人気ブログランキング |
ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

Job-Press on Radio < 生活協同組合コープあきた >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
不安定な天気が続いています・・・ 充分にお気をつけ下さいね!012.gif

今回取材をお願いしたのは、秋田市土崎港北にあります
「生活協同組合
コープあきた」


フレッシュワークAKITA広報班メンバーと、
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

取材先として指定されたのは、秋田市土崎北の本部とは別の住所・・・
地図を見ながら車を走らせていると・・・
あれあれ・・・ 「秋田市土崎港流通団地」と呼ばれる地域にきましたよ・・・

やがて見えてきた建物は・・・ う~ん、かなり大きいぞー005.gif
「コープあきた共同購入センター」って書いてありますよ・・・
d0162301_13264434.jpg

配送センターのように、大きなトラックが並んでいますね・・・

コープといえば、共同購入!というくらい、
私達の生活にとても身近な存在ですよね!045.gif

早速、「生活協同組合コープあきた」について、
山野内 雅志総務部長に伺いましょう!

 「「生活協同組合コープあきた」は、
  1971年に秋田市民消費生活協同組合としてスタートし、
  2008年に秋田県南生協、本荘・由利に新しい生協をつくる準備会が合併して
  設立されました。

  現在、約8万9,000名の方にご加入いただき、共同購入、
  店舗、共済、灯油の事業を行っています。」(山野内 総務部長)

027.gif生活協同組合は、一般市民が出資金を提供し、
生活レベルの向上を目的に各種事業を行う、非営利の相互扶助組織をいいます。

一般的な会社(株式会社)の場合、株を購入することで株主となり、
購入額に応じて利益配当を受けます。
生活協同組合は、事業を運営するための元手となる資金を出資金として提供することで、
組合員となり、各種事業を利用することができるようになります。
生活を豊かにするために資金を提供し、
その資金で運営される事業を利用するということでしょうか・・・ 

秋田県には、“地域生協”と呼ばれる団体が「生活協同組合コープあきた」の他に、
1団体(秋田県北生活協同組合)あるんですが、
“地域生協”は全国の都道府県全てに存在しています。005.gif

また、県内には学校生協や大学生協、共済生協などさまざま種類の生協があるそうで、
県内の6つの生協が加盟した秋田県生活協同組合連合会が設立されています。

事業内容も多岐に渡っており、
皆さんご存知の共同購入事業の他、秋田市土崎と、秋田市茨島には店舗がございます。
商品を直接見ながら、買い物ができますよね。

その他、CMでもおなじみの060.gifコープ共済や灯油販売も取り扱っています!

さて、メイン事業である共同購入は、
ご近所の組合員さん同士で班を作り、
まとめて注文・まとめて配達してもらうというもの!

安全・安心な商品を手に入れられる他、
週1回ご近所やお友達同士で顔を合わせる機会となり、
情報交換ができる他、交友関係も広がるという一挙両得な制度!

お仕事などでお忙しい方については、ネットでの注文や個別宅配も行っているそうですが、
班配達だと配達手数料が無料なんですって!!

取り扱う商品も利用者である組合員の意見を取り入れ、
小分け包装にしたり、アレルゲンの表記をしっかり行うなど、
利用者目線の商品開発が行われる他、
食品だけでなく衣料品も取り扱うなど商品ラインナップも多岐に渡っており、
利用者である組合員さんにとっては、嬉しい限り!!

生活の文化的経済的改善向上を目指しているだけあって、
「生活協同組合コープあきた」はとても頼もしい存在なんです。

また、社会貢献の観点から、
生活支援として、主食である米やパンを低価格で販売したり、
雇用支援として、離職された方を一定期間パートで採用しているそうです。
この度の震災によって秋田県に避難していた方の中には、
雇用支援を利用していた方もいらっしゃったそうです!

本当にいろいろなことをやっているんですね~!

それでは、共同購入センターの中を案内していただき、
注文された商品がどのように組合員さんの元に届けられているかを
見てみましょう~!!

最初に案内された場所には、たくさんの発砲スチロールの箱が・・・
こちらは、配達に使われる保冷容器なんです!
d0162301_1329576.jpg

写真だと少々分かり難いのですが、自動で容器にビニール袋を充填しています。
d0162301_13293257.jpg


袋を充填された保冷容器は、センター内をベルトコンベアで移動・・・
d0162301_13325848.jpg


保冷容器に、商品が詰められます・・・
センターの外は30度を越える真夏日でしたが、
商品をピッキングするスタッフの皆さんは、ダウンコートを着用して作業しています。
d0162301_1348196.jpg

ノースリーブや半そでの取材スタッフは、震えながら皆さんの様子を見ていました・・・025.gif

商品の入った保冷容器に緩衝材が置かれ・・・
d0162301_15101557.jpg

蓄冷剤やドライアイスなどを詰めてから蓋が閉められ、
共同購入の各支部を経由して、組合員さんの元に運ばれていきます・・・

こちらは、組合員さんに届けられるチラシを支部ごとに袋詰めしているところ・・・
ここは印刷工場だっけ?と勘違いしそうです・・・
d0162301_14324755.jpg


こちらは支部の事務所・・・ 日中はがらーんとしています・・・
d0162301_14212896.jpg

事務所には、こんな掲示が・・・
d0162301_1425964.jpg


荷物をトラックに詰め込むフロアは、作業を終了しシーンと静まり返っていました。
d0162301_1515494.jpg


組合員さんにお届けする商品をストックしておく倉庫も見学させていただきましたが・・・
とにかく寒い・・・ 冷凍の状態でお届けする商品の倉庫は、マイナス20度台・・・
d0162301_15195262.jpg

防寒着なしの見学では、鳥肌を通り越し全身に震えが走りました・・・

さて、寒さから開放された取材スタッフを待っていたのは・・・
d0162301_15215355.jpg


栗きんとん・・・ 田作り・・・ 黒豆・・・ これはもしや・・・
おせち料理ではありませんかぁ~!!!

共同購入で、年末に販売予定のおせち料理の試食会に遭遇・・・

取材スタッフにもお箸とお皿が配られ、試食させていただきました!!
はづきちゃんの目がとーっても輝いていますよ~!
d0162301_10572986.jpg


栗きんとんも昆布巻きも、上品に仕上がっていて、とても美味しいものばかり!
セット内容も30品目の豪華セットから、
栗きんとんや田作りなど基本4品目のお手軽セットまで!

スタッフの皆さんはいろいろな意見を出しながら、組合員さんにどのようにPRするか、
笑いを交えながら、真剣に相談していました。

販売側がきちんと商品を確かめた上で販売するのって、
とっても大切なことですよね~!

いただいたおせち料理がとても美味しかったので、
思わず、次回の試食会の予約を入れたくなっちゃいました・・・012.gif

スタッフの皆さんは、実に和やかな雰囲気!
笑いが絶えない明るい職場なのが、しっかりと伝わってきました045.gif

「生活協同組合コープあきた」で求められる人材像について、
山野内 総務部長に伺いました。

 「定期採用者は、将来の幹部候補としての活躍が期待されています。
  秋田で働きたいと強く希望している方、元気のある方を採用したいと
  考えています。

  また、自分の意見をしっかり持っているかということも大切にしています。
  生協を盛り立てていくためには、個々人が問題意識を持ち、
  その意見を運営に反映させていく必要があるからです。」(山野内 総務部長)

地域に根ざした団体であるため、秋田で働きたいと考えている方を採用したいそうですが、
面接では、『生協をどのようにしていきたいか』などの質問を行い、
希望学生がどのような考えを持って、採用を希望しているかも確認しているんだとか・・・

ちなみに・・・
正社員以外の雇用形態(パートや嘱託採用)の方であっても、
毎年正社員登用試験(筆記と面接)を行っているため、
将来的には正社員として勤務することも可能なんだそうです!

「生活協同組合コープあきた」では、人材育成にも力をいれており、
日本生活協同組合主催の研修や民間の研修などを積極的に活用、
年代や役職にあった研修に参加させることで、
人材の高度化を図っています。

スタッフ一人一人が、何者にも代え難い財産と話す山野内 総務部長・・・
組合員さんのお役に立つために、日々がんばっているそうですよ!


ここで、本日の先輩社員をご紹介します。

共同購入男鹿支部  後藤 崇さんです。
がっちりとした体格の後藤さん!重い荷物もばっちりといった感じですね~
d0162301_13435189.jpg


後藤さんは、潟上市のご出身!
がっちりとした体格は、小学校の頃から高校まで取り組んでいた野球で鍛え上げられたもの!

ちなみに、夏の高校野球秋田大会では、決勝まで勝ち進んだそうですが、
甲子園の切符を手にすることができなかったそうです。002.gif

さて、秋田市内の高校を卒業後、仙台の大学に進学した後藤さん・・・
学校の先生を目指していたため、教員免許を取得しましたが、
卒業後の進路について再考し、一般企業での就職を目指します。

当初は、そのまま仙台で就職することを考えていたという後藤さん・・・
 
 「帰省した際に秋田駅前がとても寂しいのが気になりました。
  秋田を盛り上げなければと考え、秋田での就職を決意しました。」(後藤さん)

もともと、人と接することが好きな後藤さんでしたが、
就職活動は業種や職種にこだわらず、たくさんの企業を見るというスタンスで
進めていったそうです。

そんな中、ある説明会でひときわにぎわっているブースを発見!
こんなに人気のある企業ってどんな会社なんだろう・・・と立ち寄ったのが、
「生活協同組合コープあきた」でした!

祖母が共同購入を利用していたこともあり、
「生活協同組合コープあきた」を身近に感じた後藤さんは、
担当者の説明を聞き、見学にも参加!

「これは、おもしろい仕事だ!」と感じ、入協を決めたそうです。

定期採用者については、まずは現場を理解してもらうという考えから、
採用後は共同購入男鹿支部に配属されました。

大学時代はあまり運転することがなかったという後藤さん・・・
まず配達用トラックの運転に四苦八苦したそうです。

 「担当してくれた先輩がとにかく親切な方で、
  何度も何度も運転の指導をしてくれました。」(後藤さん)

男鹿市の脇本地区、船越地区などを担当しているそうですが、
支部の配送業務は意外と奥が深い仕事なんです。

後藤さんは当初、配達だけしていればいいのかなぁと考えていたのですが・・・
配達はほんの一部!

【写真 街中でよく目につくトラック! 大切な商品を運んでいます。】
d0162301_15412582.jpg


後藤さんにお仕事内容を確認したところ、こんなに盛りだくさん!
 1.配達
 2.新しい注文の受け付け・注文書のチェック
 3.商品のPR(新商品のご紹介など)
 4.共済事業のご案内(商品をご案内し、加入を勧める)
 5.訪問による勧誘(新規加入のご案内など)

各支部ごとに組合員数や共済の加入状況などの目標値があり、
毎年1年間の目標を前期でクリアするために、
スタッフの皆さんが強力にがんばっているそうですよ。

上記の他、『子ども110番』や『地域安全パトロール』なども行い、
担当地域の子ども達の見守りや高齢者の安否確認を行っているそうです。

配送業務のスタッフが、自宅を訪問した際、
倒れている高齢者を発見、通報したという事例もあるそうです。

 「担当地域の組合員さんに直接お会いすることが大切なので、
  通常の配送ではお邪魔しない組合員さんのお宅にも、
  年に1回は自宅を直接訪問するようにしています。」(後藤さん)

班で共同購入を行っている組合員さんの中には、
直接配送担当スタッフと顔を合わせない方もいらっしゃいます。

地区担当として、組合員さんにしっかり顔を覚えていただきたい・・・
新しい商品をお知らせして、組合員さんのお役に立ちたい・・・ 

後藤さんの行動は、『組合員さん愛』に溢れています!
そんな後藤さんなので、組合員さん宅を訪問した際には、
話に花が咲き、ついつい長居してしまうこともあるそうです。

組合員さんから『ありがとう』と言われることが一番うれしいと話す後藤さん・・・
将来的には、組合で福祉事業を立ち上げたいと考えているんだとか・・・
野球で鍛えた肉体と精神で、是非夢を実現させて下さい!

それでは収録と参りましょう~!
山野内 総務部長も交えての打ち合わせ・・・
d0162301_14173853.jpg

マイクを向けても、とてもナチュラルな語り口の後藤さん!
d0162301_14185017.jpg

後藤さん、お疲れ様でした!

恒例の記念写真は、会議室でぱちり!
【写真に向かって、右側から 山野内 雅志総務部長、男鹿支部 後藤 崇さん、
真坂 はづきさん】
d0162301_1545231.jpg



この模様は・・・

10月26日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   
by fresh-akita | 2012-10-24 09:00 | ラジオ番組取材後記
<< 話し方講座Part2を開催しました。 虹 >>