ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Job-Press on Radio< 株式会社 元氣屋 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
2月が終わりますね・・・ 春はもうすぐ?012.gif

今回の取材先は、
「株式会社 元氣屋」

フレッシュワークAKITA広報班メンバーと
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

社名に聞き覚えのある方、ずばり、ラーメン好きではないですか?

取材先として指定されたのは、潟上市飯田川にある“メルシティ潟上”!
秋田市御所野の「秋田テルサ」からは、雪道を1時間ほど(車)で到着!

“メルシティ潟上”に到着すると、
可愛いキャラクターと“焼肉屋ベコちゃん”と書かれた店舗を発見!
d0162301_1491557.jpg


今日の取材はラーメン屋さんではなく、焼肉屋さん???


早速、 虻川 敬 代表取締役 に、
いろいろお聴きしましょう!
d0162301_1494491.jpg


※取材には、大関 敏彦 取締役専務と、佐藤 真生 取締役営業部長にも、
  同席していただきました!


 ◇ こちらの会社について教えて下さい!
 
 ◆ 「「株式会社 元氣屋」は、
     業務用製麺卸、業務用食材卸の他、
     飲食店のFC運営及び、飲食店経営を行っている会社です。」


「株式会社 元氣屋」は、平成16年に設立されました。


北秋田市内で酒屋を営んでいた虻川家・・・
時代の流れの中で、酒屋からコンビニエンスストアに業務を転換・・・

高校を卒業した虻川代表取締役は、
父親が経営するコンビニエンスストアを手伝っていたそうです。

10年が経過した時、
突然、「独立しろ!」と父親から宣言された、虻川代表取締役・・・

どんな業種で起業したらいいか悩んだ結果、
選んだのがラーメン店でした・・・

飲食店経営が初めての虻川代表取締は、
フランチャイズ展開していた人気のラーメン店に目を付けます。

「絶対に後戻りできない状態で始める!」との思いで、
開業する店舗の土地を新規に購入し、
平成14年、北秋田市綴子にラーメン店を開店しました。
※“紅い彗星”の店舗の場所です。

虻川代表取締役、29歳だったそうです・・・

虻川代表取締役が開店した地区には、
近距離に4店舗のラーメン店がひしめく、
いわゆる“北秋田のラーメン激戦区”・・・

激戦区で生き残るため、ノウハウを蓄積し、
メキメキと頭角を表していった虻川代表取締・・・

平成16年には店舗を法人化し、
大館市内に「元氣屋 大館清水店」をオープンしました。

これが、「株式会社 元氣屋」の始まりです。

虻川代表取締役は自社ブランドでの起業にあたり、
“飲食を通じてお客様に元氣を与えたい”という志しを持ち、
味や品質、店舗の雰囲気作りにこだわり続けたいと考えました。

創業以来、どこにもないオンリーワンの味を追い求め、
平成20年には「元氣屋セントラルキッチン」を設立。
【写真 セントラルキッチンでの製麺作業(企業HPより)】
d0162301_156337.jpg

麺製造はもとより、ギョーザ、キムチ、たれ類など、
ラーメン店に必要な食材の製造と卸業を開始し、
店舗で使用する麺を自家製麺としました。

平成21年にはFC店舗の募集を開始。

虻川代表取締役が確立したブランドを、
より多くの方に味わっていただく、
そして、虻川代表取締役のように、
起業したいと考える方の支援を、
行えるようになりました。

“食での元氣”を追究し、
ラーメンだけでなく、焼肉店も展開している「株式会社 元氣屋」・・・

グループの店舗は本社がある県北を中心に、
秋田市や由利本荘市、そして海外(台湾)にも出店しています!

そして、各店舗のネーミングもユニークで、
とてもこだわっているんですよ!!


では、グループの各店舗についてご紹介しましょう!

 ●「ラーメン元氣屋」
  秋田比内地鶏スープを主軸としたらぁめんに特化したスタイル。
  バラエティー溢れるメニューが魅力!
d0162301_1416816.jpg


 ●「らぁめんダイニングぴよぴよ」
  秋田比内地鶏を使ったらぁめん・ご飯物、そして一品料理、
  お酒類も充実したジャンルにとらわれない何でもありのスタイル。
d0162301_14164196.jpg


 ●「味噌らぁ麺専門店 初心ZERO」
  全国のご当地味噌らぁめんも提供している味噌らぁめん専門店
d0162301_14165948.jpg


 ●「焼肉屋ベコちゃん」
  上質なお肉をリーズナブルな価格でご提供。
  焼き肉以外の商品も豊富に取り揃えた、団体様に人気のスタイル。
d0162301_14174559.jpg


 ●「紅い彗星」
  濃厚海老スープ、豚骨スープ、コク旨比内地鶏スープのらぁめんが味わえる、
  新しい店舗。
d0162301_15123382.jpg



「ラーメン元氣屋」は秋田市内にも店舗があり、
『キムチの美味しいラーメン屋さん』としても有名です。
【写真 セントラルキッチンで手作りしている 名物キムチ(企業HPより)】
d0162301_1510852.jpg


そして、「ラーメン元氣屋」のセカンドブランド、
「紅い彗星」はそのネーミングの由来がユニーク!

台湾の台北市にラーメン店を出店するに当たり、
濃厚海老スープのラーメンを提供することとしたそうですが、
中国語で海老は、「虾 (xiā)」 と表記するのですが、
発音は、「シャー」!

そう、シャーと言えば、
世代を超えて支持されているロボットアニメの登場人物ですよね!

その登場人物のニックネームが「紅い彗星」なんです!

「ラーメン元氣屋」の名物であるキムチの「紅」、
そして海老も「紅」ということで、
セカンドブランドの店名が「紅い彗星」になったそうです!!
d0162301_14183156.jpg


虻川代表取締役のセンスに、脱帽です。


 ◇ 会社の特徴について、教えて下さい。

 ◆ 「個性豊かな店舗を複数展開しているので、
    性別だけでなく、幅広い年齢層に対応しています。

    また、自社のセントラルキッチンで店舗食材の製造もしているので、
    食材の卸売も行っています。

    初めて飲食店を経営したいという方には、
    FCで店舗を経営するという方法もありますし、

    経費を抑えたいという事業主には、
    当社が製造した食材を購入していただく方法もあります。」


今回取材場所としてお邪魔した「焼肉屋ベコちゃん」は、
県内に2店舗(北秋田市と潟上市)展開していますが、
地元食材にこだわるとのことから、
北秋田市の「肉のまつお」のお肉も取り扱っています。

「肉のまつお」では自社牧場を所有し、
生育から販売まで一環して行っている地元では有名なお店です。

「肉のまつお」の美味しいお肉が、
南秋田地区でもリーズナブルなお値段で食べられるなんて、
とても嬉しいことです。
【写真 潟上店のメニュー】
d0162301_1524816.jpg

d0162301_15184342.jpg


また、店内も随所に“牛の置物”が配置され、
とてもこだわった内装になっているんですよ・・・
【写真 潟上店の店内の様子】
d0162301_1519196.jpg



「株式会社 元氣屋」グループの店舗は、
店舗としての役割の他、
セントラルキッチンで製造している食材の、
アンテナショップ的な役割も担っているようです。

「株式会社 元氣屋」の食材を気にいっていただいた同業者の方には、
経営戦略の一環として食材を使用していただくなど、
経営コンサルティング的な役割も行っているということで、
実に奥の深い企業と言えます。
 

 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「素直な方。現状に甘んずることなく、
    常に向上心を持っている方が、
    望ましいと考えています。」

時代のニーズを見ながら、
様々な試行錯誤を行っている「株式会社 元氣屋」ならではの、
人材像ではないでしょうか?


 ◇ 採用試験について教えて下さい。

 ◆ 「面接のみを行っています。
    応募者の可能性を信じ、
    出来るだけチャンスを与えたいと考えています。
    経験や資格は一切必要としませんので、
    より多くの方に応募して頂きたいです。」


より多くの方にチャンスを与えたいという虻川代表取締役・・・
間口を広げることで、思わぬ才能を開花させています。


 ◇ 採用後の研修等について、教えて下さい。

 ◆ 「配置先でのOJTが中心となりますが、
    それぞれの部署で必要となる知識等については、
    取引先企業が行っている研修などを利用し、
    知識の付与を行っています。

    また、店長会議を活用し、
    各店舗のスタッフ教育についても様々な情報を伝達しています。

    そのため、店長教育には力を入れています。
    特に、店長のやる気を高めることが重要ですね。」


自店舗の店長は、リーダーとしての素養を持っていれば、
性別や年齢に関係なく登用しているそうです。

そのため20代で店長を任されている方も、
いらっしゃるそうですよ。

スタッフは転職者を採用することが多いそうですが、
虻川代表取締役に学生の皆さんに向けて、
アドバイスをいただきました。

学生の皆さんには、
是非、在学中にアルバイトを経験して欲しいそうです。

仕事を辞める方の多くは、
仕事の内容ではなく、対人関係でつまづいたことが原因だそうです。

学生時代から幅広い世代の方と交流するためには、
社会を経験することが大切だと考えているそうです。
社会を経験する方法としては、アルバイトが有効なことから、
是非、学生の皆さんにはアルバイトをして欲しいとのことでした。

3月24日には、
秋田市御所野イオンモール秋田に新店舗が開店予定とのことで、
「株式会社 元氣屋」から目が離せませんね。



では、本日の若手職員をご紹介!

焼肉屋ベコちゃん鷹巣店
小笠原 舞さん
 です。
d0162301_14393512.jpg


入社半年の小笠原さん、社名と同じで元気いっぱいの方です。


 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「サービス業が好きだったので、
    お客様と接する仕事がしたかったこと、
    そして、地元が大好きなので地元で頑張りたいと、
    思ったのがきっかけです。」


小笠原さんは北秋田市のご出身。
「焼肉屋ベコちゃん鷹巣店」に勤務前も、
販売などの人と接する職場で働いていたそうです。

もともと、お客さんとして「焼肉屋ベコちゃん鷹巣店」を利用していたそうで、
店長さんはじめ、スタッフの皆さんとも顔なじみだった小笠原さん・・・

このお店であれば、自分の希望も満たされ、
楽しく働くことが出来ると考え、応募したそうです。

 
 ◇ 仕事内容について、教えて下さい。
 
 ◆ 「お店には12時に出勤します。
    
    営業中はホール係として、
    来店したお客様のご案内、オーダー、
    料理の配膳や片付け、レジ打ちなども担当します。

    閉店後は店内の片付けを行い、
    22時30分に帰宅というスケジュールです。」


接客業は経験している小笠原さんですが、
飲食店は初めてということで、
お皿やビールジョッキが、思っていたよりも重いのに苦労したそうです。
この半年で、確実に腕が太くなったそうですよ。

【写真 取材の様子】
※左側から、佐藤 取締役営業部長、大関 取締役専務、小笠原 さん
d0162301_15214936.jpg


 ◇ これからの目標を教えて下さい。

 ◆ 「まだまだ未熟ですが、お客様に愛されるような人間、
    そしてお店を作って行きたいです。

    これから、もっともっと地元を盛り上げていきたいと思います。」


応募の動機の中に、
店長の人柄を挙げていた小笠原さんですが、
鷹巣店は店長を中心にスタッフの結束力がとても強いそうです。

そんな働き易い環境の中、
小笠原さん自身、
もっとお店を盛り上げたいと考えるようになったそうです。

ホールの仕事の他、厨房の仕事にも興味が出てきた他、
店長のように仕事をこなしたいとの夢も生まれました・・・

元氣印の小笠原さんがいきいきと働く「焼肉屋ベコちゃん鷹巣店」には、
マジックが趣味というスタッフもいるので、
お願いすれば、宴会の余興としてマジックを披露してくれるそうです。

是非、「焼肉屋ベコちゃん鷹巣店」にも、足をお運び下さいね。


それでは、収録と参りましょう・・・
とても緊張すると話す小笠原さんですが、
d0162301_14474065.jpg

マイクを向けるとはきはきした受け答え!さすがです!
d0162301_14482471.jpg


恒例の記念撮影は、「焼肉屋ベコちゃん潟上店」の牛といっしょにぱちり!
【写真に向かって、左側から、小笠原 舞さん、
虻川 敬 代表取締役、真坂はづきさん】
d0162301_14484230.jpg


この模様は・・・

2月26日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   


※平成27年度の放送は、2月26日で終了となります。
 
 
[PR]
by fresh-akita | 2016-02-24 09:00 | ラジオ番組取材後記

Job-Press on Radio< 株式会社 横手開発興業 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
県内の小正月行事、本当に楽しいですね!012.gif

今回の取材先は横手市にあります、
「株式会社
横手開発興業」


フレッシュワークAKITA広報班メンバーが、会社を訪問しましたよ・・・

秋田市御所野の「秋田テルサ」から国道13号線を南下し、
旧横手市内へ・・・

取材先として指定されたのは、“横手駅前温泉 ゆうゆうプラザ”!
d0162301_13365651.jpg

d0162301_13373572.jpg


早速、 鈴木 大介 常務取締役 に、
いろいろお聴きしましょう!
d0162301_11182573.jpg


 ◇ こちらの会社について教えて下さい! 
 
 ◆ 「「株式会社 横手開発興業」は、
    横手駅前に4つの宿泊宴会施設、
    横手市内に3つの飲食関連施設を経営する会社です。」


「株式会社 横手開発興業」は、
1984年(昭和59年)、
当時、株式会社横手プラザホテルの社長だった細谷信一氏(現・会長)が、
“横手プラザホテル”をオープンしたことに始まります。

その後、ホテルの駐車場の工事中に温泉が湧出し、
1990年(平成2年)には細谷賢一氏が社長を務める株式会社横手開発興業が、
“横手駅前温泉 ゆうゆうプラザ”、
2006年(平成18年)には“ホテルプラザアネックス横手”をオープン。

2011年(平成23年)には株式会社横手プラザホテルと、
株式会社横手開発興業が合併し、
現在に至っています。

それでは、
「株式会社 横手開発興業」が運営する施設を、
改めてご紹介しましょう。

 ● 横手プラザホテル
d0162301_1618233.jpg

 ● ホテルプラザアネックス横手
d0162301_16185266.jpg

 ● ホテルプラザ迎賓
d0162301_16191419.jpg

 ● 横手駅前温泉 ゆうゆうプラザ
d0162301_16195243.jpg

※4施設の写真は、企業HPより借用。
※“ゆうゆうプラザ”以外の施設は、宿泊が可能です。

4つの施設に共通しているのは、
横手駅から徒歩1分、
秋田自動車道横手ICから車で約5分という好立地、
天然温泉、
館内に設けられた多種多様な直営飲食店!

【写真 天然温泉(企業HPより借用)】
d0162301_13384842.jpg

【写真 岩盤浴(企業HPより借用】
d0162301_13392394.jpg


地元住民はもちろん、ビジネス客や観光客まで、
幅広く対応しています。

使用の用途も多種多彩!
地元の冠婚葬祭から宴会、各種会議、宿泊と本当に多様です。

駅前にいながら、避暑地に訪れたように錯覚させる施設なんですよ。

 
横手駅前のにぎわいを創出している、
「株式会社 横手開発興業」で、求められる人材とは?

  
 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「接客業の仕事柄、社員一人一人が笑顔でお客様と接することが、
    接客の基本です。

    明るく元気で物おじせず、
    人と接することができる方を求めています。」


「株式会社 横手開発興業」は、
大きく4つの部門に分かれています。

 ・宿泊部(フロント、宿泊の予約や客室の整理等)
 ・料飲部(各種レストランや宴会担当)
 ・調理部(料理)
 ・管理部(施設管理、資材等発注)
 ・総務部(総務・経理)

【写真 フロントの様子】
d0162301_13401038.jpg


新卒者(主に高卒)については、
“料飲部”で働き始めることになるそうです。

“料飲部”の業務が全ての業務の基礎となるのが、
その理由だそうです。

確かに、サービスの基本も、
食事や飲み物に関する知識やマナーも、
“料飲部”にいれば学べますよね!

特に営業担当になった場合などは、
“料飲部”の職務が分かっていないと、
お客様に売り込むことが出来ないですよね。
     

 ◇ 採用試験について、教えて下さい。

 ◆ 「一般常識及び簡易な計算問題などのペーパーテストと、
    面接を行っています。

    面接官は3名いますが、
    それぞれ面接官が質問内容を工夫しています。

    新卒者は学校で面接指導を受けている事から、
    あえて想定していないような質問を投げかけて、
    素の部分を見られるようにしています。」


学校で面接対策をしっかり行っているので、
企業側も様々な趣向をこらし、応募者の“素”の状態を把握しています。


 ◇ 採用後について教えて下さい。

 ◆ 「中途採用(転職者)者については、初日に会社概要等を説明後、
    配属先でのOJTで仕事を覚えていただきます。

    新卒者については、5日程度の研修を行います。
    1日目は社内ルールや会社概要等説明、
    2日目はクレドに関する説明や心得、サービス業に係る留意点、
    3日目以降は、各部署担当者から各部署の仕事内容の説明や留意点などの
    指導を行っています。

    5日程度の研修が終わると、
    配属先でOJTを受ける事となりますが、
    主に指導する者を専任し、教育を行うようにしています。」


一部職種を除き、
入社するにあたって必要な資格はないそうです。

高校生の採用が多いことから、
応募前の見学や、
在学中の職場体験を積極的に受け入れているそうなので、
接客業を志している方は、是非、職場体験を行ってみては?


 ◇ 今後の展望を教えて下さい?
 
 ◆ 「“ゆうゆうプラザ”の宿泊部門をリニューアルした“ホテルプラザ迎賓”を
    昨年6月にオープンさせた事により、
    施設におけるハード面の改修が一段落したことから、
    今後はソフト面の充実を図ることを検討しています。

    具体的には、接客スキルの向上に向けての取り組みについて、
    内部で検討したいと考えています。

    まずは研修内容の見直しを検討していますが、
    現在実施しているOJTやビデオ研修の充実の他、
    同業者のサービスを見学する研修なども、
    取り入れたいと考えています。」


“ホテルプラザ迎賓”の他、平成27年4月には、
“ゆうゆうプラザ”のエントランスをシックなデザインにリニューアルし、
スペシャリティーコーヒー専門店『gita(ジータ)』をオープン。

【写真 『gita』】
d0162301_13415043.jpg

d0162301_13421250.jpg

d0162301_13425718.jpg

【写真 リニューアルしたエントランス】
d0162301_13434737.jpg


10月には四季折々の表情を見せる、
中庭庭園もリニューアルしました。


単に宿泊宴会施設を運営するというだけでなく、
横手駅前、ひいては賑わいや地域の活性化の先鋒としての役割を担う、
「株式会社 横手開発興業」・・・

地域の活性化の一躍を担いたい方のご応募をお待ちしております。


では、本日の若手社員をご紹介!
佐藤 芹香 さんです。
d0162301_11295837.jpg

佐藤さんは横手市のご出身。
勤務先である“横手駅前温泉 ゆうゆうプラザ”から徒歩圏内にお住まいなんだそうです。

 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「入社のきっかけは、先生や両親からのアドバイスです。

    人見知りする性格なので、卒業後の進路は製造業を考えていました。
    応募先を絞り込む中で、周囲から接客業にチャレンジしてみてはと言われ、
    高校2年生の時にインターンシップを行った当社に応募しました。」


横手市内の高校に通っていた佐藤さん・・・
高校2年生の時に「株式会社 横手開発興業」で職場体験をしたそうです。

職場体験では、ベットメイクや受付、
宴会のセッティングなどを体験したそうですが、
覚えることが多く、大変な仕事だなと思ったそうです。

佐藤さんは自分の性格を内向的ととらえ、
接客業には向いていないと思っていたそうです。

応募先を絞り込むにあたり、
製造業を考えていたそうですが、
周囲が勧めたのは接客業・・・

結果、製造業ではなく、接客業に応募することになり、
自宅から近い、「株式会社 横手開発興業」に応募したそうです。

【写真 取材の様子】
d0162301_13451139.jpg



 ◇ 採用試験で覚えていることを教えて下さい。

 ◆ 「とても緊張していたので、
    試験の事は覚えていません。
  
    手応えがあったという感じもなく、
    もしかしたら不合格になるかもと思っていました。」


結果が出るまで不安だったという佐藤さん・・・
無事に内定となり、とにかくほっとしたそうです。


 ◇ 仕事について教えて下さい。

 ◆ 「私は料飲部に所属しています。
    担当は、ゆうゆうプラザ内のレストラン和蘭と、
    宴会です。

    勤務時間は3つに分かれており、
    日勤は11時の出勤になります。

    出勤すると、レストラン担当か、
    宴会担当かが指示されます。

    とにかく覚えることが多く、大変な時期もありましたが、
    入社後3~4ヶ月頃には、
    先輩達から『だいぶ慣れてきたね』と言われるようになり、
    自分自身でも仕事の流れが把握出来てきたと実感できるようになりました。」

【写真 佐藤さんが担当している『レストラン和蘭』】
d0162301_1347953.jpg

d0162301_13473549.jpg

d0162301_13475984.jpg


仕事を始めた当初は、
ストッキングを履いただけでフローリングの床で立っているのが、
とても大変だったそうです。

立ち仕事の痛みは、なくなったわけではありませんが、
毎日続ける事で、対処方法も身についたとか・・・

お客様への対応以外に、
パソコンを使って“本日のおしながき”を作成するのも、
重要な仕事だそうです。

佐藤さん曰く、『もっとパソコンを勉強しておけば良かった』とか・・・


 ◇ 実際に働いてみて、いかがですか。

 ◆ 「県内外から観光で横手に訪れる方、
    ひとときのくつろぎのために温泉を利用される方々とお会いし、
    人と接する事に喜びを感じるようになりました。

    その喜びが、仕事のやりがいになっています。」

【写真 開店準備をする佐藤さん】
d0162301_13485038.jpg


“仕事への意欲”は、仕事が分かってきたと実感出来たことにより、
高まってくるようです。
佐藤さんの場合も、仕事を覚えてきたという手応えを感じ、
そして、周囲から褒められることで気持ちが前向きになりました。

また、“仕事への意欲”が高まる事で、
気持ちにも、お客様との対応にも余裕が生まれてきます。

先輩や同僚などスタッフだけなく、
お客様とのやりとりそのものに楽しさを感じることが出来、
プラスの循環となりました。


 ◇ 今後の目標について、教えて下さい。

 ◆ 「未成年ということもあり、
    “お酒”に関する知識が不足しています。
    お酒の種類はもちろん、
    味についても、しっかりお客様に説明出来るようになりたいです。

    また、冠婚葬祭に関する知識が不足しているなぁと感じています。
    作法などについてもしっかり勉強したいです。

    そして、所属している料飲部の仕事を全て把握したいです。」 

【写真 メッセージの録音風景】
d0162301_13495330.jpg


自分には合わないと思っていた接客業ですが、
実際に働いてみると、いろいろな人に出会う事が出来、
楽しく働けているという佐藤さん・・・


仕事への意欲もどんどん高まっているようで、
佐藤さんの活躍が楽しみですね。
  

【写真 佐藤 芹香さん】
d0162301_16234835.jpg



この模様は・・・

2月19日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif  
[PR]
by fresh-akita | 2016-02-16 16:46 | ラジオ番組取材後記

雪景色


 先日の早朝、この季節には珍しく、ぬけるような青空が広がり
ふんわりと降り積もった新雪に太陽の光が反射し、まるでラメをふりまいたような
一面の銀世界となり、あまりの美しさにしばし心を奪われてしましました016.gif

d0162301_17383282.jpg

 今年は県南も例年に無いほどに雪が少なく
日々の雪かきや雪下ろしに労力を奪われることの無い、過ごしやすい冬の季節となっております072.gif

 日本は四季の国とも言われますよね001.gif
春は、満開の桜やさまざまに咲き乱れる花々に 心癒やされ、
夏は、生い茂る植物の成長に元気をいただき
秋は、錦絵のような紅葉。
そして、冬は墨絵のような冬景色


思いがけない素晴らしい季節の風景を目の当たりにすると
豪雪地帯の冬の厳しさも忘れ、秋田って、横手って本当に良いところだなと
しみじみ感じます045.gif

 さてこれから、秋田県内は冬の伝統行事やおまつりが目白押しに開催されます。
雪国ならではの伝統と幻想に浸る冬まつりで冬の風情を楽しんでみませんか060.gif

立春も過ぎ季節のうつろいを少しずつ感じます。
春はもうすぐですね056.gif
[PR]
by fresh-akita | 2016-02-09 09:00 | ほんの一言・・・

Job-Press on Radio< 三国商事 株式会社 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
2月になりました!恵方巻?豆まき?012.gif

今回の取材先は、
「三国商事 株式会社」

フレッシュワークAKITA広報班メンバーと
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

取材先として指定されたのは、“秋田南インター給油所”!
秋田市御所野の「秋田テルサ」からは、10分もかからず到着!
d0162301_1045545.jpg


広報班スタッフが通勤で利用している道路沿いのお店ですが、
いつも込んでいるなぁと思っていました。


早速、
二階堂 利弘 事業企画販売部長  に、
いろいろお聴きしましょう!
d0162301_1411765.jpg

本社総務部  今野 義美 課長、
d0162301_14142889.jpg

成田 政隆 エリア統括マネージャー兼秋田南インター給油所長にも、
同席していただきました。
d0162301_14153645.jpg



 ◇ こちらの会社について教えて下さい!
 
 ◆ 「「三国商事 株式会社」は、
     全国450箇所の宇佐美グループのもと、
     秋田県内に9つのサービスステーション、
     青森県弘前に2つのサービスステーションを経営している会社です。

     業務内容は、
     スタンド・燃料配送・ガス事業・企業向け営業の4つに分かれており、
     それぞれ拡大を図っています。」


「三国商事 株式会社」は、1971年に設立しました。

北秋田市内で雑貨店を営んでいた三國家・・・

先代社長が父親からお店を引き継ぐ際に、
自分の代では『油』を取り扱いたいと考えたそうです。

『油』を取り扱うために弟子入りした縁から、
宇佐美グループの名前を使用して業務を行う事に・・・


 027.gif ここで、豆知識!

  『宇佐美グループ』は、
  株式会社宇佐美鉱油(本社 愛知県津島市)がグループの統括会社となっており、
  石油小売店を運営しているのは、
  子会社の株式会社東日本宇佐美及び株式会社西日本宇佐美だそうです。

  複数の元売り会社と契約していることから、
  スタンドによってブランドが異なるものの、
  ブランドの看板のほかに、宇佐美の看板を掲げているので、
  “宇佐美のスタンド”と呼んでいる人も多いと思います。

  高速道路のサービスエリアやバイパス、
  主要国道、インターチェンジなどを中心に立地しており、
  運送会社などとの大口契約も多い事から、
  長距離トラックの給油が多いそうです。


【写真 全国に展開されている“宇佐美”のSS】
d0162301_8544273.jpg


「三国商事 株式会社」 の各サービスステーションは、
出光興産株式会社が石油元売り会社なので、
出光のブランドマークである『アポロマーク』と、
宇佐美の文字がサービスステーションの看板として掲げられています。
【写真 秋田南インター給油所の看板】
d0162301_106440.jpg


「三国商事 株式会社」が経営しているサービスステーションについて、
ご案内しましょう!

 秋田県内 9サービスステーション
  ● きみまち阪給油所(能代市)
  ● ピットイン鷹巣給油所(北秋田市)
  ● 秋田臨海給油所(秋田市)
  ● 7号線秋田北給油所(秋田市)
  ● 秋田南インター給油所(秋田市)
  ● 本荘バイパス給油所(由利本荘市)
  ● 横手インター給油所(横手市)
  ● 大曲バイパス給油所(大仙市)
  ● ピットイン能代給油所(能代市)

 青森県弘前市内 2サービスステーション
  ● 弘前バイパス給油所
  ● 弘前北給油所

「三国商事 株式会社」のサービスステーションの特徴は、
フル・サービスとセルフスタンド並みの価格ではないでしょうか?

セルフのガソリンスタンドは苦手という方はもちろんですが、
価格に敏感なお客様にも満足していただけるため、
多くの方からご愛顧いただいているようです。

また、キビキビとした応対にも定評があるんです・・・


 027.gif ここで、またまた豆知識!

  サービスステーションとは、直訳すると「サービスを行うところ」となり、
  ここでは、ガソリンスタンド(給油所)を指します。
   「SS(エスエス)」とも呼ばれていますよね・・・

  サービスステーションでは、給油の他、
  洗車や整備・点検、車検なども請け負う、
  車に関するトータルサービスを提供する場となっています。

  点検を担当するスタッフは、
  自動車整備に関する国家資格を取得しており、
  安心して車を任せることが出来ますし、
  車のコーティングについても、
  専門知識を持ったスタッフが担当してくれるので、
  これまた安心してお願い出来ます。


【写真 カー用品の取扱いも豊富】
d0162301_10595863.jpg

【写真 タイヤの種類も実に豊富】
d0162301_1103739.jpg


整備やコーティングに関しては、
入社後、本人の希望などを考慮し、
資格取得や各種研修等に参加させているそうです。

サービスステーションは、
販売だけでなく、自動車整備やコーティングなど、
技術職としての勤務も可能となっています。

自分の可能性を最大限に伸ばせる、
多様な選択肢が用意されている職場なんですね・・・
 

 ◇ 現在力を入れていることについて、教えて下さい。

 ◆ 「灯油の配達業務に力を入れています。
    秋田県は高齢化が進んでいます。

    灯油を使用しているご家庭の中には、
    高齢者のひとり暮らしも多く、
    灯油の購入について、冬場は特に苦労しています。

    当社では配送の際に、
    ホームタンクやポリタンクの点検も合わせて行うことで、
    安全に安心して灯油をご利用いただけるようにしています。

    秋田県全域にサービスステーションを設置している当社だからこそ、
    全県を網羅してのサービス提供が可能だと考えております。」


たしかに、給湯設備はガスや電気を利用している方の中にも、
暖房器具は灯油という方、結構多いのではないでしょうか?

自動車を持たず、普段、自転車を利用している方については、
冬場は自転車でポリタンクを運ぶことが出来ません。

そんな方々の強い味方が、「灯油配達」してくれるお店!
そして、配達のついでにホームタンクや
ポリタンクの点検もしてもらえるなんて、
ありがたいことですよね。

「三国商事 株式会社」は、
高齢者に優しい、地域の頼れるサービスステーションなんですね。 

そんな「三国商事 株式会社」で、求められている人材とは?
 

 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「接客業ということもありますが、
    お客様だけでなく、仕事の仲間である同僚とも積極的につきあえる人を
    求めています。

    また、現場ではその場に応じた対応が求められることから、
    臨機応変に対応出来る方が望ましいですね。」

【写真 全身を使い、テキパキとした誘導】
d0162301_111381.jpg



同業他社がひしめく業界ゆえ、
価格以外に差別化を図るのは従業員の対応・・・

そのために、コミュニケーション能力や
臨機応変な対応力が求められているわけですね・・・


 ◇ 採用試験について教えて下さい。

 ◆ 「面接と作文を行っています。
    試験会場にて作文を書いてもらった後、
    面接を受けて頂きます。

    面接官は3名で、個別面接です。
    普段の様子を知りたいので、
    日常生活や学校生活に関する質問を多くしています。」


学校で、面接対策をしっかり受けている生徒が多いため、
応募者の“素”の様子を引き出すのに、とても苦労するそうです。

面接官は質問内容を工夫しながら、
応募者の“素”を見極めているのです。


 ◇ 採用後の研修等について、教えて下さい。

 ◆ 「1年間は研修期間ということで、
    集合研修の他、親元を離れて寮生活を送ってもらいます。
    寮生活では他の新入社員や先輩社員との交流を通じて、
    仕事や会社についての理解を深めることとしています。

    研修に寮生活を取り入れたことで、
    若手社員の定着率が格段に良くなりました。」


研修の一環として、1年間の寮生活を取り入れている「三国商事 株式会社」・・・

日々の生活の様々な場面で、
同僚とコミュニケーションを取る事で、
連帯感や仕事に取り組む姿勢が養われているようです。

その結果、若者の採用に積極的で、良心的な企業の証である、
『若者応援宣言企業』
の認定を受けています!


販売の基礎を身につけた後は、
自動車整備やコーティング、
また企業等への営業など多様な業務を担当出来る、
「三国商事 株式会社」は、
元気で明るく、積極的な方の応募をお待ちしております。


では、本日の若手職員をご紹介!

秋田南インター給油所
成田 竜希 さん
 です。
d0162301_144234100.jpg


入社1年目の成田さん、
かなり緊張しやすいとのことで、
カッチカチでインタビューに答えて頂きました。


 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「就職活動の中で“ガソリンスタンド”・“サービスステーション”を知り、
    エネルギーを供給する大事な仕事と感じ、応募しました。
    
    職場見学では先輩達のキビキビした動きに感動し、
    やりがいのある仕事と思い、入社を決めました。」


成田さんは秋田市のご出身。
市内の高校卒業後、こちらの会社に就職しました。

もともと、お父さんと同じ仕事(自動車関連)を希望していたそうですが、
残念ながら、不採用となってしまいました。

気持ちを切り替え、
求人票を見ていて心引かれたのが、
「三国商事 株式会社」でした。

ガソリンは自動車とは切っても切れない関係・・・

お父さんと同じ仕事ではありませんが、
少しでも関係のある仕事に就きたいという、
成田さんのいじらしさを感じますね・・・

【写真 取材の様子】
d0162301_114973.jpg


 ◇ 採用試験で覚えていることは、何ですか。

 ◆ 「実は、試験の時間に遅れてしまいました。
    
    そのため、いつも以上に緊張してしまい、
    どんなことを質問されたか、どう答えたか、
    全く覚えていません。」


試験前にハプニングがありましたが、
成田さんの実直な人柄が認められ、見事内定を獲得!

入社後1年間は研修期間ということで、
親元を離れ、会社の寮から職場に通う生活を送っています。

 
 ◇ 仕事内容について、教えて下さい。

 ◆ 「スタンド業務全般を担当しています。
    
    メインの仕事は給油にいらっしゃったお客様の車を誘導し、
    給油作業を行いながら、室内用のふきタオルをお渡しし、
    車の窓を拭きます。
 
    併せて、洗車のご案内やチラシの配布なども行っています。

    入社当初は、緊張から段取りよく作業を行えませんでしたが、
    徐々に慣れてきたと思います。

    特に“大きな声を出す”ことには、自信があります。
    お客様にしっかり挨拶の声が届くように、
    “大きく・はっきりと”声を出すようにしています。

    最近は、挨拶を褒められることもあり、
    とても嬉しいです。」

【写真 仕事中の成田さん その1】
d0162301_1151062.jpg

【写真 仕事中の成田さん その2 帽子をとってお客様をお見送り】
d0162301_116686.jpg



入社後最初の仕事は、先輩達の仕事ぶりを観察することだそうです。
そして、大きな声を出すための訓練も行うそうです。

成田さんが働いている秋田南インター給油所は、
敷地面積が広く、給油用のホースが20本設置されているため、
一度に沢山のお客様をお迎えすることが出来ます。

また、油の種類毎に案内する場所が異なることから、
お客様の車を的確に案内することが必要となります。

そのため、迅速な動きと大きくはっきりとした声でお客様に接することが、
スタンド担当者には求められます。

学生時代はなかなか大きな声を出す機会がなかった成田さんは
懸命に努力し、今ではお客様に褒められる程になりました。


 ◇ これからの目標を教えて下さい。

 ◆ 「スタンドスタッフとして、プロの技術とサービスを習得し、
    あらゆるお客様に信頼され、愛されるSSを目指したいです。」


お父さんと同じ道を目指していた成田さん・・・
進む道は異なりますが、
車が大好きなので、将来は整備の仕事にも興味があるそうです。

今年の目標は、
危険物取扱者資格(乙種第4類)を取得すること!

これからも、お客様や同僚に愛されるスタンドスタッフを目指して下さいね。


では収録と参りましょう!成田さんの緊張は、MAX?
d0162301_1165430.jpg


真坂さんの優しいアドバイスで、収録は無事終了となりました。
成田さん、お疲れ様でした。


最後は恒例の写真撮影!

【写真に向かって、右側 成田竜希さん、左側 真坂はづきさん】
d0162301_14453726.jpg



この模様は・・・

2月5日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   
[PR]
by fresh-akita | 2016-02-03 09:00 | ラジオ番組取材後記