人気ブログランキング |
ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

Job-Press on Radio < イデアグループ 明光義塾 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
梅雨明けかな?と思っていたら、どしゃぶりの雨057.gif
早く、梅雨があけないかな・・・012.gif

今回の取材先は、秋田市手形にあります
「イデアグループ」

フレッシュワークAKITA広報班メンバーと、
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

秋田市内から、国道7号線を能代市方面に北上・・・ 

取材先として指定されたのは、「イオンスーパーセンター五城目店」!
スーパーセンター内にテナントとして入っているところなんだそうですが・・・

「イデアグループ」という社名には、なじみのない方もいらっしゃるかと思いますが、
どんな会社なんでしょう???018.gif

「イオンスーパーセンター五城目店」に到着し、中にはいっていくと・・・
あれあれ・・・
「イデアグループ」の名前ではなく、
「明光義塾」って書いてありますよ~・・・042.gif
d0162301_1035152.jpg


今日は、「イデアグループ」の取材なんですが・・・
さっそく、繁里 昭 専務取締役からいろいろ伺っちゃいましょう! 

こちらは、どんな会社ですか~!
 「「イデアグループ」は、個別指導のパイオニア「明光義塾」のフランチャイズとして、
  秋田、山形、愛媛で26教室を運営しています。
  また、AKTとタイアップして全中模試も実施しています。」
  (繁里 専務取締役)

なーるほど・・・ そうだったんだ~045.gif
『明光義塾』は、日本最大規模の個別指導専門塾として、全国に2,000教室以上、
生徒数140,000人の生徒が学んでいるそうです!

その中で、秋田県、山形県そして愛媛県の教室を運営しているのが、
「イデアグループ」なんですね~!

ここで、豆知識!027.gif

『フランチャイズ』とは、事業形態の一つで、
 権利や商標、ノウハウなどの提供を受け、
 他方がその対価を払うという約束によってなりたつ事業契約のこと・・・

 一般的に提供する側をフランチャイザー(本部)と呼び、
 受ける側をフランチャイジー(加盟者・加盟店)と呼ぶそうです。


「イデアグループ」は、フランチャイザーである『明光義塾』と事業契約を結んでいる、
フランチャイジーということになります。

全国でもトップクラスのフランチャイジーという「イデアグループ」
1997年に中村 代表取締役と繁里 専務取締役で設立したそうです。

会社の同僚だったというお二人が、
起業にあたって考えたのが、「地域の人たちに必要とされる企業になりたい」ということ!

沢山の業種から選んだのが「スクールビジネス」でした・・・

さまざまな学習塾を見て歩いたそうですが、『明光義塾』に出会って衝撃を受けたそうです!

それは、教室に通う子供達の楽しそうな様子!
学習塾のイメージが変わったお二人は「これだ!」と感じたそうです!

集団指導が主流だった当時、秋田県出身の中村 代表取締役が、
個別指導の塾を地元秋田で初めて開きたいと考え、フランチャイズに踏み切りました!

秋田市内の2教室から始めた学習塾が、
県内全域に、そして山形県や愛媛県に広がって、今では26教室に拡大!

ここで疑問!027.gif

どーして、愛媛県に進出したんですか?
【写真 繁里 昭 専務取締役】
d0162301_10273759.jpg

 「明光義塾の本部から依頼されたということが、1番の理由ですね。
  当時は、県の規模に比べて愛媛県内の教室の数が少なかったんです。
  
  480社のフランチャイジーの中で
  全国3位で表彰された(東北で初めて)弊社のがんばりが、
  本部に認められたということでしょうか・・・
 
  また、社員が将来独立するためのステップとして、
  秋田から遠い地域に教室を展開するのも良いと考え、
  愛媛県に進出することとしました。」(繁里 専務取締役)

愛媛県への進出って大英断ですが、
スーパーセンターなどへのテナント教室も、
実は「イデアグループ」がパイオニア!

開設時にはかなり話題になったようですが、
送迎の保護者が買い物をしながら待機できることはもちろん、
教室がレジ前にあり、教室の存在自体が絶好の広告媒体!

中村 代表取締役の読みが当たり、
当該年度の優秀新設教室第一位として表彰されたそうです!

教室の外は買い物客で大変賑やかなんですが、中は意外に静か・・・
d0162301_15202741.jpg

整然と学習ブースが並んでいます・・・

五城目教室 小林教室長の写真が掲載されたチラシ・・・
d0162301_15224580.jpg

合格率100%はスゴイ!038.gif

「イデアグループ」の躍進的な成長を支える源となっているのが、
「イデアクレド」 ・・・

「イデアクレド」には、企業理念や行動訓、
そして実際の経験の中で培われた成功ノウハウが示されているそうです。

 「弊社では、採用にあたり何度も『イデアクレド』について説明しています。

  入社後、社風に合わない、理念に合わない、
  職場の雰囲気に合わないのが1番つらいことです。

  会社説明会でも、どういう想いで会社を起こしたのかを説明し、
  自分に合わないと思ったら受けない方が良いと話しています。

  採用にあたって、『想いを理解する』ことができるかが、とても大切です。」
   (繁里 専務取締役)

社員が同じ方向を向いて働けることが、会社が躍進するための大前提!
入社希望者が同じ方向を向いていけるか・・・ 入社前からきちんと確認しているんですね・・・

『想いを理解する』ことができる以外に、求められる能力は?

 「学習塾を希望する方は、教育に興味を持っているということになりますが、
  教えるテクニックよりも、子供のやる気を引き出すために、
  気配りができるかが大切です。

  もちろん、子供が好きであることも重要ですね。」(繁里 専務取締役)

採用時には3回の面接を行うそうですが、
面接は、『想いを理解する』ための機会であると共に、
求められる人材かどうかを判断する機会でもあります。

 「面接では応募者の雰囲気や思想の柔らかさなどを見ています。

  社会人になると、学生時代に構築された既成概念が壊れてしまいます。
 
  従来のやり方にこだわっていますと、弊社の理念から外れてしまうので、
  入社後にゼロから始めるつもりで勉強してもらうこととなります。」(繁里 専務取締役)

社会人として、本当の意味で会社になじみ、共に頑張ってくれる方を求めているのが、
よーく分かりました・・・

それでは、本日の先輩社員をご紹介します。

五城目教室 教室スタッフ 伊東 香織さんです。

d0162301_1250057.jpg


笑顔がまぶしい伊東さんですが、入社1年目のフレッシュウーマン!
しか~し、お仕事柄、落ち着いた雰囲気を醸し出しているんです!

伊東さんは五城目教室の教室スタッフとして、
子供達の先生であることはもちろんですが、
時には友人として、また姉として、様々な相談事にも対応しているそうですよ~016.gif

授業は一コマ90分。一人ひとりオリジナルの学習カリキュラムのもと、
マンツーマンで指導にあたるそうです。

生徒達が勉強する場所は、個別のブースになっており、
d0162301_12562547.jpg

通路におかれたいすにスタッフが座って指導するそうです!
d0162301_12564929.jpg


伊東さんは、三種町のご出身!
高校卒業後に関東の大学に進学し、心理学を専攻したそうです。

志望のきっかけについて、教えて下さい!

 「当初は、広告業界を目指して大学3年生の6月から就職活動を始めました。

  業界研究や企業研究を進めていくうち、自分のカラーとは違うと気付き、
  目標を失って、就職活動に挫折してしまいました。

  そんな時、母から秋田県の合同就職説明会に参加したらと勧められ、
  説明会で会社のことを知りました。」(伊東 さん)

地元就職は意識していなかったという伊東さんですが、
希望業界を断念したことで、就職活動の方向性が大きく変わってきたんですね~005.gif

 「教育業界にシフトチェンジしてからは、両親の意見も聞きながら応募先を絞りましたが、
  企業担当者の説明に熱意を感じたかどうかで、応募するかどうかを決めました。

  会社の求める人材と自分が合っているか、
  会社の目指すところと自分の生き方が合っているか、
  この二つがとても大切だと思っていたからです。」(伊東 さん)

説明会は、学生が企業を見極める場でもあるんですね~!045.gif

学生時代に家庭教師のアルバイトをやっていたこと、
弟さんが明光義塾を利用していたことなど
人を指導することや学習塾は身近な存在だった伊東さんですが、
応募の決め手は、ずばり『担当者の熱意』だったそうです!

 「社風を丁寧に説明され、興味を持ちました。
  もっと聞いてみたいと思い、応募を決めました」(伊東 さん)

説明会の担当者が面接の担当でなかったら、今ここにいなかったという伊東さん・・・

 「面接では自分の伝えたい一言を、とにかく簡潔に答えるようにしました。

  個別面接では、ずーっと笑っていた記憶があります。」(伊東 さん)

和やかな面接は、採用間違いナシの印かな?

現在は自宅から通勤している伊東さんですが、実際に働いてみていかがですか?

 「全てが楽しいです。そして、とても大変です。

  大事な大事な生徒さんのことだから、全部全力で考えて行動せざるを得ない・・・
  気持ちは姉か、母親です。

  仕事に真剣に、全力で向き合うから大変なんだと思います。

  教室では『褒める役割』の担当なので、
  会話の中で褒めるキーワードを探し、やる気を出すようにしています。」(伊東 さん)
  
いつの時代も子供達にとって“勉強は苦手”なもの・・・
勉強しなければいけないのは分かっていても、身体が言うことを聞かない・・・
広報班スタッフにも覚えがあります・・・045.gif

そんな“気持ちがのらない”生徒達に“やる気”を持ってもらうため、
教室では生徒の心を開いてもらえるように接しています。

その過程でスタッフ自身に興味をもってもらうため、
生徒達の好きなアイドルなどの話も聞くんだとか・・・
「韓流スターに詳しくなった」と話す伊東さん!

「学校よりも教室に来るのが楽しい・・・」なーんて言葉を聞くと、
感激して泣いてしまうことも多いんだとか・・・

平成25年度高校入試からは後期選抜が廃止になるなど、
大きな転換を迎える今年度・・・

希望高校全員合格を目指し、がんばって下さいね!

生徒達が来る前の静かな教室で収録と参りましょう~!
d0162301_13341737.jpg


さすが、伊東さん!本当に落ち着いています! 笑顔も決まっていますよ!

【取材中のお二人、左側から 五城目教室スタッフ 伊東 香織さん、
繁里 昭 専務取締役】
d0162301_13404218.jpg



この模様は・・・

7月27日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   
by fresh-akita | 2012-07-25 09:00 | ラジオ番組取材後記
<< 話し方講座Part2を開催しました。 面接トレーニング講座を開催しました。 >>