ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

Job-Press on Radio < 株式会社シグマソリューションズ >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
2月に入り、まだまだ雪・雪の毎日に凹み気味・・・012.gif

35回目は、秋田市卸町にあります
「株式会社
シグマソリューションズ」

にお邪魔しました!

当日は、フレッシュワークAKITA広報班のメンバー2名と、
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ~!

秋田市の卸団地の一角にある社屋を訪問した時は、地吹雪の真っ盛り・・・
そのため、スタイリッシュな社屋が凍えていました・・・007.gif
d0162301_1025958.jpg



卸団地に移転して初めての冬を迎えたそうで、社屋はぴっかぴか072.gif
1Fの打ち合わせスペースは、レモン色の座面がさわやか!
d0162301_11531667.jpg


さてさて、株式会社シグマソリューションズはどんな会社なのでしょうか?

ソリューション・マネジメント本部総務部総務課 
高橋真樹子さん
にお聴きしました!

株式会社シグマソリューションズは、
病院やクリニック、歯医者さんなどの医療機関や調剤薬局で使用する
コンピュータシステムの販売とサポートを行っている会社です。

調剤薬局と呼ばれる医師の処方箋にもとづいて薬剤を調合している薬局向けの
コンピュータシステムについては、開発も手がけています。

「どんなシステムなんだろう???」013.gif

こちらのブログをお読みの皆さんの中で、一度も病院を受診したことがないという方は
ほとんどいないと思います。

受診後、薬を飲まなければいけない場合は、病院の受付で処方箋が渡されます。
いただいた処方箋を病院の近隣もしくは、いきつけの調剤薬局に持ち込んだ時のことを
思い出してください。

処方箋を渡すと、薬剤師さんが薬剤を調合してくれますよね!
そして、ただ薬剤を渡すだけでなく、薬剤の成分や飲み方の留意点などを
説明してくれます。
最後に料金を支払いますが、健康保険の対象となる薬剤は、
負担額に応じた料金を支払います。

混雑の状況にもよりますが、あまり待たずに薬剤を受け取ることができますよね!

この一連の流れをサポートしているのが、株式会社シグマソリューションズ
コンピュータシステムです!

この株式会社シグマソリューションズのシステム!
秋田県内はもちろん、全国各地で使われているそうですよ!045.gif

秋田で開発されたシステムが、全国で使用されていると聞くと、
なんだかワクワクしてきますよね!
「『秋田から全国へ』という気持ちで、がんばっています」(高橋真樹子さん)

やっぱり、そういう気持ちが大切ですよね!058.gif

全国で支持されている株式会社シグマソリューションズのすごさをここに発見!

調剤薬局では、薬を入れてある袋にも薬剤の種類や飲む量が記載されていますが、
最近は薬の写真がついている説明書も一緒に渡されます。

この「薬の写真がついている説明書」を国内で最初に開発したのが、
株式会社シグマソリューションズなんです!

「薬局の窓口で薬の飲み方を説明しても、実際に薬を服用するのは自宅に帰ってから。
より安全にお薬を飲んでいただくための工夫をとの要望から、
写真つきの説明書を開発しました。」(高橋真樹子さん)

日頃から、広報班スタッフも薬の写真のついた説明書、
とーっても分かりやすいと感じていました!
その生みの親が秋田の企業とは・・・
高橋さんの説明に、ただただおどろくばかり!!!

もともとは、健康保険の団体への医療保険請求事務を効率的に行うことを目的に
システムを開発してきたそうですが、
「薬の写真が載っている説明書」の発行など薬局の要望に応じて様々な機能が付加され、
現在は経営管理支援まで行う総合システムになっています!
その名も「PANACEA2(パナシア2)」
d0162301_1184251.jpg

実際の操作画面も見せていただきましたが、
キーワードで患者情報を検索し、健康保険の種類を確認。
受診した医療機関名、処方された薬剤の種類と量を打ち込むと、
請求額の計算や薬剤情報付きの薬袋(薬を入れてある袋)、
薬の写真のついた説明書を印刷することができます!

このシステムを使うことで、調剤薬局での待ち時間が短縮され、
飲み方を間違えずに安全・安心に薬を服用できるんですね~038.gif

今や、調剤薬局は戦国時代!たくさんの方に利用していただくため、
他の薬局と差別化を図ることが必要とされています。
より患者である利用者に望まれるサービスを受けられる薬局になるための方法を
各調剤薬局では検討しているんです!

調剤薬局の支援システムではありますが、その先にいる患者の支援にも
つながるのが株式会社シグマソリューションズのお仕事!
「そうなんです。だから、当社で働いていただく方には医療に興味がある方を望んでいます。」
(高橋真樹子さん)

株式会社シグマソリューションズでは、
医療、医薬品の現場のお手伝いをしているという自負を持っています。
それは、患者の安全・安心を守る医療の本質を追求することにより達成されるもの・・・

医療に興味を持ち、医療の一役を担っているという気持ちが
よりよい仕事につながるんですねぇ~

ますます、株式会社シグマソリューションズに興味がわいてきました!

「こちらには、どんな部署があるんですかぁ?」(広報班スタッフ)

「調剤薬局のシステムを開発する部署、
システムとPCやプリンタを一緒にご購入いただくことも多く、ハードの保守を担当する部署、
システム導入に当たっての説明やサポート行う部署、
システムの営業を担当する部署、
システムの企画を担当する部署、
総務や経理を担当する部署などに分かれています。
システム導入に当たっての説明やサポートを担当している部署は、
病院や歯科医院、調剤薬局など使用するシステム毎に部署が分かれています。」
(高橋真樹子さん)

本社の他、北海道・東北地区に4つの支店、東北・関東に4つの営業所がある
株式会社シグマソリューションズですが、
支店や営業所がない地域については、パートナー企業さんに販売やサポートを
お願いしています。
もちろん、パートナー企業さんから依頼によって沖縄にもいくことがあるそうですよ!

全国をマタニカケル精鋭が働く株式会社シグマソリューションズを見学です!
1Fは、主に総務や経理の担当者の事務スペース
d0162301_11543867.jpg

2Fの事務スペース営業の皆さんは・・・ やはり外出中・・・
d0162301_11552560.jpg

システム導入やサポートを担当するインストラクターの部署
d0162301_11563878.jpg

システム開発の部署 男性が多い部署でした!
d0162301_11572652.jpg

番外編・・・ 休憩室です!ゆっくり食事が取れそう!
d0162301_1158554.jpg

事務スペースは仕切りのないオープンスペースとなっており、
広々として部署間の打ち合わせもスムーズに行えるため、便利だそうです。

こんなステキなオフィスで働くためには、どーしたら良いのでしょうか?

「弊社は大学及び採用学部を不問としており、入社時に必要とする資格もありません。
医療やITに関する知識は入社後の研修で習得することができるため、
コンピュータの勉強をしていない方でもシステムエンジニアとして働くことができます。」

えーっ!!! コンピュータのシステムを勉強していなくてもOKなんですかぁ~005.gif

「医療について関心があり、医療のお手伝いをする者として、
誠実で一生懸命学べる方であれば、一緒に働きたいですね!」と語る高橋真樹子さん。

専門の勉強をしていない分、入社後に覚えなければならないことは多いはず!
でも、「がんばる気持ち」を持っていれば、経験不足は克服できる!

知識がないからシステムエンジニアは無理かも・・・と思っていたあなた!
株式会社シグマソリューションズでは、
そんなあなたの夢をかなえることが出来るかも!

さて、本日の先輩社員インタビューは、先にご紹介した「PANACEA2(パナシア2)」の
デモンストレーションを行っていただいた、
入社4年目の小坂 瞳 さんにご担当いただきました~!

小坂さんにお会いしたとたん、真坂はづき&広報班メンバーの目が053.gif・・・
とーってもキュートな方なんです!
d0162301_1725065.jpg

デモンストレーションの様子もてきぱきとしており、まさに「才色兼備」!

そんな小坂さんは工業高等専門学校の卒業生!
現在は、「PANACEA2(パナシア2)」の導入やサポートを行う
インストラクターとして勤務しています。

地元就職を希望していた小坂さん。
面接会で株式会社シグマソリューションズのことを知り、
もともと医療に興味があったこともあり、入社を希望したそうです。

一見、出身校と今のお仕事にはギャップがあるように思えますが、
インストラクターとして4年目を迎えた小坂さんは、
とても充実した毎日を送っているようです。

月に一度は県外に出張することもあり、
一人で公共交通機関を利用して出かけることに不安もあったようですが、
今では移動時間に本を読んだり、その土地のグルメを食べまわったりと
エンジョイできるようになりました。

新人社員としての仕事は、まずお客様からの電話を取ることだったそうですが、
お客様の聞きたいことに的確に答えることが出来ず、
ずいぶん落ち込んだそうです。

「やはり知識が足りない・・・」と感じた小坂さんは、
必死に勉強することで、お客様の質問に徐々に答えられるようになりました。

データの打ち込みなどを行う内勤よりも、お客様と顔を合わせてお話できる外勤が
楽しいというまでに成長した小坂さん・・・
しっかりとした知識に裏打ちされた自信が、お客様と接する楽しさに繋がったようです。

仕事柄、一言一言かみ締めるようにお話しする小坂さん!
早速、打ち合わせ開始!
d0162301_17421193.jpg


いよいよ本番!緊張気味の小坂さんです・・・
d0162301_1744401.jpg

無事に収録終了!おつかれさまでしたぁ~!
【向かって左側 高橋 真樹子さん、真ん中 真坂 はづきさん、右側 小坂 瞳さん】
d0162301_17455273.jpg



この模様は・・・

2月4日 17:15から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif
[PR]
by fresh-akita | 2011-02-02 09:00 | ラジオ番組取材後記
<< 大雪 Part2 Job-Press on Ra... >>