人気ブログランキング |
ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

Job-Press on Radio< クオーレ ディ ノーヴェ株式会社 イタリアン食堂NOVE >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
梅雨の合間の貴重な晴れ!大切にしたいですよね!012.gif

今回の取材先は、秋田市東通にあります
「イタリアン食堂NOVE(ノーヴェ)」

フレッシュワークAKITA広報班メンバーと
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・


秋田駅東口にある秋田中央道路(県道62号線)の
出入口の交差点近くに店舗があるんです!
※お隣は、全国チェーンのラーメン店です。
d0162301_11375263.jpg


城東十字路方面から来た方は、
この看板を目印にすると分かり易いかな?
d0162301_12581034.jpg


看板を見るだけで、お腹がすいてきました・・・023.gif


早速、長谷川 誠 代表取締役 に、いろいろお聴きしましょう!


 ◇ こちらの店舗について教えて下さい!
 
 ◆ 「「イタリアン食堂NOVE」は、
     クオーレ ディ ノーヴェ株式会社が経営しているイタリアンレストランです。

     『美味しいお料理を安心価格でお腹一杯食べられる、
     そんなお店を作りたい』という想いでお店を始め、
     今年で11年目を迎えました。」


クオーレ ディ ノーヴェ株式会社が2003年に立ち上げたのが、
『ミートソーステイクアウト専門店ノーヴェ』でした。

9坪のお店ですが、
ミートソースのテイクアウトということで、とても話題になったそうです。


店名の『NOVE』はイタリア語で”9”のこと!

そして、社名の『クオーレ ディ ノーヴェ』は、”9つのハート”という意味でして、
“9”にこだわっている会社なんです!005.gif

“9”にこだわる理由を伺ったところ、
長谷川代表取締役のラッキーナンバーなんだそうですよ!


最初の店舗は店名だけでなく、
お店の坪数も“9”にこだわるなんてすごい・・・とお話ししたところ、
お店の坪数は偶然だったとか・・・037.gif

やはり、長谷川代表取締役のラッキーナンバーだけありますよね。045.gif

【写真 お店の天井に描かれている”9”】
d0162301_18214465.jpg


長谷川代表取締役が様々な飲食店での勤務を経て、
独立・起業のジャンルとして選んだのは、『男性が気軽に利用できるパスタのお店』!

そのため、インパクトのある商品をということで、
試行錯誤の上完成させたのが、『甘いミートソース』!

さまざまな食材を使って生み出された甘さの秘密は、
内緒だそうです・・・028.gif


そんな、長谷川代表取締役渾身の『甘いミートソース』が支持され、
『NOVE』は、6年後の2009年、スパゲッティ専門店として移転オープン。

そして、2012年、「イタリアン食堂NOVE」として生まれ変わりました。
2003年の設立から“9”年目のことです。


【写真 入口の上部に設置されている看板(ここにも”9”が・・・】
d0162301_11401790.jpg


11年目を迎えた今でも、
創業当時のコンセプトをそのまま持ち続けている「イタリアン食堂NOVE」・・・
可能な限り手作りにこだわり、手間暇かけて提供しています。

『甘いミートソース』も健在ですよ!
【写真 由利牛と八幡平ポークを使用した 甘いミートソース】※ホームページから借用
d0162301_18225081.jpg


長谷川代表取締役のお店に対するこだわりはとてもシンプル!

「食堂なので、いろいろな人に利用して欲しい」・・・
その想いを貫くために、周囲とぶつかることもあったそうです。

『もっと、そつなく立ち回ることができると、楽かもしれない・・・』
そう語る長谷川代表取締役ですが、
自分を偽ることを良しとせず、あえて、難しい選択を続けています。

時には、お客様にもご協力いただきながら、
従業員とお客様がいっしょに作り上げてきたのが、
「イタリアン食堂NOVE」なのです。

【写真 メニューと共に置かれているお店の歴史等を記載した資料】
d0162301_18252447.jpg


創業から右肩上がりの売上を記録していますが、
味を落とすわけにはいかないと、
お店を増やさず経営を続けています。

【写真 店内の様子】
d0162301_18275969.jpg

d0162301_18293434.jpg


不器用ともいえる経営を貫く長谷川代表取締役に、
求められる人材についてお聴きしました。


 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「飲食店の従業員として求められる資質としては、
    まず、見た目の清潔感が上げられます。

    また、機転が利く・配慮ができるなどの、
    ”飲食店従業員としてのセンス”があるかどうかも重要です。

    そして、お客様ときちんと向き合うために、
    ”人としての基本が身についているか”も大切ですね。」


『企業は人である』と話す長谷川代表取締役・・・

社長と志を共にし、
いっしょにがんばってくれる、育て甲斐のある人材を求め、
採用試験もかなり力を入れているようです・・・


 ◇ 採用試験について教えて下さい。

 ◆  「面接のみを行っています。
 
     面接は、アルバイトも正社員も同様で2時間ほどかけます。
     私の会社・店舗への想いを全て伝え、

     応募者からは『何のために働くのか』という、
     本質について回答してもらいます。

     面接の中で、応募者の想いを全て出し切ってもらい、
     面接者と応募者という関係を超え、人対人としてぶつかっています。」


長谷川代表取締役の”魂と魂のぶつかり合いの面接”(取材スタッフ命名)では、
思わず泣き出してしまう応募者もいるそうです。

特に、学生アルバイトの方にとっては、
こんなに熱く接してもらうことが初めてだという方がほとんどで、
中には「就活の勉強になりました」と、感謝されることもあるんだとか・・・


もちろん、長谷川代表取締役の熱い指導は採用後も継続され、
採用時のオリエンテーション(2時間)をしっかり実施し、
試用期間を経て、正式採用となるそうです。

厳しくも愛情ある指導を受けることにより、
従業員が”家族”のようになり、チームワークが良い会社に成長しました。
今では、従業員だけでなく、従業員の家族も含めて、
『NOVEの家族』になっています。

働く時には、仕事との相性の他に、
会社との相性も重要なんだそうです。

長谷川代表取締役が目指す理想の中には、
『従業員の足が向く会社』があります。

会社の雰囲気が良く、
仕事が楽しいと思ってくれる・・・
それが、『従業員の足が向く会社』なのです。

現在、正社員の募集は行っていませんが、
『NOVEの家族』として頑張りたい方は、
ご相談してみてはいかがでしょうか?


では、本日の若手職員をご紹介!
 戸松 悠佑 店長 です。
d0162301_18183985.jpg


店長になって1年半ということですが、
お若いのに本当に落ち着いている、イケメン店長です。


早速、いろいろとお聴きしましょう!

 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「専門学校卒業後、製菓店や飲食店で働いていたのですが、
    将来、独立するために更に経験を積みたいと考え、
    転職先を探していました。

    そんな時、「NOVE」 で人を募集していることを知り、
    お店で食事をしたことで、味に惚れ込み、働きたいという気持ちを強く持ちました。

    2時間程度の面接を2回受けましたが、
    うまく自分の気持ちを伝えることができず、
    最後は、実際に働きぶりを見てもらって採用を勝ち取りました。」


高校を卒業後、北海道の専門学校で調理と製菓を学んだ戸松店長・・・
シェフだけでなく、パティシェとしても活躍していました。

そんな戸松店長の採用について、長谷川代表取締役はかなり慎重だったそうです。
本気で頑張ってくれるのか、
その真意が見えず、面接では不採用の決断を下しました。

しかし、後ろ髪を引かれる思いがあり、再度面接を行いましたが、
どうしても採用を決断することができませんでした。

そんな長谷川代表取締役の心を動かしたのが、戸松店長の意欲でした。
なかば、”おしかけ従業員”として働く様子を2週間を見て、
ようやく長谷川代表取締役は戸松店長の採用を決定したのです。

その後の長谷川代表取締役と戸松店長は、まさに二人三脚・・・

長谷川代表取締役の教え・技をしっかり吸収したことにより、
リニューアルに伴い店長の仕事を任され、
長谷川代表取締役が開発したミートソースのレシピも伝授されました。

【写真 お店のメニュー】※ホームページから借用
d0162301_18485828.jpg


また、炎のような長谷川代表取締役の指導を、
水のようにたおやかな戸松店長がソフトに伝えることにより、
長谷川代表取締役の考えが、他の従業員にも浸透し、
個々の従業員にプロとしての自覚が育っていきました。

お二人は、本当にベストパートナーといえます。


 ◇ 店長の仕事について教えて下さい。

 ◆ 「メインは調理ですが、ホールの仕事も手伝います。
    新人教育や職員の勤務シフト管理等は、
    長谷川代表取締役と相談しながら決めています。
  
    店長として、従業員を指導する立場にありますが、
    性格的に厳しく指導することが苦手なので、
    長谷川代表取締役によく指摘されます。」


店長という立場は、常に責任がついて回ります。
時には、お客様から厳しい言葉をいただくこともあるそうですが、
それを糧に人として成長することができるため、
辛いことも貴重な体験だそうです。


 ◇ 仕事でうれしいことはなんですか?

 ◆ 「自分の提案した商品が採用され、
     実際にメニューに掲載された時は、とても嬉しく思いました。

    また、店長に抜擢されたこと自体が、
    今までの仕事が認められての事だと思っています。」


【写真 お店のメニュー】
d0162301_18345373.jpg


戸松店長の1日は、
朝 9時半に出勤し、仕込みなどの開店準備を行い、
11時からお店をオープンします。
営業中は、調理やホールなど通常業務の他、
新人教育や新メニュー開発、イベント等の企画なども行うそうですよ!


お休みの日は、一粒種のお子さんと遊ぶのが日課だそうで、
ご夫婦とも食べることが好きなことから、外食することも多いそうです。

「イタリアン食堂NOVE」
秋田で1番と言われる店にしたいと話す戸松店長・・・

夢に向かって、頑張って下さいね!


それでは、収録と参りましょう・・・
大人しい戸松店長に、
”元気よく!!”とのゲキが長谷川代表取締役から飛びました・・・037.gif

真剣な打ち合わせの後・・・
d0162301_18261630.jpg


ゲキのおかげ?か、収録は、1回でOK!
d0162301_18264677.jpg

ここでも、二人のベストパートナーぶりが発揮されました。
    

最後は恒例の記念撮影!

【写真に向かって、右側から 戸松悠佑 店長、真坂はづきさん】
d0162301_11431097.jpg



この模様は・・・

6月20日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   

長谷川代表取締役、戸松店長、
定休日にもかかわらず取材させていただき、
本当にありがとうございました。


「イタリアン食堂NOVE」からのお知らせです。

毎月”9”のつく日(9日・19日・29日)は、ノーヴェの日として、
お食事をされた方全員に、ミニソフト又は、グラスワイン一杯をサービスしております。
by fresh-akita | 2014-06-18 09:00 | ラジオ番組取材後記
<< Job-Press on Ra... フレッシュワーク通信 Sola... >>