人気ブログランキング |
ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

2011年 01月 27日 ( 1 )

Job-Press on Radio < 株式会社ヤマダフーズ >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
毎日毎日曇り空・・・ 青空がとーっても恋しくなりませんか?012.gif

34回目は、仙北郡美郷町にあります
「株式会社ヤマダフーズ」
にお邪魔しました!

当日は、フレッシュワークAKITA広報班のメンバー1名が会社を訪問しましたよ~!

秋田市から国道13号線を南下・・・
大曲の大型ショッピングセンターを越える頃から、徐々に積雪が増えはじめ・・・

「地域のみなさんはシンドイだろーなぁ・・・」と考えながら進むと、
左手に「株式会社ヤマダフーズ」本社工場が見えてきました!
d0162301_13515577.jpg

d0162301_13532426.jpg

雪景色に映える「ピカピカ」の外観! かっこいい建物です!

「株式会社ヤマダフーズ」は、
「おはよう納豆」でおなじみ!食品メーカーでございます。
納豆の他、豆乳や豆腐などの大豆加工品を製造していますが・・・

そもそも、なぜ「納豆」なのか・・・

060.gifそれ~は~ サカノボルコト せんはちじゅうさんねん~ (べんべん)
八幡太郎源義家で有名な「後三年の役」の頃(べんべん)

この戦いの折り、農民に煮豆を俵に詰めて供出させた所、数日をへて香を放ち、
糸を引くようにぃ~(べんべん)

これに驚き食べてみたところ、意外においしかったので食用とした(べんべん)

農民もこれを知り、自らも作り、後世に伝えたという・・・ 
これぇーがぁ~納豆発祥のもの~がぁ~たぁ~りぃ~(べんべん)

ということで、講談師調でお送りしましたが、秋田は「納豆発祥の地」なんです!
d0162301_14183651.jpg

※「株式会社ヤマダフーズリーフレット」より

みなさまおなじみ「秋田音頭」でも、秋田名物の一つとして納豆が歌われております!

秋田県民いえいえ、日本人になくてはならない食品 それが「納豆」!
「株式会社ヤマダフーズ」では、こう考えています・・・ 
d0162301_1429364.jpg

『やがてくると予想されている食糧難の時代に向け、
植物性たんぱく質の宝庫である大豆を使った納豆を食することは、
資源の有効活用、地球環境の破壊防止に繋がる・・・
Saving the Earth with Soy-beaus,Natto!(納豆は地球を救う)』

朝食の大定番「納豆」にこんな使命が化せられていたとは・・・
「株式会社ヤマダフーズ」の社員の皆さんは、地球を救う使命をおびて、
日夜活躍されているんですねぇ038.gif

実際に工場を見学させていただくと崇高なる任務を遂行するため、
暑さや寒さもなんのそのでがんばる職員の姿が・・・ 

ここで、納豆作りの工程をご紹介!※「株式会社ヤマダフーズリーフレット」より
d0162301_1447513.jpg

原料の大豆は、国内産だけではまかないきれないため、
アメリカやカナダから輸入しています。
国内産の大豆には地元のJA秋田おばこから提供されたものも・・・
納豆は「地産地消」にも役立っています!

「株式会社ヤマダフーズ」といえば、「ひきわり納豆」!
ひきわり納豆の元祖は、「株式会社ヤマダフーズ」なんです!

昔々、この地方で取れる大豆は粒大豆にするには適さない、大粒の大豆だったそうです。
そんな大粒の大豆をおいしい納豆にできないかと試行錯誤した結果、
誕生したのが「ひきわり納豆」!

「ひきわり納豆」へのこだわりは製造工程にも!
粒納豆用の大豆のように大釜で煮ると、ひきわり用の大豆は色が悪くなるため、
ひきわり用の大豆はベルトコンベアに乗って蒸し上げるんだそうです!
この「連続蒸煮缶」は、「株式会社ヤマダフーズ」で特許を持っています!

納豆業界では「ひきわりのやまだ」で名をとどろかせているとか・・・004.gif

それでは、実際の工場を見学してみましょう!
こちらは、本社の受付・・・
d0162301_1593125.jpg

おなじみの商品がずらーっと・・・
d0162301_15102190.jpg

こちらは管理部門や通販部門の事務スペース オープンスペースで開放的です!
d0162301_15123541.jpg

見学者用のパネル・・・ 納豆の歴史や栄養パワーを学ぶことができます!
d0162301_1517274.jpg

d0162301_16353060.jpg

こちらは大豆の薄皮を取り除く機械・・・ 薄皮は飼料として使用されます。
d0162301_15204251.jpg

約200㎏の大豆を蒸煮できる大きな釜・・・ d0162301_15245951.jpg

納豆菌をかけた大豆を容器に詰めているところ・・・
d0162301_15264593.jpg

雑菌を防止するため、精密機械加工ばりのクリーンルームでの作業となります。 
雑菌が入ると雑味がでてしまうそうで、衛生面だけでなくおいしさにもこだわった配慮!

発酵室です。コンピュータで温度や湿度を管理しています。
d0162301_15313512.jpg

完成した商品は箱詰めされます!こちらの室温は夏でも5度に保たれています!
d0162301_15333361.jpg

納豆はとてもデリケートな食べ物!皆さんの食卓に美味しい状態でお届けするため、
完成してから各店舗にお届けする間は、5度に温度調節された環境で取り扱われています。

大部分は自動化されてはいますが、多くの人が携わって製造されていることに
びっくりしました!納豆は、とても手間がかかるものなんですねぇ~ 

本社工場では、納豆を製造していますが、
「遊心庵」ブランドの豆腐や豆乳は横手市浅舞の工場で製造しているそうです。

昨今の食品市場は「安心安全美味」は当たり前!
常に新しい商品や付加価値の高い商品を求められる傾向にあります。

「株式会社ヤマダフーズ」でも、新しい商品を次々と開発! 
昨年は「カレー納豆」と「ラー油納豆」を発売しました。

「カレー納豆」は、全国放送の番組でも取り上げられ、注目度はうなぎのぼり!

ますます「株式会社ヤマダフーズ」から、目が離せません!

さて、「株式会社ヤマダフーズ」では、どんな人材を求めているのでしょうか?

小西 恭司 本社工場管理部総務課係長
にお聴きしました!
「地元で働きたいという方に門戸を広くしたいと考えていますが、
資質としては一つのことを言われたら、三つ気がつける人を望んでいます。」
(小西 恭司 本社工場管理部総務課係長)
大豆を取り扱う会社ということで、
農学部の知識を有している人も歓迎しているということですが、
自分で判断し、気配りが出来る人材を採用したいという
小西 恭司 本社工場管理部総務課係長!

「『自分で判断し、気配りができる人材』かどうかは、どのように判断するのですか?」
(広報班メンバー)

「採用の過程で一緒に食事を取る機会を作るようにしています。
一緒に食事をするとわかるんです。」(小西 恭司 本社工場管理部総務課係長)

えっー!食事をするとわかるんですか?013.gif

「気配りができる人材かどうかは、どのように育ってきたかに大きく左右されます。
育ってきた環境はその人の立ち居振る舞いに現れるもの・・・
特に食事の場面の立ち居振る舞いについては、なかなか取り繕うことができません。」
(小西 恭司 本社工場管理部総務課係長)

「また、履歴書も応募者のことを理解する上で重要なアイテムです。
丁寧に記入しているか、読む人のことを考えて適当な大きな字で記載しているか
なども判断のポイントです。」(小西 恭司 本社工場管理部総務課係長)

皆さん、参考になりますよね~027.gif 

製造の他、新商品の開発を担当する企画部門、通信販売を担当する通販部門、
営業部門や総務・経理を担当する管理部門、
大豆製品の新たな可能性を日夜研究している食品研究所など
さまざまな部門を抱える「株式会社ヤマダフーズ」ですが、
新人社員は現場を学ぶことから始まるそうです!

本日の先輩社員インタビューは、製造を学習中!
入社1年目の進藤 崇裕 さんにご担当いただきました~!

進藤さんはお隣の大仙市のご出身!会社と自宅は車で5分の距離だそうです。
地元の大学に進み、環境分野を勉強した進藤さんですが、
地元就職を目指し、就職活動を開始!

小さい頃から知っている「株式会社ヤマダフーズ」の門を叩いたところ、
めでたく採用となりました!

自宅から近いということもあり、ご両親はとても喜んでくださったそうです。

進藤さんは「製造一課」に所属し、「蒸煮」と呼ばれる工程を担当!
大豆を大釜で煮るため、室内は高温多湿!
昨年の夏は、猛暑もあって体重が5キロもダウンしたとか・・・
「蒸煮」の現場です・・・d0162301_16362320.jpg

朝が苦手な進藤さん!
当初は朝ごはんを食べえずに出勤していたそうですが・・・
身体は正直・・・ すぐにマイってしまったとか・・・

現在は、早出(6:30)でもしっかり朝ごはんを食べて出勤しています!
やっぱり朝ごはんは大切ですね006.gif

そんな進藤さんですが、担当できる仕事が増え、
「任せられている」という思いが、「やりがい」になっていきます。

納豆だけでなく、豆腐や豆乳の製造にも携わり、
ゆくゆくは製品分析もやってみたいと考えている進藤さん!

進藤さんのお勧めの商品は?の回答は「カレー納豆」!
新製品をお勧めするところはなかなか「気がつく」新入社員!デスヨネ!

社員の誕生日には「ケーキ」をプレゼントしてくれる「株式会社ヤマダフーズ」

「株式会社ヤマダフーズ」の活躍から、目が離せませんね!

取材にご協力いただいたお二人をパチリ!ご協力、ありがとうございました!
【写真に向かって、右側が小西 恭司 本社工場管理部総務課係長、
左側が作業着姿の進藤 崇裕さん】
d0162301_16292314.jpg



この模様は・・・

1月28日 17:15から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif
by fresh-akita | 2011-01-27 09:00 | ラジオ番組取材後記