ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大館圏域産業祭に行って来ました!

みなさんこんにちは。040.gif

私は、8月からフレッシュワークAKITA 北部サテライトで勤務しております。
早いものであっという間に2ヶ月が過ぎました001.gif

d0162301_1154484.jpg

これは、大館樹海ドームに向かう途中の歩道から撮影したものです。
すっかり秋も深まり、いよいよ紅葉本番の季節になってまいりましたね。


さて、私が住んでおります大館市では、
地場産品 郷土の誇り 地域の和>をテーマにした、
<第18回、大館圏域産業祭>が、10月24日(土)、25日(日)に開催され、
私が参加した24日には、
大館樹海ドームパークセンターで、
秋田県特別支援学校による<職業教育フェア>も催されておりました。

d0162301_10515453.jpg

樹海ドーム内では、各企業や高校のさまざまなブースや、工芸品や食料品など、
所せましと出展していました。

その中でも「職」に関連するイベントをご紹介します。


d0162301_1114615.jpg

<子どもハローワーク>
d0162301_11484958.jpg


子どもハローワークってみなさんご存じですか?

地域・企業が行うイベントのお手伝い、
ボランティアへの参加などの体験を子どもたちに紹介するところです。

商品の販売接客、ものづくり体験、アナウンサー体験など、
普段できない体験を通じて、
地域の役に立てたり、自分の興味ある内容を選択したりできるので、
将来につながるような学習ができます058.gif


<大館ハローワーク求人情報コーナー>
d0162301_1157244.jpg


週刊求人情報、各種周知チラシが置かれてました。
来年はフレッシュワークのチラシも置いていただけるように
お願いしようと考えております072.gif


<職業教育フェア>(特別支援学校)
d0162301_13391763.jpg

会場では、県北地区養護学校の作業学習製品が展示され、
高等部の生徒さんたちにより、
曲げわっぱや農産物加工品、コーヒー販売が行われておりました。


その中でも注目なのが、
技能競技会「錬成会」という、日頃鍛えた職業学習の成果を競うものです。

種目は、
①ビルクリーニング競技
②喫茶サービス競技
③裁縫競技
の3つに分かれていました。

生徒さんたちは、審査員や一般客が見守る中、
一人一人名前を呼ばれ、日々の培った技術を披露していきます。


①ビルクリーニング競技です。
d0162301_13492217.jpg
最初に清掃機材を声に出しながら、指さし確認していきます。
その後フロアに上がり、椅子を机の上に上げて、
あらかじめ撒かれたゴミをモップなどで丁寧に片づけていきます。
手際の良い作業風景に終始圧巻してしまいました。


②喫茶サービス競技です。
d0162301_13494816.jpg
お客様のテーブルまでお水を運び、注文をうかがいます。
お客様が注文の品を飲み終えたら、お見送りをし、
最後はしっかりテーブルも拭いて後片付けをします。
元気の良い接客と、礼儀正しい立ち居振る舞いがとても素晴らしかったです。


③裁縫競技です。
d0162301_13500549.jpg
支給された生地にアイロンをかけ、ミシンを使用してエプロンを制作していきます。
最初は緊張しながらも、手際よく一生懸命に作業している姿が印象的でした。


養護学校の生徒さんたちが技術を競う姿を初めて拝見し、
ひとつの仕事に熱心に取り組む意識の高さと、
作業を黙々と遂行していく能力の高さに感銘を受けました012.gif

今回の技能競技会を通じて、
改めて、障害の有無は関係なく、
一人一人の適正や能力に理解を深めていくことが大切だと思いました。

そして、このような働く姿をもっと知ってもらうことにより、
障害者雇用の拡大や職場定着につながればと思いました043.gif

[PR]
by fresh-akita | 2015-10-28 14:30 | ほんの一言・・・

Job-Press on Radio< 有限会社 アイハラ >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
10月もいよいよ終わりますね・・・ 012.gif

今回の取材先は横手市雄物川町にあります、
「有限会社 アイハラ」

フレッシュワークAKITA広報班メンバーが、会社を訪問しましたよ・・・

秋田市御所野の「秋田テルサ」から国道13号線を南下し、
大仙市から国道105号線を経由して、
県道36号「大曲大森羽後線」で旧雄物川町に向かいます・・・

取材先と指定されたのは「高花(たかばな)工場」・・・ 
黄金色に輝く稲穂の間を進んでいくと・・・ 看板を発見!
d0162301_14124685.jpg


暖かいカラーの外壁が印象的な工場ですね・・・
d0162301_1414085.jpg


早速、 相原 伸一 代表取締役 に、いろいろお聴きしましょう!
d0162301_1471594.jpg


 ◇ こちらの会社について教えて下さい!
 
 ◆ 「「有限会社 アイハラ」は、
    電機メーカーのスクリーン印刷、時計のパット、平面印刷、
    LCD(携帯電話の表示窓部分)へのロゴ等の印刷を行っています。

    【写真 携帯用LCDパネルの見本】
    d0162301_14292929.jpg


    携帯電話用LCDパネルの印刷は、
    国内生産量の90%を占める工場からの発注で、
    東北では当社しか行っていない分野です。」


「有限会社 アイハラ」は、昭和60年に設立されました。

地元の誘致企業で働いていた相原代表取締役の父親が、
昭和50年代に弱電部品の組立や印刷を行う会社を、
自宅敷地内に立ち上げたことに始まるそうです。

創業当初は、相原代表取締役の母親が代表取締役を務めていたそうですが、
父親は勤めていた会社を退職後、2代目の代表取締役となり、
相原代表取締役は3代目社長となるそうです。

現在は、印刷関連業務のみを行い、
業務は同じ町内の高花工場にて行っています。

主力は、かの有名な『G-SHOCK』関連の業務!

【写真 新聞の一面に掲載された『G-SHOCK』の広告】
d0162301_14152465.jpg

こちらの商品の文字板(もじばん)と時針、分針及び秒針の印刷を行っています。

【写真 印刷前の文字板(右側)とベースの印刷後の文字板(左側)】
d0162301_14403147.jpg

【写真 時計針の見本】
d0162301_14412371.jpg



取引先企業は、ほとんど県外(岩手県や山形県)ということで、
主力製品の『G-SHOCK』の文字板や針は、
山形県にあるカシオの工場に納めています。

『G-SHOCK』といえば、海外でも評価の高い、
日本が誇る時計ブランドです。

その、『G-SHOCK』の“顔”ともいえる、
文字板と針の印刷を、秋田県の工場が手がけているなんて、
すごい事ですよね!!

高級ラインも手がける「有限会社 アイハラ」は、技術力の高さが売り!

印刷技術の高さ(鮮明さと正確さ)から、
同業他社がギブアップした仕事がまわってくるそうで、
父親の代からの取引先に加え、
仕事の依頼は口コミで広がっているそうです。

【写真 有限会社アイハラの手がけた商品(化粧品の容器)】
d0162301_14311594.jpg


【写真 コンビニのマルチコピー機のカバーの印刷】
d0162301_14322423.jpg

d0162301_14331199.jpg


【写真 アイドルが使用するヘッドフォンの印刷】
d0162301_14335684.jpg

d0162301_14342423.jpg



027.gif ここで豆知識! 
 「有限会社 アイハラ」で取り扱っている、 
 印刷形式について、調べてみました!!

 □スクリーン印刷とは?
   印刷用の版には、凸版、平版、凹版、孔版の4種類の形式があります。
   スクリーン印刷では、孔版を使用します。

   スクリーン版には、ポリエステルなどの繊維で織った紗(スクリーン)を
   使用します。
   このスクリーンを枠に張って固定させ、その上に版膜(レジスト)を作って、
   必要な画線以外の目をふさげばスクリーン版が出来ます。

   そしてスクリーン版の枠内に印刷インキをのせて、
   スキージでインキを摺動すると、
   インキはレジストのない部分のスクリーンを通過して、
   被印刷物に転移します。

   スクリーン印刷は、他の印刷方式では印刷が困難な被印刷物を中心に、
   多くの産業製品に利用されています。
   又、工業製品を中心に年々用途が広がっています。


 □パット印刷とは?
   パッド印刷とは凹版を使用して版上のインキをシリコンパッドに一次転写し、
   被印刷物に二次転写を行なうオフセット印刷の一種です。

   やわらかいパッドが被印刷物になじむ為、
   平面ばかりでなく、曲面、凹凸面にも印刷が可能です。
   ロットに応じて樹脂版と金属版を使いわけます。

   また、インキの乾燥も早いため、
   ウェットオンウェットでの連続印刷(多色印刷・重ね打ち)も可能です。


 □オフセット印刷とは?
   平版(へいはん)印刷のひとつで、
   刷版についたインキを、
   ブランケットと呼ばれる樹脂やゴム製の転写ローラーにいったん移し(Off)、
   そのブランケットを介して印刷用紙に転写(Set)されるといった、
   版と用紙が直接触れない印刷方式から、「オフセット」という名がつきました。

   大量の印刷を短時間で仕上げることが可能で、
   さらに大部数の印刷であればあるほど、単価も低価格になるのが特徴です。


 □ホットスタンプ加工とは?
   金属光沢を装飾する事ができる「箔押し」を呼ばれる印刷技術です。
   様々な素材に装飾可能で、
   通常の印刷では難しい素材(革・PPなど)への印刷が可能です。
   熱処理する事により、素押しの風合いが出せる事も特長の1つになります。



印刷方式にはいろいろな種類があるんですね・・・ 005.gif


 ◇ 現在、力を入れていることは何ですか?

 ◆ 「自動車分野への進出を検討しています。

    鏡面塗装の技術を自動車のサンバイザー用ミラーに使用してもらうよう、
    自動車メーカーへの売り込みを行っています。」


秋田県では自動車産業や航空機産業への進出を後推していることもあり、
「有限会社 アイハラ」でも、県主催の各種勉強会や商談会などにも積極的に参加し、
販路拡大を目指しています。

【写真 売り込み中の鏡面塗装の見本】
d0162301_14353668.jpg


 ◇ 職場の組織について教えて下さい。
 
 ◆ 「組織は、6つの部門に分かれています。
     6つの部門のうち、3つは製造部門です。」


「有限会社 アイハラ」の組織は、
下記のとおり・・・ 専任の営業部門はないそうです。

 ・製造1課(時計の文字板)
 ・製造2課(時計の針)
 ・製造3課(その他の印刷)
 ・総務課(総務・経理等)
 ・技術課(機械等の修理やメンテナンス等)
 ・品質管理(工程管理など)

製造1~3課を担当する社員は、ほとんど女性です。
相原代表取締役曰く、
細やかで正確な作業は男性よりも女性の方が向いている人が多いそうです。


 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「元気であること、活動的であることが大切ですね。
    作業はリズム感が必要で、
    立位作業のため体力も必要です。

    部活動では運動部に所属していた方の方が、
    リズム感や立位作業に向いているかもしれませんね。」


【写真 印刷作業の様子】
d0162301_15255116.jpg

【写真 検査作業の様子】
d0162301_15263111.jpg

ほとんどの作業は立って行います。
検査作業では目を使いますが、メガネなどできちんと矯正していれば対応可だそうです。


 ◇ 採用試験について、教えて下さい。

 ◆ 「採用試験は面接のみを実施しています。
    質問内容は、今までの経歴などを中心に質問しています。」


 ◇ 採用後の研修等について教えて下さい。

 ◆ 「採用後はすぐに現場に配属し、
    先輩格の社員を1名専任して指導させます。
    実際に仕事をやってみないと、理解が進まないためです。

    また、月1回、全社員で集会をやっています。
    テーマはその都度異なりますが、グループワークなどを通じて、
    社員同士の意思疎通や情報共有などに役立てています。」


新卒者はもちろん、
中途採用者であっても同じ業務を経験している方が採用されることがないため、
実際に仕事をやりながら学んでいただくのが一番の早道なんだそうです。

月1回の集会は、全員が参加して行っているそうで、
会社が力を注いでいる行事なんですね。


世界に誇る製品の一躍を担っている「有限会社 アイハラ」・・・

高い印刷技術を誇る企業の一員としてがんばりたい人の、
ご応募をお待ちしております。040.gif


では、本日の若手職員をご紹介!
藤谷 祐貴 さんです。
d0162301_1417787.jpg


藤谷さんは美郷町(旧 六郷町)のご出身。
技術課に所属しており、主に腕時計部品の生産管理・
品質管理全般を行っています。


 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「過去に勤務していた自動車関連企業ではない会社で働きたいと考え、
    ハローワークで見つけた求人に応募しました。

    採用面接時に職場見学をさせてもらいましたが、
    従業員がイキイキと働いている姿が印象的で、
    是非、ここで働きたいと思いました。」


藤谷さんは父親の母校である大仙市内の工業高校を卒業後、
県外の会社に就職しました。
就職先は自動車メーカーの新車開発に携わる研究所で、
電気自動車の実験などを行っていたそうです。

長男だったため、ゆくゆくは秋田に戻るつもりだった藤谷さんは、
自動車メーカーの研究所を退職後、秋田に戻ったそうです。

その後、地元に新たな誘致予定の企業があるという話を聞き、
技術を学ぶために誘致予定企業の本社で働くため、再び県外へ・・・

ところがリーマンショックにより誘致の話が白紙になったことから、
再び秋田に戻って就職活動をはじめたそうです。

当初は、過去の職務経験を活かせる、自動車関連の仕事を探していたそうですが、
業界を限定せず、広く就職活動した方が良いと考えて応募したのが、
「有限会社 アイハラ」でした。

小規模ではありますが、イキイキと働く従業員の姿に、
企業の将来性を感じたそうですよ・・・


 ◇ 採用試験で覚えていることを教えて下さい。

 ◆ 「過去のことなのであまり覚えていないのですが・・・
    何をしてきたかを聞かれたと思います。」


採用面接の時の藤谷さんの事を、相原代表取締役に伺ったところ、
「ハキハキしていて、自分と波長が合うと感じた」と話して下さいました。
また、生産管理の経験者というところも、採用のポイントだったそうです。

【写真 取材の様子】
d0162301_14364182.jpg


希望が叶い、晴れて「有限会社 アイハラ」の一員となった藤谷さん・・・


 ◇ 実際に働いてみて、いかがですか。

 ◆ 「半年ほど製造現場を担当しましたが、
    その後、品質管理を担当しています。

    品質管理の他、工程管理も行っていますが、
    顧客とのコミュニケーションをしっかり取る事が重要だと思っています。

    製品の仕上がり具合について、どこまでを不良品とみなすかは、
    客観データによらない部分があるからです。

    顧客とのコミュニケーションをしっかり取る事で、
    安定した品質の製品を納品することが出来ます。

    併せて、顧客が求めている品質を社員にも理解してもらうことで、
    会社に対する信頼性を高めることが出来るわけです。」


藤谷さんは工場長に次ぐポジションを担っており、
会社の信頼性に関わる、とても重要な仕事を行っているんですね。

【写真 仕事中の藤谷さん】
d0162301_1452410.jpg



 ◇ 一日の仕事の流れを教えて下さい。

 ◆ 「ルーティンの仕事はありません。
    納期などを見ながら製造ラインの手伝いをすることもありますし、
    外部の勉強会などに参加する事もあります。

    私の最大の役割は顧客が求めている品質を、
    従業員に共通認識を持たせることが出来るかだと思います。」


藤谷さんによれば、ノークレームが当たり前ということで、
褒められる事が少ないそうです。

そんな毎日の中、無事に納品出来ると、ホッとするそうです。

今後は、自動車産業だけでなく、
新たな分野にもどんどん参入するために、
新製品の開発にも力を入れていきたいそうです。

プライベートではお二人目のお子さんがまもなく誕生と、
子育てにも忙しい藤谷さん・・・

お仕事に、子育てに頑張って下さいね!


最後に、工場の中を見せていただきました・・・

【写真 有限会社アイハラが手がけた商品を紹介するパネル】
d0162301_14535455.jpg


作業現場への入室は、エアシャワーを浴びてから・・・
衣類の繊維が、印刷には大敵なんだそうです・・・

【写真 エアシャワーを浴びる相原代表取締役】
d0162301_14553836.jpg


【写真 製造第1課の作業風景1】
d0162301_1456339.jpg

文字板に印刷する機械です。手前に印刷前の文字板をセットします。
写真の奥の方に、製版(ガラス板)と一次転写用のゴムが見えます。
【写真 製造第1課の作業風景2】
d0162301_1511132.jpg

一次転写されたゴム面を、文字板に押しつけて二次転写しています。

【写真 製造第2課の作業風景】
d0162301_152410.jpg

針の印刷は、針の大きさに型抜きした土台に印刷前の針を並べ、
文字板と同じ要領で印刷します。

針の大きさはさまざまだそうで、
見学した際はピンセットを使っての作業でした。

1回の印刷が終わる度に、
土台やその周辺を布で拭き取り、
針に余分なインクがつかないようにしています。

根気や細やかな配慮が必要な作業です。

【写真 製造第3課の作業風景】
d0162301_1594055.jpg

化粧品の容器を機械にセットすると、
容器が360度回転し、側面に印字されます。

正確さもさることながら、
リズムカルにスピーディーに作業することが求められています。

皆さん、黙々と作業をこなしていますが、
一長一短には行えない作業ばかりでした・・・



相原代表取締役、藤谷さん、
お忙しい所、ありがとうございました。

恒例の写真撮影は、応接室でぱちり!

【写真に向かって左側、相原 伸一代表取締役、技術課 藤谷 祐貴さん】
d0162301_14174513.jpg



この模様は・・・

10月30日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   

[PR]
by fresh-akita | 2015-10-28 09:00 | ラジオ番組取材後記

秋だな…

今年は、秋が深まるのが早いような気がしませんか…?029.gif
例年であれば、10月10日(旧体育の日)のあたりに、紅葉の名所である八幡平が紅葉の見頃を迎えるのですが、今年は初冠雪のニュースがありましたね。

そして、フレッシュワークAKITAがある秋田市御所野は、10月15日には、紅葉しているかな?といった景色になって参りました。


さて、秋といえば、行楽シーズン♪060.gif

のようです…。

今年のわたしには、無縁の言葉となっています。
珍しく体調を崩し、シルバーウィーク前から、薬づけの毎日…
たくさんお休みをいただき有給休暇が、ほとんどなくなってしまいました。 ガーン!007.gif

よって、遠出の旅行を計画することができなくなりました…。008.gif


しかーし!
秋といえば、食欲の秋でもあります!053.gif

こちらは、ほんと、どうにかして押さえたいというほどに、食欲旺盛で…
以前は、あまり見なかったグルメ番組を見てみたり…
出張の時は、行き先のルート検索をする前に、まずは「食べログ」チェック!011.gif

育ち盛りは、とっくに過ぎ、食べても身になるだけとは、分かっていても…

056.gif060.gifどうにも止まらない♪060.gif056.gif

冬になったら、ダイエットを試みると自分自身に約束をし、今日もこれから楽しい
おやつタイムにします♪060.gif

ど・れ・に・し・よ・う・か・な…
d0162301_1550672.jpg



みなさまも、健康管理には十分に留意し、食欲の秋をお楽しみくださいませ!

あ…
秋って、「スポーツの秋」とも言いますね(笑)037.gif
[PR]
by fresh-akita | 2015-10-19 15:54 | ほんの一言・・・

Job-Press on Radio< 株式会社 ホテル鹿角 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
早くも10月半ば・・・ タイヤ交換の心配をしないと・・・012.gif

今回の取材先は鹿角市十和田大湯にあります
「株式会社
ホテル鹿角」


フレッシュワークAKITA広報班メンバーが、会社を訪問しましたよ・・・

秋田市御所野の「秋田テルサ」から秋田自動車道など経由し、一路鹿角市へ・・・
国道103号線を十和田湖方面に進んでいくと、
案内看板が出てきました・・・

側道に入ると、目の前には巨大な施設が!!
d0162301_14111341.jpg

“大湯温泉郷”には、こんなに大きな宿泊施設があるんですね・・・

早速、
総務部総務課 安保 昌樹 統括課長 に、
いろいろお聴きしましょう!
d0162301_14134893.jpg


 ◇ こちらの会社について教えて下さい!
 
 ◆ 「「株式会社 ホテル鹿角」は、
     鹿角市の大湯温泉で、ホテル鹿角を運営している会社です。

     ホテル鹿角は、十和田湖の南玄関大湯温泉郷にあり、
     美しい自然と温泉情緒に包まれた、母なる里に息づいています。
     “やすらぎとくつろぎ”をコンセプトに、
     広い庭園に大きな池、大滝を配置しているホテルです。」


ホテル鹿角は、
平成8年に鹿角市、地元の観光協会、国際興業株式会社等による、
第三セクターの施設として設置されました。
d0162301_1412776.jpg


1,000㎡のコンベンションホールを有し、
359名収容可能な大型の観光ホテルとして誕生したホテル鹿角は、
平成15年に民営となり、
国際興業グループの一員として、「株式会社 ホテル鹿角」が運営しています。

ホテル鹿角が設置されている“大湯温泉”は、
800年の昔から大湯川沿いに自然湧出した温泉で、
温泉効能が素晴らしく豊富な量の湯が湧いていることから、
江戸時代にはこの地を治めていた南部藩の保養温泉地に指定されました。

その後、国立公園十和田湖の誕生により、
十和田に一番近い温泉地として知られています。

大湯温泉の開湯は、伝承によれば800年前とのことで、
とても伝統のある温泉なんですよ。


 ◇ 現在、力を入れていることは何ですか?

 ◆ 「利用者の掘り起こしに力を入れています。
    特に首都圏の利用者を増やすため、
    営業担当職員が首都圏の旅行業者に対して、
    積極的な営業活動を行っています。

    また、ブライダルを大々的にPRすべく、
    50人~60人規模の披露宴に対応出来るよう、
    レストランをバンケットホールにリニューアルするなど、
    多様なニーズに対応出来るようにしました。」


ホテル鹿角は、“観光地のホテル”というイメージが強いのですが
ホームページを見ると、神殿やチャペルがとても素敵なことが分かります。

【写真 神殿(ホテルHPより借用)】
d0162301_14145152.png

【写真 チャペル(ホテルHPより借用)】
d0162301_14153123.png


最近は、50人程の披露宴も増加していることから、
バンケットルーム「ヴィラージュ」が新登場しました。

【写真 新登場したバンケットルーム(ホテルHPより借用)】
d0162301_14162432.jpg


100名以上のお客様にも対応出来る「グランドホール天翔」もあり、
幸せなカップルの多用なニーズに対応出来る施設になっています。
お得なウエディングプランも多数あるようです。

「グランドホール天翔」は、広さ約1,000㎡。
東北でも最大級クラスのコンベンションホールで、
着席最大600名程の利用が可能だそうです。
披露宴だけでなく、大規模なイベント・会議などにも十分対応出来ますね。

【写真 グランドホール天翔(ホテルHPより借用)】
d0162301_14172483.jpg


お料理についても、きりたんぽをはじめ、
地元食材である“桃豚”を使用するなど趣向をこらし、
お客様に秋田を、鹿角を楽しんでいただいています。

近年は十和田湖観光の外国客の利用も増えているとの事で、
海外のお客様にも喜んでいただける施設ですね。

 027.gif ここで豆知識!

  海外の旅行客のことをインバウンド(inbound)というそうです。 
  直訳すると、“外から入ってくる旅行”ということで、
  一般的に訪日外国人旅行を指します。

  ちなみに・・・
  日本人が海外に旅行する事は、アウトバウンド(outbound)というそうですが、
  日本ではアウトバウンドに比べ、インバウンドの数が著しく少ないため、政府が
  「訪日旅行促進事業(ビジット・ジャパン事業)」を行い、インバウンドの数を
  増やそうとしています。



さて、「株式会社 ホテル鹿角」では、
担当業務別に5つの部門に分かれています。

 ○総務課(総務、庶務及び経理 担当)
 ○販売促進課(営業 担当)
 ○宿泊課(フロント 担当)
 ○料飲課(バンケット 担当)
 ○料理課(調理 担当)
 ※上記の他、別棟の日帰り温浴施設を担当する課(1部門)があります。

「宿泊課」、「料飲課」及び「料理課」はホテルの中心業務であり、
それぞれの課で専門性を求められますよね。

この3つがしっかり機能することで、ホテルが評価されるわけです。

【写真 フロント風景】
d0162301_14182034.jpg



では、「株式会社 ホテル鹿角」では、
どんな人材が求められているのでしょうか?

 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「接客業という事で、
    元気であることが求められます。
    明るくて、失敗を恐れない方が望ましいですね。」


元気で明るい対応は、“癒やし”に必要ですよね。


 ◇ 採用試験について、教えて下さい。

 ◆ 「採用試験は、一般常識の筆記試験と作文、
    面接の3つを実施しています。

    面接官は、支配人と料飲課長もしくは料理課長のどちらかと、
    私の3名です。

    履歴書や作文などをみながら、
    志望動機などの定型の質問と、
    応募者に合わせた質問をしています。」


質問の内容を個別に変えるのは、
応募者の特性を見極めるためだそうです。
応募者の特性をしっかり理解し、
ホテルに必要な人材かを判断しているんですね。


 ◇ 採用後の研修等について教えて下さい。

 ◆ 「新卒者については、1週間ほど座学を受けてもらいます。

    前半の研修では、組織や社内規定、食品衛生、防災・防火、
    車の安全などの知識について、学んでもらいます。
    後半はホテル周辺の観光施設の見学を行っています。

    その後、配置部署以外の仕事を約1週間ほど体験し、
    研修終了後に配属先での現地指導となります。」


新卒者については、採用後は「料飲課」もしくは「料理課」のどちらかに配属されます。

「料理課」は専門職(調理師)になることから、部署異動はないそうです。

「料飲課」の業務は、ホテル業の基礎といわれることから、
基礎をしっかり学んだ後、フロント業務や営業などを担当するようになるとか・・・

一つ一つの業務は奥が深く、熟練することが求められることもあり、
部署異動は多くはないとのことで、
所属部署で技術を磨くことが望まれているようです。


秋田県は自然豊かな県です・・・
その秋田に癒やしを求めてやってくる方を、
元気におもてなししたい方のご応募をお待ちしております。

【写真 ロビー風景】
d0162301_14191290.jpg



では、本日の若手職員をご紹介!
小塚 匠瑛 さんです。
d0162301_14193926.jpg

制服がとてもお似合いですよね・・・

小塚さんは北秋田市のご出身。
北秋田市内の高校(普通科)を卒業後、「株式会社 ホテル鹿角」に就職しました。


 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「親は進学を勧めてくれましたが、早く社会に出たかったので、
    卒業後は就職することとしました。
    
    接客業に絞って求人を探していたところ、
    こちらの求人を、見つけました。
    修学旅行でお世話になった旅館の仲居さんの接客がとても良かったことを思い出し、
    ホテルで働きたいと考えるようになったのが、応募のきっかけです。

    見学に来た時の第一印象は、
    とても広い施設でゆったりしていることに驚きました。」


数ある接客業の中からホテル業を選んだのは、
修学旅行でお世話になった仲居さんがきっかけという小塚さん・・・
人生を決める出会いって、本当にいつ出会うか分からないですね・・・


 ◇ 採用試験で覚えていることを教えて下さい。

 ◆ 「面接練習は事前に何度も行っていたのですが、
    本番は本当に頭が真っ白になり、
    聞かれた事に何とか答えられたとの記憶しかありません。」


面接ではかなり緊張した小塚さんでしたが、
無事内定を獲得!

自宅から離れ、会社の寮に入っての社会人生活が始まりました。


 ◇ 一日の仕事の流れを教えて下さい。

 ◆ 「勤務時間は、お客様のチェックイン、チェックアウトに合わせて設定されています。

    お昼頃出勤し、夜の会場を2時間から3時間くらいかけて準備します。
    休憩を経て、夕食の対応が始まります。夕食が終了後片付けを行ってから帰宅。

    翌日は、朝食の準備のため、朝早く出勤し、
    朝食が終了すると勤務も終了となります。」

【写真 取材の様子】
d0162301_1420236.jpg


親元を離れてのひとり暮らしということで、
ホームシックが心配されましたが、先輩達が気をつかってくれたそうで、
特に問題なく適応できたそうです。

披露宴などでは長時間立っているため、足が痛くなることもあるそうです。
お客様に楽しんでいただくために、ホテルのスタッフはがんばっているんですね!


 ◇ 実際に働いてみて、いかがですか。

 ◆ 「会場のセッティングなど、
    お客様をお迎えするための準備が大変ですね。

    思っていた以上にとても手数が多く、
    慣れないとさらに時間がかかります。

    入社間もない頃は、
    コースの料理を間違って出してしまったことがありました。
    
    お客様が立て込んでくると余裕を持って対応することができなくなるので、
    お客様としっかりコミュニケーションが取れるよう、
    段取りよく行えるよう努力しています。

    この仕事の一番の喜びは、お客様に喜んでいただくことだと思います。
    大変だと感じることも多いですが、
    お客様に喜んでいただけると、がんばってよかったと思えます。」


小塚さんはお客様に喜んでいただけるために、
食材やお料理のうんちくなども勉強し、
料理を提供する際にお客様にお話ししているそうです。

また、「日本の宿 おもてなし検定」も受検し、
おもてなしの技術や知識の向上にも励んでいます。

お休みの日はドライブに出掛けたり、
映画を見に行ったして気分転換を図っているという小塚さん・・・

将来は、フロントにもチャレンジしてみたいと話してくれました。

小塚さん、お忙しい所、ありがとうございました。


恒例の記念撮影は、ホテルのお部屋でぱちり!  

【写真に向かって、向かって左側 総務部総務課 安保 昌樹統括課長、小塚 匠瑛さん】
d0162301_14205787.jpg



この模様は・・・

10月16日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   
[PR]
by fresh-akita | 2015-10-14 09:00 | ラジオ番組取材後記

フレッシュワーク通信 Solana 26号 「就職活動クイズ」の答え

みなさん、こんにちは。040.gif

日頃より、フレッシュワークAKITAをご利用いただき、ありがとうございます。040.gif

さて、”フレッシュワーク通信『Solana ~ そらな ~ 』” 26号に掲載しました、
「就職活動クイズ」、チャレンジしていただけましたか?

「常識でしょう?」という方も多かったと思います。

それでは、正解を発表しますね058.gif


今回のクイズは、名刺交換に関する問題でした・・・

d0162301_11215819.jpg




では正解を見てみましょう。


正解は「1」です。


相手が座っているとおりに机に並べる・・・
よくやってしまいますよね。
※私もしっかりやっています・・・012.gif

でもこれ、マナー違反です!!

本来は、
名刺をもらって、
相手の肩書きと名前を確認したら、
すぐに名刺入れや鞄の中にしまうのが、
正しいマナー
なんです。


名刺はその人そのものを表すと考えますから、
ぞんざいに扱うとその人自身をぞんざいに扱うことになります。005.gif

そのため、名前が覚えられないからといって、
ずーっとテーブルに出したままにしておくのは、
実は失礼な行為なのです。

しかし・・・
人間が1度に覚えられるのは3つまでとされていますから、
実際は4名以上になると名前を覚えきれません008.gif

そんな時は、しばらく名刺をテーブルに出したままでもよいとされており、
覚えた時点でしまうように心がけましょう。

また、相手が複数いる場合、上司だけ名刺入れの上に載せておくというのも、
他の人に失礼な行為に当たります。《要注意ですよ!》034.gif



d0162301_11521853.jpg


名刺をもらってすぐに行うこと!
名前を確認する事です。

珍しい名字や下の名前が読みにくい場合は、
「何とお読みするのでしょうか?」と確認して下さい。
長期の人間関係を望んでいることを、暗に伝えられるので、
相手に好印象を与える事に繋がります。


名刺に関して、ワンポイントアドバイス!

名刺をもらった時は、
会社の名前や住所などをきっかけに話題を広げてみましょう!

「会社は、手形なのですね。
私、大学が手形だったので、とてもなじみがあります。」

「とても独創的な社名ですが、どんな由来があるのですか?」
など、そんな話を少し入れると、場が和みます。

名刺のデザインに趣向が凝らされたり、変わった紙が使われていたりといった、
相手のこだわりに気がついた時には、そのことに触れると良いですね。



最後に・・・
名刺へのメモ書きは、NGなんですよ!!!

どうしても忘れたくない、名刺に書き込みたい情報がある場合は、
本人の目の前ではなく、自分のデスク等に戻ってから書き込んで下さいね。


これかも、就職に“ちょっと役立つ”事柄をクイズ形式でお届けいたします!

それでは、次回の「就職活動クイズ」もお楽しみに!!
[PR]
by fresh-akita | 2015-10-08 09:00

Job-Press on Radio< 株式会社 小板橋建設 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
初冠雪のニュースも聞こえてきました。秋が過ぎていきますね・・・012.gif

今回の取材先は鹿角市花輪にあります
「株式会社
小板橋建設」


フレッシュワークAKITA広報班メンバーが、会社を訪問しましたよ・・・

秋田市御所野の「秋田テルサ」から、
秋田自動車道などを経由し、一路鹿角市へ・・・

国道282号線“通称「十和田八幡平四季彩ライン”を八幡平方面に進んでいくと、
道路沿いの看板と建物を発見!
d0162301_9313422.jpg


素敵な外観の建物ですよね・・・
d0162301_13493355.jpg


早速、 小板橋 広吉 代表取締役社長
に、いろいろお聴きしましょう!
d0162301_9324232.jpg


 ◇ こちらの会社について教えて下さい!
 
 ◆ 「「株式会社 小板橋建設」は、
    総合建設業として、一般戸建住宅から商業施設、
    公共施設などの建築・修繕、土木工事や管工事、内装工事など
    幅広く手がけている会社です。」


「株式会社 小板橋建設」は、
昭和41年に創業し、翌42年に設立されました。

創業者である現会長が、
兄と一緒に経営していた会社から独立したことに始まるそうです。

大工だった会長が、5~6名の従業員と始めた会社は、
平成元年には宮城県利府町に支店を設ける企業に成長しました。

地元鹿角市では、
9月16日に完成、20日にオープンセレモニーが行われた武道場の建設に携わったり、
大手ゼネコンの下請け(サブコン)も行っていることから、
大規模施設の建設や修繕などを行う会社というイメージが強いかもしれませんが、
一般戸建住宅ももちろん請け負っています。

会社のホームページを見ると、
戸建住宅の施工実績や内覧会のお知らせなども見る事が出来ます。

最近施工した住宅には、“無落雪屋根”を導入しているそうで、
雪国の生活をサポートする家造りをしているんですね。


社内は3つの部門に分かれています。

 ○事務部(総務・経理を担当)
 ○営業部(営業活動や公共事業の入札等を担当)
 ○工事部(建築、土木、工務など、現場を担当)

社員のほとんどが工事部に所属しているそうですが、
「株式会社 小板橋建設」のすごい所は、多種多様な技術者が所属していること!

工事の規模によっては、外部の会社等に協力を依頼しますが、
工事の工程で必要となる技術者を社員で担う事ができるそうです。

例えば、
足場設置は“とび職”と言われる専門業者に外注することが多いと聞きますが、
「株式会社 小板橋建設」では、
自社の社員でこなすことができるそうです。


大工もいろいろな種類があるそうで・・・

家屋を造る家大工(やだいく)やコンクリート打込み用の型枠を作りこむ型枠大工、
主にRC造(鉄筋コンクリート構造)等の住宅やマンションの内部の造作、
プレカット木造住宅の内部の造作を行う造作大工など、
細かく分かれているんですよ~!

「株式会社 小板橋建設」には、一人で何役もこなす“多能工”が多く所属しているとのことで、
社員の技術力の高さが覗えますよね・・・

「株式会社 小板橋建設」では、
社員の資格取得も積極的に支援しています。

資格手当の支給の他、
仙台市で試験が行われる際には、仙台利府支店を宿泊先として提供しています。


 ◇ 現在、力を入れていることは何ですか?

 ◆ 「地元の若者を技術者として育成することに、力を入れています。
   
    県北地方における大工等建設業の技術者は、
    平成12年がピークだったそうです。

    一時期62万~63万人いた技術者が、
    東日本大震災の頃には42万人にまで減っていました。

    今後、技術者の30%が60歳以上になることを考えると、
    今から、若手技術者を育てていかなければなりません。

    また、秋田県の人口減が著しい中、
    計算上、就学児童が全て地元に残ったとしても、
    人口減少を食い止めることが出来ない状況もあり、
    一人でも多くの若者が地元に残って技術者になることが、
    急務と考えています。」


業界の危機に直面し、一人でも多くの若者を地元に、
技術者にと考えている小板橋代表取締役社長・・・

東日本大震災では、地元の病院や商店に工事で使用している発電機を貸し出したり、
翌日には仙台利府支店の社員の元に、
ガソリンと飲料水を持参して駆けつけたそうです。

その後も、鹿角本社から社員を仙台利府支店に派遣し、
被災地区の仕事を優先的に行いました。

とても気持ちの熱い方なんです。
そんな、小板橋代表取締役社長が求める人材とは・・・


 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「やる気が大切ですね。そして、元気があることです。

    もちろん、大学等に進学し、
    専門の勉強をしている方が望ましいですが、
    気持ちがあれば、未経験の方でも採用しています。」


大学等で土木や建築を専攻すると、
現場管理に関する資格が最短で取得出来るそうです。

現場管理を希望している方は、是非、大学に進学して欲しいとのことですが、
未経験であっても“地元に残ってがんばりたい”と強く希望する方は、
応募して欲しいそうですよ。


 ◇ 採用試験について、教えて下さい。

 ◆ 「採用試験は、面接のみ行っています。
    面接官は事務長と2名で行いますが、
    志望動機などの一般的な質問事項や、
    入社してからやってみたいこと、学校生活についてなどを質問しています。

    確認したいのは、やる気の他、
    コミュニケーション能力や体力ですね。

    仕事柄、多くの人と一緒に仕事をするため、
    コミュニケーションを取れないと、仕事に支障が出ます。」


建設業というと、いわゆる“男の世界”というイメージですが、
「株式会社 小板橋建設」には、
女性の大工さんもいるそうです。

仙台利府支店には、20代の女性社員がいます。
大手建設企業から大工を志して、
「株式会社 小板橋建設」に転職しました。

大工として覚えなければならない基本的な技能を身につけるため、
働きながら塩釜市内の職業訓練校に通っているそうです。

「株式会社 小板橋建設」ではやる気があれば、
性別に関係なく採用していくそうですよ。


 ◇ 採用後の研修等について教えて下さい。

 ◆ 「採用初日は私が講師となり、
    業務に必要となる基本的な知識について説明します。

    具体的には、安全教育に関するビデオの視聴や、
    自動車等の運転に関する事、また、6S運動などについて、
    説明しています。

    翌日からは、現場で先輩社員から直接仕事の指導を受けますが、
    新卒者や未経験者については、
    訓練校で大工に必要な基本的な技術を学んでもらいます。」


 027.gif ここで、豆知識! 
 「6S運動」について、学んでおきましょう。

 
 ・整理
 ・整頓
 ・清掃
 ・清潔
 ・躾
 ・作法


上記の項目は、当然、心がけるべき“当たり前”の項目と思われるかもしれません。

 「仕事の効率がよくなる」、「快適な職場で気持ちよく仕事が出来る」など、
効率向上、品質向上、在庫削減、コスト低減、安全確保、故障低減、
環境美化のメリット以外に、
最近では企業の競争戦略として“現場力”を強化する最も確実な取り組みとして、
経営者に見直されているそうです。

“現場力”は、さまざまな要素で成り立つものですが、
当たり前の6Sを徹底するだけで、
ゆるぎない“現場力”を確立し、強化することができるといいます。

“現場力”を強化し、
不況に強い骨太の企業を目指す経営者が、増えているそうですよ。



「株式会社 小板橋建設」は、2009年には女性が働きやすい職場造りが認められ、
秋田県「男女イキイキ職場」知事表彰を受賞しています。

女性にも未経験者にも優しい企業ですよね・・・

地元でがんばりたい、地域を盛り上げたいという方の応募を、
お待ちしております。



では、本日の若手職員をご紹介!
姥貝 昌也 さんです。
d0162301_10243950.jpg


とても珍しい苗字ということで、すぐに苗字を覚えてもらえるそうですが、
反対に名前を覚えてもらえないそうです。


 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「幼い頃から家族と集合住宅に住んでいたので、
    友人の家に遊びに行く度に、新築戸建住宅に住みたいと思っていました。

    高校を卒業するに当たり進学も考えましたが、
    親の意向もあり地元で就職する道を選択しました。

    応募する企業を選ぶため、求人票を見ていた時に、
    戸建住宅に憧れていたことを思い出し、
    新築戸建住宅を建てるという夢を自ら実現させるために、
    入社を希望しました。」


姥貝さんは地元鹿角市のご出身。
花輪高校の普通科に進学し、陸上部では短距離で汗を流していました。

ご家族の希望を尊重し、地元で働ける職場を探したところ、
姥貝さんの目に留まったのが、「株式会社 小板橋建設」の求人だったそうです。


 ◇ 採用試験で覚えていることを教えて下さい。

 ◆ 「面接の順番が一番最初だったので、とても緊張しました。
    志望動機や、入社してからがんばれるかなどを聞かれましたが、
    どのようの答えたかは、はっきり覚えていません。
    一生懸命答えたのは確かです。」


面接の順番が一番だったことで、かなり緊張してしまったようですが、
一生懸命答えたので面接をやりきったと感じたいう姥貝さん・・・
結果はもちろん採用決定!


 ◇ 仕事について、教えて下さい。

 ◆ 「訓練校に通いながら、現場で仕事を教えてもらっています。

    一番大変なことは、たくさんある道具の名前を、
    覚えられていないことですね。
    木造とコンクリートの家では使用する道具も異なるので、
    覚える事がとても多いです。

    まだまだ仕事に慣れたとはいえませんが、
    毎日出勤することが楽しいです。

    職人というと、怖いイメージがありましたが、
    先輩達は優しく、親切な人ばかりなので、
    仕事で不安になることはありません。

    やりがいまでは感じられてはいませんが、
    先日、建設中の住宅に石膏ボードを貼り付けた際、
    とてもきれいに仕上がったので、とても嬉しくなりました。」


経験豊富な先輩社員に教わりながら、
大工としてのステップを踏み始めた姥貝さん・・・

厳しい部活動を経験し、体力には自信があったそうですが、
大工の仕事はやはりハードだったそうです。

毎週金曜日は訓練校に通い、
大工として必要な基本技能を教わっています。
実際の現場ではなかなか細かいところまで時間をかけて指導を受ける事が難しいため、
訓練校で指導を受けられることは、とても有意義なようです。

大変だけれども、少しずつ出来る事や分かることが増えていき、
大工としての手応えを感じ始めている姥貝さん・・・

【写真 インタビューの様子】
d0162301_11303028.jpg


 ◇ 仕事で心がけている事はありますか?

 ◆ 「先輩の指示をきちんと聞く事ですね。

    仕事に慣れていないため、自分の判断で仕事を進めないよう、
    一つ一つ指示を受けて、確認しながら作業しています。」


インタビューをしていると、姥貝さんの誠実さが感じられましたが、
仕事ぶりも誠実なんですね・・・


 ◇ 今後の目標について教えて下さい?

 ◆ 「将来は、
     この分野なら自分が一番だと言われる様になれたら嬉しいです。」


姥貝さんは植物を育てるのが好きで、自宅でクリスマスロースなどを育てているそうです。
将来は、植栽に精通した大工さんが誕生するかも?

姥貝さん、お忙しい所、ありがとうございました。


恒例の写真撮影は、取材を行った応接室でぱちり!

【写真に向かって、左側から 小板橋広吉 代表取締役社長、姥貝昌也さん】
d0162301_13495441.jpg



この模様は・・・

10月9日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   
[PR]
by fresh-akita | 2015-10-07 09:00 | ラジオ番組取材後記