人気ブログランキング |
ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

2010年 07月 07日 ( 2 )

夏本番!!


七月に入り、今年も夏本番ですね。004.gif
私は季節の中で夏は苦手ですが、唯一熱くなるのが、夏祭り!!
各地で様々なお祭りがありますが、太鼓や笛の音を聞くと
何か、ワクワクしてきます。
そして忘れてならないのは、花火大会。056.gif
一昔前は、大曲の全国花火大会しか記憶にないですが
最近では、あちこちの地域で花火をあげているようで
遠くから音だけ聞こえたりします。
あの小気味良い乾いたような音を聞くとまさに夏だなぁ~と
感じます。
そして、そして花火を見る時に欠かせないのが、ビールと枝豆。
キンキンに冷えたビールを冷やしておいたコップに注ぎ“きゅっと”
何とも至福の時でしょうか??068.gif
これから益々暑くなると食欲がなくなったり、体調を崩したりしますので
自身の管理を万全にして、夏を楽しくのりきりましょう。029.gif060.gif
d0162301_1475658.jpg
by fresh-akita | 2010-07-07 14:08 | ほんの一言・・・

Job-Press on Radio < 株式会社エス・エフ・ティー >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

6月4日からエフエム秋田で放送を開始しました
フレッシュワークAKITA提供「Job-Press on Radio」
月も変わり、放送も5回となりましたが、聴いていただけましたか?

6回目は、秋田市中通にあります
「株式会社
エス・エフ・ティー」


本社は、神奈川県大和市ですが、本日は、秋田開発センターにお邪魔しました!

当日は、フレッシュワークAKITA広報班のメンバー2名と、
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「はづき」さんが会社を訪問しました。

まずはブログを見ている皆さんに質問!「株式会社エス・エフ・ティー」って何の略?

Software of Fundamental Technology

直訳すると「基本的なテクノロジーのソフトウェア」という意味です。

会社のホームページによれば・・・
ソフトウェア開発の「基礎」または「礎」の部分を行うべく創立されたことが、
会社名の由来のようです。

実際はどんなものを作っているの?と

 藤田 紀久男専務取締役副センター長にお伺いしましたが・・・

一言で説明するのは難しい・・・とおっしゃっていました。

顧客企業の受託開発をベースに、パーソナルコンピュータのソフトウェア開発を
行っているそうですが、顧客企業は、パナソニックや富士通とのこと!

パナソニックや富士通といえば、世界に冠たる企業ですよね!

ソフトウェアといっても、携帯電話などの持ち運びができる端末機械を中心に
さまざまな機能をスムーズに動かすためのソフトウェア開発をしているため、
「これが、そのソフトですよ!」と確認することが難しいとのことです。

「こんな製品のソフトウェア開発に携わったというものはあります?」としつこく?
お聞きしたところ、
「先般発売された携帯電話に組み込まれたたくさんの機能の一部に、
秋田開発センターで共同開発したソフトウェアが使われています。」とのお話が・・・

そうです!斬新な機能で話題になったあの携帯ですよ!持っている方います?

事務所を見せていただいた時も、某運輸業の携帯端末のシステム開発で、
大変忙しい様子でした。
d0162301_18183230.jpg


また、私もよく使っている「電子マネー」の決済端末・・・
この機械を使用する店舗に合わせて使用できるように、
システム開発を行うこともあるそうです。

だんだん、仕事の内容が身近になってきましたか?


さて、神奈川県に本社がある会社が、どうして秋田県に開発センターを置いたのか・・・

そこには、があったのです・・・

佐々木辰郎 代表取締役社長は、秋田大学の出身・・・
その後、会社勤めを経て起業したのが、「株式会社エス・エフ・ティー」でした・・・

今回、会社についていろいろとご紹介くださった藤田専務取締役副センター長とは、
ある会社で「寮長と寮生」として知り合い、
その後、別の会社で働くようになり離れ離れになったそうですが、
あって、「株式会社エス・エフ・ティー」を一緒に立ち上げたそうです。

「ものづくり・少数精鋭」にこだわった経営方針により、同時期に設立された会社の中には、
他業種への参入を行っていった会社もあったそうですが、
「株式会社エス・エフ・ティー」は、現在も「ものづくり・少数精鋭」の精神を貫いています。

そんな中で、「クリエイティブな仕事を地方に」との発想から、2007年に誘致企業として
秋田市に「秋田開発センター」を開設したそうです。
地方都市の中でも「秋田市」と選んだ理由のひとつは、
社長が青春を過ごした土地だからでしょう・・・(推測)

心情面の配慮はあったにせよ、秋田からの採用を行って驚いたこととして、
「基礎学力の高さ」があったそうです。

「株式会社エス・エフ・ティー」の場合は、学部学科を問わず、採用を行っています。
大学や専門学校等で、システムの勉強をした人が有利かと思いきや、
システム開発には、いわゆる「読む・書く・話す」能力が必要とされるため、
会社に入ってからシステム言語を勉強しても大丈夫とのこと。

「全国一斉学力テスト」の話題で、一時期秋田県が話題になりましたが、
それを身をもって体感したのが、「株式会社エス・エフ・ティー」だったようです。

「一人前になるには、3~4年かかるため、その間は”人財”に育てるための投資期間」と
おっしゃる藤田専務取締役副センター長。

フレックスタイム制や自由な服装など、リラックスした環境で、
クリエイティブな開発業務を行えるって、魅力的ですよね!


さて、今回のインタビューは入社2年目
佐藤 明人さんにお願いしました。

仕事や職場にも慣れ、手ごたえを感じ始めるようになる時期の佐藤さんと、
まずは、打ち合わせ・・・
d0162301_18401563.jpg


さて、本番で~す!佐藤さん・・・ とても緊張してました・・・d0162301_18411637.jpg


佐藤さん・・・ 緊張していましたが、受け答えが実にしっかり!
佐藤さん!お疲れ様でした!
d0162301_18424711.jpg



納期が迫っているためか、職員の皆さんわき目も振らずパソコンに向かっていました。
取材はおじゃまではなかったでしょうか?
本当に、ありがとうございました。

”縁”について・・・ 
このラジオ番組を始めて、いろいろな方に出会う機会が増えました。
これもひとつの”縁”です・・・

佐々木代表取締役社長と藤田専務取締役副センター長の”縁”のように、
ラジオ番組の出会いが、私たちの、そしてブログを見ている皆さんの”良縁”となると
いいですよね!


この模様は・・・

7月9日 17:15から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif
by fresh-akita | 2010-07-07 09:00 | ラジオ番組取材後記