション能力はもちろんですが、
  根気があること、あきらめないこと、そして体力があることが望まれます。

  お客様と接する上で、  
  車に関する知識は、入社してからしっかり身につけてもらいますが、
  精神面や体力面は学生生活など、今までの生活の中で備わるものです。」
  (海和 総務部長)

【写真 取材中の海和 総務部長(向かって右側)】
d0162301_1544266.jpg

根気強さや体力は、一長一短では養われませんよね・・・

海和 総務部長は、運動部に所属していたかどうかを
とても注目しているそうです。

また、アルバイト経験の有無にも着目しながら、
面接では、今までどんな経験をしてきたかを質問して、
受験者の人物像をイメージしているそうですよ~!

採用後は、本田技研主催で実施される研修や
秋田県HONDA会で企画する研修などに参加することができますが、
業務に必要な資格については、業務の合間をぬって勉強しなければなりません。

 「営業担当については、自動車の知識以外にも
  中古車の査定に関する知識や、
  自動車保険に関する知識も必要となってきます。

  お客様は車の販売の関係だけでなく、その後も良い関係を築き、
  長くお付き合いしていただかなければなりません。
  そのためにはお客様が気軽にご来店していただき、
  居心地の良い雰囲気のお店をスタッフ全員で作っていかなければなりません。  
  
  特に営業スタッフは自分が管理するお客様に、車検や定期点検のご案内や
  イベント案内をきちんと行い、約束を守り、
  お客様からの信頼とご愛顧をいただいていかなければなりません。


  そのため、入社後は、自動車の知識習得以外にも
  多くの事を学んで頂く必要がありますし、お客様との会話や対応の方法、
  接触の仕方など先輩のやり方を見て研究し、修得していかなくてはなりません。
   
  そして不明なことは、自分の判断だけで行動せず
  必ず上司に聞いて納得して行動することです。
  いわゆる「報告(ホウ)、連絡(レン)、相談(ソウ)」の徹底ですね。」(海和 総務部長)

粘り強い精神は、お客様に接するためだけでなく、
業務上必要な知識を、仕事と両立して学ぶためにも必要なんですね~045.gif

 「現在、当社では事務担当職員も自動車の説明が行えるよう、
  研修を始めたところです。

  職種を超えて、全社員でお客様をお迎えできるよう、
  がんばっています。」(海和 総務部長)

お客様への熱い気持ち、伝わってきましたよ・・・

それでは、本日の先輩社員をご紹介します。

営業スタッフ 長谷川 翔さんです。
d0162301_15403057.jpg
 
長谷川さんは、今年度採用されたばかりのフレッシュマン!
満面の笑顔がとても素敵な方です!

長谷川さんは、お父さんの仕事の関係で、
小さい時から複数回の転校を繰り返していたそうです。

東日本を幅広く移動していたそうですが、
長谷川さんの将来を考え、中学校からは秋田市に定着・・・
地元の中学、高校、そして、大学へと進学しました。

就職活動を行う上で、力になってくれたのは大学のキャリアセンターと話す
長谷川さん・・・

応募先企業をどのように絞り込むか、キャリアセンターの担当者と相談したところ、
勧められたのが、「ホンダヤマシナ株式会社」でした!

 「応募を決めた理由は、
  
  人生の半分を過ごした秋田で働きたいと考えていたこと、
  通学で車を運転していたので、車は嫌いではなかったこと、
  自分の長所である『人なつこい』ところを活かせる仕事であることでした。」
  (長谷川さん)

入社前は、HONDA車の知識を身につければいいと考えていたそうですが、
入社後、他社の車についても勉強しなければいけないことが分かったそうです・・・

 「お客様に説明する際に、他社の車について理解していなければ、
  良い点などをきちんと説明することができないからです。」(長谷川 さん)

【写真 取材中の長谷川 翔さん(向かって左側)と
長谷川さんをフォローする営業スタッフ 大塚 慶輔さん(向かって真ん中)、
海和 勉 総務部長(向かって右側】
d0162301_1547244.jpg


確かに車を購入する時には、車種を決めている方もいらっしゃいますが、
ワンボックスや軽自動車など車のタイプを決めて、
どの会社の車が自分の希望に合っているか、と考えるお客様の方が
断然多いはず!!

そのためには、お客様のニーズをしっかり把握し、
自社の車の有効性を、他社の車と比較しながら説明することが大切です!

そのため、長谷川さんは仕事の合間をぬって、知識習得にがんばっています。
この秋には、保険に関する試験を受験するため、
試験勉強も併せて取り組んでいるそうです・・・

営業として、長谷川さんが心がけているモットーは?
 
 「当社の理念でもある『お客様第一主義』です。
  営業スタッフとして、お客様を大事にすることを心がけています。

  具体的には、時間や約束を守るということでしょうか。」(長谷川 さん)

小さなことからコツコツ・・・ 長谷川さんの実直さが現れるコメントです!

そんな長谷川さんに店内を案内していただきました!
店内は、定期的に社員全員で内装を手がけているそうですよ!

店内には、「N-BOX+」が展示されていました!
d0162301_14463971.jpg


こちらは、車内をフルフラット(ベットモード)にすることができるので、
外出先で車中泊が手軽におこなえちゃいます!
d0162301_14434332.jpg

軽自動車なのに、190cmまでの身長の方に対応しているのも魅力!

ベットモードに配慮したスピーカーの配置やティッシュを入れるコンソール・・・
d0162301_144508.jpg


後部にACコンセントも付けられるので、キャンプの際には多目的に使用できます!
d0162301_1445185.jpg


他にも様々な工夫や配慮がされているんですが、
長谷川さんがとても丁寧に説明して下さいました~!

ついつい車談義で盛り上がってしまいましたが、収録を忘れちゃいけません!
打ち合わせの後、収録スタート!!
d0162301_14505837.jpg


テレながら一生懸命話す長谷川さん、とてもキュートでした!

恒例の記念写真は、「ホンダカーズ秋田西 仁井田店」のスタッフとぱちり!
【写真に向かって、前列左側から 海和 勉総務部長、サービススタッフさん、真坂はづきさん、
営業スタッフ 長谷川 翔さん、
後列左側から サービススタッフさん、事務スタッフさん、サービススタッフさん、
白山 秀夫仁井田店店長】
d0162301_14525591.jpg



この模様は・・・

11月2日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   
by fresh-akita | 2012-10-31 09:00 | ラジオ番組取材後記