ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

Job-Press on Radio < 株式会社ウェルフェア >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
秋らしい天気が続いている一方、風邪引きさんが増加中・・・012.gif

今回の取材先は、秋田市新屋大川町にあります
「株式会社
ウェルフェア」


フレッシュワークAKITA広報班のメンバー1名と、
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

秋田市中心部から県道56号線を一路由利本荘市へ・・・
秋田大橋を渡って左折すると秋田公立美術短期大学が見えてきます。

「株式会社ウェルフェア」が運営する「ひかり苑」は、
秋田公立美術短期大学のすぐ近くにあるんですよ~。
d0162301_1321397.jpg


会社と言うよりは、少し大きめの住宅といった感じですが・・・
どんな会社なんでしょうか・・・ さっそくお話をお伺いしちゃいましょう!

お話をお伺いするのは佐々木 裕子 取締役 です!

笑顔がとーってもキュートな佐々木 取締役・・・(写真がなくて、ゴメンなさい!)
佐々木 取締役は、看護師の資格を持ち、
訪問した「ひかり苑」の管理者としてがんばっておられます。

こちらは、どんな会社なんですかぁ~

「株式会社ウェルフェア」は、
 小規模多機能型居宅介護施設の『ひかり苑』や『ありがとう』、
 高齢者向け食事付住宅『きざし』を運営しています。

 今年の10月末には有料老人ホームも開設予定です。」(佐々木 取締役)

社名の「ウェルフェア」は、英語で「福祉事業」という意味なんですよね~!

小規模多機能型居宅介護施設「ひかり苑」は、
平成18年11月に秋田市新屋地区にオープン。

平成20年12月には「ひかり苑」と背中合わせの場所に、
高齢者向け食事付住宅「きざし」がオープン。

昨年11月には、秋田市浜田地区に「ひかり苑」と同じ、
小規模多機能型居宅介護施設「ありがとう」がオープンしました。

各施設の名称は、松橋 守 代表取締役の強い思い入れがあるそうです。

「親しみを持って欲しいということから、名前はひらがなにしよう!」と考えていたそうですが、
『ひかり』や『きざし』は、「暗闇の中の一筋の光」のように希望が持てるようにという
思いから名付けたそうです。

『ありがとう』は、松橋 代表取締役が学生時代からの友人と話していた時、
友人が昔の自分を振り返り、発した「ありがとう」という言葉がとても胸に沁み、
「ありがとう」で乾杯をしたというエピソードから名付けたそうです。

深~い話ですよね~007.gif

ここで豆知識!027.gif
「株式会社ウェルフェア」が運営する
小規模多機能型居宅介護って何でしょう?

小規模多機能型居宅介護とは、
平成18年度4月の介護保険制度改正により、今後増加が見込まれる認知症高齢者や
中重度者ができる限り住み慣れた地域での生活が継続できるように、
新たなサービス体型として創設された「地域密着型サービス」!


「通い」と呼ばれるデイサービスを中心に、「訪問(訪問介護)」や
「泊まり(ショートステイ)」を組み合わせて、在宅での生活を支援するというもの・・・

このサービスが創設される前は、「通い(デイサービス)」、「訪問(訪問介護)」、
「泊まり(ショートステイ)」などの介護サービスをそれぞれ別の施設で受けることとなり、
利用者にとっては介護サービス毎にスタッフが替わるなどの問題があったそうです。

特に認知症高齢者の場合は、スタッフが替わることで、
症状の悪化を引き起こすことがあるとか・・・

小規模多機能型居宅介護施設は、地域に根ざした小規模の施設であるため、
「通い」、「訪問」、「泊まり」等のサービスを同じスタッフが対応することで、
連続性のある支援ができるというメリットがあるんだそうです。

皆さん!お勉強になりましたかぁ~!029.gif

今回訪問した「ひかり苑」は冒頭でもお知らせした通り、
「施設」というより「住宅」といったイメージ・・・

住宅街の一角にあり、周囲の住宅とも溶け込んでいます。
施設というと、郊外にどーんと大きな建物が建っているといった感じですが、
「地域に根ざした施設」ということで、立地なども配慮されているんですね!

ここで、施設内を見学させていただきましたぁ~!
こちらは利用者の皆さんにおいしいものを作っている「台所」・・・
d0162301_1542162.jpg


取材した日は、理容師さんが髪をカットしてくれる日でした・・・
d0162301_15443244.jpg


「通い(デイサービス)」の利用者が、体調が悪い際に休憩するお部屋・・・
d0162301_15462279.jpg


こちらはトイレとお風呂です・・・
d0162301_154705.jpg

d0162301_15471619.jpg


2階は「泊まり(ショートステイ)」の方の居室があります。
(皆さんお部屋でお休み中だったため、写真撮影は遠慮させていただきました・・・)

小規模多機能型居宅介護施設では、1日当たりの「通い」の利用人数が
15名以下と決められています。(「泊まり」は5~9名が上限)

人数的なものもありますが、
ダイニングは「近所の皆さんが遊びに来ている」風で、とてもくつろいだ雰囲気です。

スタッフの皆さんは、利用者の予定に合わせて送迎をしたり、
おやつの準備をしたりととても忙しく働いていらっしゃいました。

忙しい中でも笑顔を忘れないスタッフの皆さん!
とーってもお若い方ばかりです!

若いスタッフが多い理由について、佐々木 取締役に伺いました。
「この施設を学校にしたいと考えているからです。
開設当初は、高校生の新卒者向けに求人を出していました。

『若くても出来る』という強い気持ちがある方であれば、
採用時は資格がなくても、働きながら資格を取ることも可能です。

開設当初のスタッフの中には、介護福祉士の資格を取得した者もいます。

そんな若い人達の気持ちを応援し、育てていきたいというのが、
松橋 代表取締役の強い思いです。」(佐々木 取締役)

思いがあっても、福祉の仕事はなかなか大変といいます・・・ 
このお仕事の大変なところはどんなところでしょう?

「福祉の仕事は肉体労働だと言われることもあります。
そのため、『(お世話を)してあげる』という考えでは
長く続けることができないと思います。
 『(お世話を)させてもらっている』という気持ちが大切です」(佐々木 取締役)

このお仕事に向いている方ってどんな人でしょう?

「仕事に向いているかどうかについては、働いている時は分からないものでは?
退職後に、自分の仕事に満足したかどうか、その時点にならないと
実感できないと思っています。」(佐々木 取締役)

うーん、含蓄のあるお言葉です・・・009.gif

ここで、「株式会社ウェルフェア」で働く先輩社員をご紹介しましょう~!
渡辺 咲 主任
鈴木 達郎さんです。

まずは、渡辺主任からお話をお伺いしましょう!

渡辺 主任は入社3年目・・・ 7月に「ひかり苑」の主任介護員になったばかりだそうです・・・
d0162301_13144340.jpg

043.gif主任になってどうですか?

「とてもびっくりしました。
そして、今まで以上に頑張らなければならないと思っています。」(渡辺 主任)

渡辺 主任は、秋田市内の高校のご出身!
就職活動の中で、「株式会社ウェルフェア」を知りました。
渡辺主任のお姉さんが介護の仕事をしていたこともあり、求人の中でも
福祉の仕事に興味を持ったといいます。

「施設を見学した際、スタッフがイキイキと働いている姿に憧れました。」(渡辺主任)

渡辺主任は採用が決定すると、
在学中にホームヘルパーの資格を取得したそうです。

「仕事は大変だなぁと思うことがありますが、
一緒に働いている仲間がとても素敵なんです。
今では家族以上の存在で、実際の家族に話せないことでも
相談出来る仲です。

この仲間がいなければ、続けてこれなかったかも(笑)」(渡辺主任)

実は、渡辺主任は、妻であり母でもあります・・・
家庭と育児、仕事の両立はとても大変なはず・・・

それでも一緒に働く仲間に会うと、笑顔になれるそうです・・・
渡辺主任は、『適職場』に出会うことが出来たんですね!

「この会社は、自然体でがんばることができます。
私のあこがれている先輩も、髪型が個性的なんですよ。(笑)」(渡辺主任)

スタッフの皆さんは、若い=頼りない
と思われたくないという気持ちが強いそうです。

その気持ちが、スタッフの結束力を強くし、
利用者の方々へのサービス向上にもつながっているようです・・・

自分の家族を是非入居させたいと思えるような、
利用者が楽しく、幸せを感じてくれるすてきな会社にしたいと考えている渡辺主任!
仕事も家庭もがんばって下さいね!

続いてご紹介する鈴木さんは、入社9か月!
d0162301_13244725.jpg

秋田市浜田にある「ありがとう」で介護員として勤務しています。

鈴木さんも秋田市内の高校のご出身!
高校卒業後、県外の会社に就職しました・・・
しかし・・・ 残念ながらその会社を退職することとなります・・・
「自分には合わなかったようです」(鈴木さん)

知人から、「福祉の仕事が向いているのでは?」と勧められた鈴木さん・・・

ホームヘルパーの資格を取得し、就職活動を再開しますが、
「経験」の2文字が、鈴木さんに重くのしかかりました・・・
「面接を受けても 経験がないということで採用にならないのは、
とても辛かったです。」(鈴木さん)

そんな時、新設される施設の求人を見つけます・・・
「ヤル気があれば、経験は問わないと言われ、とてもうれしかった・・・」(鈴木さん)
新設された施設・・・ それが、現在働いている「ありがとう」でした!

採用当初はうまく出来ないことが多く、指導されることもたくさんあったそうです。
「ただ注意されるばかりではなく、きちんとフォローしてくれるんです。
アットホームな環境も働きやすい理由の一つです。」(鈴木さん)

徐々に任される仕事が増えてきたという鈴木さん・・・
「頼まれるとうれしいものですよね。」(鈴木さん)

鈴木さんは、現場で3年以上の実務経験があれば受験資格ができる
介護福祉士を取得したいと話していました!目標に向かってがんばって下さい!

お二人のお話を伺っていると、あっという間に時間が経ってしましました・・・
そろそろ収録を行いましょう!
d0162301_147519.jpg

d0162301_1483425.jpg


最後は、恒例の記念撮影!
「ひかり苑」のスタッフの皆さんと一緒に「ハイ、チーズ!」
d0162301_1410787.jpg



この模様は・・・

9月30日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif

《スペシャルサンクス》
 最後になりましたが、お忙しいところお話頂きました、
 松橋 代表取締役に感謝申し上げます。040.gif
 
 「介護は心のケア」という言葉、とても心に沁みました・・・
[PR]
by fresh-akita | 2011-09-28 09:00 | ラジオ番組取材後記
<< 「就職対策ワンポイント講座」について Job-Press on Ra... >>