ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お天気

毎日ひどいお天気ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

一雨ごとに冬が近づいているような気がします。

今、私のまわりは、マスクをした人だらけ042.gif

風邪をひいている人、予防の人など・・・。

体調が悪いと集中力も途切れますものね。
就職活動は健康第一、体調管理には気をつけましょう066.gif

そう言えば、最近事務所内が乾燥気味・・・、
私も鼻の中の乾燥が気になっておりました034.gif
「乾燥」は風邪に大敵です。
加湿、のどを潤すなど、こまめにケアしたいものです。

で、「乾燥」と検索してみると、面白いサイトを発見しました。

“日本気象協会 tenki.jp ”ご覧になったことありますか?

全国の天気はもちろんのこと、様々な気象予報士の方が天気について
語っています。(参考になります)034.gif

中でも私が気に入ったのは“指数情報”
のどあめ指数や服装指数、お出かけ指数など、見ていて面白いです034.gif

興味がありましたら、のぞいてみてください。

今、防災情報を除くと、秋田県だけ真っ赤になっています。
暴風警報発令だそうです。
気をつけて過ごしましょう057.gif







 
[PR]
by fresh-akita | 2013-11-27 16:45 | ほんの一言・・・

Job-Press on Radio< デイサービスセンター清川の里 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
風と雨の日が続いています・・・ 雪よりは良いのかぁ?012.gif

今回の取材先は、横手市清川町にあります
「デイサービスセンター
清川の里」


フレッシュワークAKITA広報班メンバーが、訪問しましたよ・・・

取材先は、フレッシュワークAKITAがある秋田市御所野から、
一般道で1時間30分ほどの場所です。

横手市内(横手地域)の国道107号線「地域振興局入口」交差点から、
県道272号線に入ります。
JR北上線を跨ぐために大きくアップダウンする道路を進むと、
「旭川1丁目」交差点が見えてきます。

この地域は、平鹿地域振興局やハローワーク横手、
横手労働基準監督署など、官庁が多く設置されています。

道路から少し奥まったところに、施設を見つけました!!
d0162301_1753062.jpg


早速、 松井 崇 副管理者 に、いろいろお聴きしましょう!
d0162301_1754130.jpg



 ◇ こちらの施設について教えて下さい!
 
 ◆ 「「デイサービスセンター清川の里」は、
    横手市内にお住まいの高齢者の方に、介護サービスを提供している施設です。

    デイサービスセンターの他、ケアプランセンター、ショートステイも併設しており、
    利用者の方に安心してサービスをご利用いただける体制を整えています。」


「デイサービスセンター清川の里」は、
有限会社ミツイ設計が運営する施設として、平成14年に設立されました。

平成12年4月に介護保険制度が導入され、
異業種から介護在宅サービスの分野で民間事業者による参入が認められるようになり、
利用者はサービスを自由に選択できるようになりました。

これにより、福祉分野にも市場の競争原理を導入し、
多様で効率的なサービスの提供を行う必要が求められるようになったといいます。

有限会社ミツイ設計の代表である 金沢 純治氏は、
11年前に介護事業への参入を決意し、
本社と同じ敷地内に「デイサービスセンター清川の里」を立ち上げました。

平成14年5月の開設当初は、デイサービスセンターのみでしたが、
同年7月にデイサービスセンターと同敷地内にケアプランセンターを開設、
平成16年8月にショートステイが加わりました。


027.gif ここで、豆知識!
 ●デイサービス(通所介護)
  在宅の要支援者・要介護者に通ってもらい、
  (送迎し)入浴・食事の提供とその介護、生活等についての相談助言、
  健康状態の確認等の他、日常生活の世話と機能訓練を行うものです。

 ●ケアプランセンター
  ケアマネージャー(介護支援専門員の資格者)が、
  介護に関する相談、要介護認定の申請代行を行う施設のことです。
  
  要介護認定後は、ご本人やご家族の意向を元に、
  介護を利用される方が可能な限り、
  ご自宅においてその方の能力に応じた日常生活を営むことができる様、
  ご本人に合った介護サービス計画を作成します。
 
 ● ショートステイ
  在宅の要支援者・要介護者に対し、
  短期間の入所・入浴・排泄・食事等の介護・日常生活上の世話や
  機能訓練を提供するものです。


ケアプランセンターで必要な介護サービスの計画(ケアプラン)を作成してもらい、
ケアプランに基づいて、デイサービスやショートステイを利用する・・・

3つの機能を有しているので、一つの施設で完結するんですね!


 ◇ 施設名の由来を教えて下さい。

 ◆ 「施設の所在地が横手市清川町なので、地名から名付けられたそうです。」

こちらは、施設のロゴです。
d0162301_14402164.jpg

左側のデザインは、施設名の"清川の里"の頭文字 ” K ” を、
緑(山)と水色(水・川)で表現・・・

右側のイラストは、高齢者(=利用者)と若者(=介護者)そして、子供なんです!

すがすがしくて、ほっこりするロゴマークですよね!
でも、なぜ"子供"が書かれているのか・・・ それは、後ほど・・・ 


 ◇ 利用されている方の状況について、教えて下さい。
 
 ◆ 「デイサービスは年中無休で受入を行っていますが、
    頻度は、週2~3回利用してる方が多いですね。

    横手市全域が担当区域となりますが、送迎を行う関係から、
    デイサービスの利用者は、横手地域の方となります。

    朝、ご自宅に送迎を行い、午前中は入浴、
    午後は各種レクリエーションをしています。

    レクリエーションの一環で外出することもあり、
    春の桜に始まり、秋は紅葉、菊祭りなどにでかけます。
    また、近くにある『道の駅さんない』への買い物もとても好評です。

    ショートステイは、20名の定員ですが、常時8割~9割が埋まっています。
    7対3で女性の方が多いですね。

    施設の方針として、ベッドに寝かせっぱなしにせず、
    可能な限り、離床(寝床からおこす)してもらうように働きかけています。」

【写真 施設内の様子 ※施設ホームページより】
d0162301_14555993.jpg



ショートステイを利用した方の中には、
離床を行ったことで、自ら動く意思を見せた方もいらっしゃったそうです。

離床が進むことにより食事、排せつ、清潔などの
日常生活を自立して行うことが可能になる他、
交流も広がるため、知的・精神的活動を活発化することが期待されています。

介護サービスでは、
高齢者のQOL(生活の質)を向上させる取り組みが欠かせないですよね。

【写真 居室の様子 ※施設ホームページより】
d0162301_14573864.jpg



 ◇ 他にも、施設を運営されているそうですが・・・

 ◆ 「「デイサービスセンター清川の里」と同じ敷地内に、
     事業所内託児所『あたごキッズ』があります。

     また、宮城県角田市で、
     サービス付き高齢者賃貸住宅『暖々の里』を運営しています。」

事業所内託児所「あたごキッズ」は、平成20年11月に開設。
0歳~就学前までの乳幼児を対象とし、定員は15名となっています。

「デイサービスセンター清川の里」と同一敷地内にあるので、
デイサービスやショートステイ利用者との交流を図っており、
誕生日や敬老会などのイベント以外にも、
子どもたちは、帰宅する際に毎日挨拶に訪れるそうです。

高齢者にとって、子どもたちとの交流はプラスに働くことが多く、
子どもたちが来ると、表情がよくなる方が多いそうです。

ロゴマークの謎、解けました?


宮城県角田市にある「暖々の里」では、
サービス付き高齢者賃貸住宅の他、
デイサービス・訪問介護ステーション・
居宅介護支援事業所(ケアマネージャー)が同建物内にあり、
賃貸住宅の入居者は、全てのサービスが利用できるそうです。


秋田県、宮城県で施設を運営しているなんて、すごいですよね!
そんな施設で求められる人材とは、どんな人材でしょうか?


 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「思いがある方を希望しています。

    抽象的かもしれませんが、『自分はこうしたい』という熱い気持ちを持っていると、
    少々大変なことがあっても、乗り越えることができると考えています。

    また、職員は協力し合って仕事をするため、協調性のある方が望ましいです。

    明るさ、元気の良さも大切ですね。」


「デイサービスセンター清川の里」で働くためには、資格が必要です。
しかし、資格によっては、入社後に取得してもらうことも可能だそうです。

介護に必要な資格+熱い思い!
これが大切なんですね!

ちなみに、「デイサービスセンター清川の里」で職員の方が持っている必要な資格は、
下記のとおり・・・

 ・ホームヘルパー(2級以上)
 ・介護福祉士
 ・社会福祉主事
 ・看護師
 ・ケアマネージャー

【写真 事務所の様子】
d0162301_14591033.jpg



 ◇ 採用試験について、教えて下さい。

 ◆ 「採用試験は、面接のみとなっています。
     事前の書類選考は行いませんので、
     応募された方には、全員、面接を行っています。

     面接は、個人面接で、応募者1名に対して面接官は2名~3名です。

     面接時に施設の説明を行い、
     運営方針等に賛同してもらえるかを確認しています。

     また、こちらの施設で働く上での思いの強さを、
     様々な質問をすることで図っています。」


一緒に働く仲間を選ぶ際には、
志が同じであるかということは、とても重要です。
そのため、面接時に施設の説明を行い、
応募者に確認を求めているそうですよ。


 ◇ 採用後について、教えて下さい。

 ◆ 「採用後2ヶ月間は試用期間となるため、
    専任の担当職員がついて指導を行い、試用期間終了後は単独で業務を行います。

    その後の研修は、不定期に様々な分野の専門家に依頼し、
    講義を行ってもらいます。

    今まで開催したものでは、
    感染症予防や認知症に関する講義の他、
    おむつメーカーの担当者による、おむつの正しいあて方なども行いました。」


新しい事にチャレンジする会社なので、
職員の知識向上のため、研修にも力を入れているんですね・・・


 ◇ 最後に、就活中の方にメッセージをお願いします。

 ◆ 「いろいろな人と会うこと、いろいろな経験をすることがとても大切です。
    経験が少ない人は、トラブルが発生しても対処できず、
    精神的にもろいと思います。

    積極的に、チャレンジしてみて下さい。」



それでは本日の若手職員をご紹介!
デイサービス担当介護員
高橋 慶信 
 さんです。
d0162301_1429915.jpg


現在、39歳の高橋さん・・・
平成24年11月に「デイサービスセンター清川の里」 に採用されたそうです・・・


 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「妻が看護師をしており、
    介護の仕事についていろいろと話を聞く機会があったことが、
    介護の仕事に興味を持ったきっかけです。」

    
小学校、中学校では剣道、
高校ではサッカーとスポーツに打ち込んでいた高橋さん・・・

地元、横手市内の高校を卒業後に就職したのは、
学生時代にアルバイトをしていたスポーツ用品店でした。

7~8年勤務した頃に、転勤の話が持ち上がり、
家族と離れることはできないと考えた高橋さんは、
スポーツ用品店を退職しました。

転職したのは、家電の運送を行う運転手の仕事・・・
横手市を中心に配達するのですが、
秋田市内や宮城県に行くこともあったそうです。

運転手の仕事は、とても朝が早く、
子どもたちの世話が出来ないことから、
10年ほど勤務して退職することになりました。

家庭と仕事の両立ができる仕事ということで、
特に職種を絞らずに転職先を考えていた高橋さんですが、
看護師の妻の影響で介護の仕事に興味を持ったそうです。

ハローワークで介護の仕事を探してみると、
多くの施設が、資格を持っていることが応募の条件になっていたそうです。

そんな中、採用後に資格を取得すればよいと記載されていたのが、
こちらの施設だったそうです。


 ◇ 採用試験は、いかがでしたか?

 ◆ 「緊張していたので、何を質問され、どう答えたか、覚えていません。
    結果が出るまで、とても心配でした。」

めでたく採用となった高橋さん・・・
働きながら約3ヶ月でホームヘルパー2級の資格を取得したそうです。


 ◇ 就職してみて、いかがでしたか?

 ◆ 「経験のない仕事への転職でしたが、
    向いてないと感じることはありませんでした。

    もちろん、慣れていないために大変だと感じることがあります。
    しかし、どんな仕事であったも大変なことはありますから、
    介護=大変な仕事=向いていない とは考えていません。

    人相手の仕事なので、どのように接したら良いのか、
    特に、認知症の利用者に対して、普通に説明したのでは伝わりません。

    まずは、利用者の気持ちを組むことに時間を割き、
    その上で、こちらの気持ちを伝えるようにしています。」

【写真 仕事中の高橋さん】
d0162301_10215334.jpg



確かにどの仕事に就いても、大変なことはあります。
しかし、大変なことが多いと乗り越える前に気持ちがくじけ、
「向いていない」という言葉で片付けてしまうことってありますよね・・・

高橋さんの言葉、とても胸に響きました・・・


 ◇ この仕事を初めてよかったことは何ですか?

 ◆ 「利用者との触れ合いの中で、利用者といっしょに心から笑っていることが、
    本当に嬉しいなぁと思っています。

    また、徐々に利用者の方が話しかけてくれるようになったことも、
    うれしかったことですね。

    スタッフ同士は仲良しですが、
    業務上適切ではない点については、しっかり指摘してくれるため、
    本当に働きやすい職場です。」


入社後1年が経過し、更に上位の資格を取得したいと話す高橋さん・・・
本当に前向きですよね!


 ◇ 一日の仕事の流れを教えて下さい。

 ◆ 「朝、8:30までに出勤し、その日の準備を行います。
    その後、利用者の送迎を行います。
    送迎に使う車は、軽自動車やワンボックスカーなど、様々ですね。

    送迎が済むと、午前中は入浴介助を行います。
    入浴は、毎日行っています。

    利用者が個別の活動をしている時は、
    状況を見守り、必要に応じて介助しています。    

    昼食時は、必要に応じて介助を行います。
    午後は、レクリエーションを行っています。

    夕方には、再び利用者の送迎を行い、
    一日の仕事が終了します。」


デイサービスに求められているのは、日常であると話す高橋さん・・・
利用者が自宅にいるように、井戸端会議が行える雰囲気が大切であり、
介護する側だからといって、自分の気持ちを押しつけず、
自然体で接していきたいと考えているそうです。

お休みの日は、家でゆっくりして過ごす高橋さん・・・
まだまだ、子どもたちに手がかかるので、
大好きなサッカーを再開するのは、もう少し先になりそうです。

父親として、介護職員としてのさらなる活躍をお祈りしています。


恒例の記念写真は、社用車の前でぱちり!
【写真に向かって、左側から2番目の男性 金沢 直樹管理者、
左側から3番目の男性 松井 崇副管理者、右側から2番目の男性 高橋 慶信さん】
d0162301_14263318.jpg



この模様は・・・

11月29日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   
[PR]
by fresh-akita | 2013-11-27 09:00 | ラジオ番組取材後記

秋田県立西目高等学校の皆さんがいらっしゃいました

みなさん、こんにちは。001.gif

11月15日は、西目高校1年生の生徒さんが、

フレッシュワークAKITAにいらっしゃいました!


ここのところ中学生への応対が続いていたので

久しぶりの高校生は迫力があります・・・・運動部の皆さんがとっても元気でした!

さて、
写真は、職業適性診断「キャリアインサイト」をしている様子
d0162301_13121458.jpg


DVD視聴「自分に合った職業の見つけ方」
d0162301_13173484.jpg


こちらは、女子の班。
図書の時間では、職業に関する本を手にする生徒さん、
好感の持てるメイクの本を読む生徒さん、様々に活用されていました。
d0162301_13192495.jpg


西目高校の皆さん、ご来訪ありがとうございました058.gif

今月は、もう一校、外旭川中学校さんがいらっしゃる予定です。
その様子は、またこちらのブログでご報告いたします。
[PR]
by fresh-akita | 2013-11-22 13:38 | 団体利用

晩秋

皆様、こんにちは。029.gif

今年もまた寒い季節がやってきました。

この時期になると、「干し柿」用の柿を吊るして

いるお宅を目にしますね。004.gif

実は、私も渋柿を頂きまして、干し柿作りに挑戦

してみましたが、まずは皮を丁寧に剥き、ヘタの

所に紐で結わいていくのですが、これが・・・

秋田弁で「まんず!めんどくせっけ」042.gif

だったもんで、何か、いい案はないか四苦八苦の

あげく、思いつきました。034.gif

それは、串揚げ用の串に柿を刺して、結ぶのは串の

部分にしてみたところ、簡単でとても早く出来上がり

ました。066.gif

写真を添付しましたので、ご覧下さい。

串から柿が落ちないことをただただ・・・願うばかりです。042.gif
d0162301_10251086.jpg

[PR]
by fresh-akita | 2013-11-19 10:20 | ほんの一言・・・

Job-Press on Radio< 社会福祉法人北秋田市社会福祉協議会 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
秋田市内でも初雪を観測! いよいよ冬ですね~012.gif

今回の取材先は、北秋田市花園町にあります
「社会福祉法人
北秋田市
社会福祉協議会」


フレッシュワークAKITA広報班メンバーが、訪問しましたよ・・・

取材先は、フレッシュワークAKITAがある秋田市御所野から、
一般道で約2時間ほどの場所です。

JR奥羽線「鷹ノ巣駅」から、垂直に伸びた市道を駅を背に進みます。
こちらは、鷹巣地区の繁華街、アーケード商店街となっております・・・

鷹ノ巣駅から600メートルほど進むと、
左手側に「NTT東日本鷹巣ビル」が見えてきました・・・

こちらのビルの1Fに事務所があるようです・・・
d0162301_1135071.jpg


ビルの隣にはSLを静態保存している公園があるので、
とても分かりやすい場所にあります。

この地域は、北秋田市役所や鷹巣年金事務所など、
官庁が多いんですよ・・・
車でも、JRや秋田内陸縦貫鉄道、そしてバスでも利用し易いんです!



早速、 堀田 智宏 事務局次長兼総務部長 に、
いろいろお聴きしましょう!
d0162301_1143676.jpg



 ◇ こちらの団体について教えて下さい! 

 ◆ 「「社会福祉法人北秋田市社会福祉協議会」は、
     市民の皆さんが安心して生活できるよう、
     相談援助と共に地域福祉業務、介護保険事業、
     その他市からの委託事業等、広範囲にわたって事業を実施しています。」


平成の大合併により、4つの町が合併して北秋田市が誕生!!
各町(鷹巣町、合川町、森吉町及び阿仁町)に設置されていた社会福祉協議会も、
平成17年3月に合併し、
「社会福祉法人北秋田市社会福祉協議会」が誕生しました。

合併後は、旧町単位に支所等を設置し、
北秋田市全域を管轄として業務を行っています。

皆さんには、”社協”という愛称で親しまれていますよね!


027.gif ここで、豆知識!
 社会福祉協議会について、勉強してみましょう!!

 社会福祉協議会は、
  民間の社会福祉活動を推進することを目的とした営利を目的としない民間組織です。
  昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会福祉法」)に基づき、
  設置されているそうです。

  社会福祉協議会は、それぞれの都道府県、市区町村で、地域に暮らす皆様のほか、
  民生委員・児童委員、社会福祉施設・社会福祉法人等の社会福祉関係者、
  保健・医療・教育など関係機関の参加・協力のもと、 
  地域の人びとが住み慣れたまちで安心して生活することのできる
  「福祉のまちづくり」の実現をめざしたさまざまな活動をおこなっています。

  たとえば、各種の福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援、
  共同募金運動への協力など、全国的な取り組みから地域の特性に応じた活動まで、
  さまざまな場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。

  そして、私達が住んでいる地域で活動しているのが、
  市区町村社会福祉協議会(市区町村社協)と呼ばれる団体です。

  高齢者や障害者の在宅生活を支援するために、
  ホームヘルプサービス(訪問介護)や配食サービスをはじめ、
  さまざまな福祉サービスをおこなっているほか、
  多様な福祉ニーズに応えるため、
  それぞれの社協が地域の特性を踏まえ、
  創意工夫をこらした独自の事業に取り組んでいます。

  地域のボランティアと協力し、
  高齢者や障害者、子育て中の親子が気軽に集える「サロン活動」を進めているほか、
  社協のボランティアセンターではボランティア活動に関する相談や活動先の紹介、
  また、小中高校における福祉教育の支援等、
  地域の福祉活動の拠点としての役割を果たしています。

  社会福祉協議会は、地域のさまざまな社会資源とのネットワークを有しており、
  多くの人びととの協働を通じて地域の最前線で活動しています。

【全国社会福祉協議会 ホームページより抜粋】



秋田県には、
県内の各市町村に1カ所、社会福祉協議会が設置されています。(27団体)

市町村社会福祉協議会の他に、
県域での地域福祉の充実をめざした活動をおこっているのが、
都道府県社会福祉協議会

都道府県社会福祉協議会の連合会として、
全国段階の社会福祉協議会として設置され、
全国の福祉関係者や福祉施設等事業者の連絡・調整や、
社会福祉のさまざまな制度改善に向けた取り組み、
また社会福祉に関する図書・雑誌の刊行、
福祉に関わる人材の養成・研修といった事業を通じて
わが国の社会福祉の増進を諮っている全国社会福祉協議会があります。

市町村社会福祉協議会と都道府県社会福祉協議会は、
それぞれが独立した団体で、
民間企業のような”本店・支店”の関係ではないそうです。

しかし、市町村社会福祉協議会では対応できないような
大規模災害の支援や職員の研修などは、
都道府県社会福祉協議会で行うなど、業務上の連携や支援を受けているそうですよ。

平成19年9月17日の豪雨により、
能代市と北秋田市は甚大な被害を受けました。

「社会福祉法人北秋田市社会福祉協議会」が立ち上げた、
「北秋田市災害ボランティアセンター」には、
秋田県社会福祉協議会の多大なる支援があったそうです。


 ◇ 事業の内容について、教えて下さい。
 
 ◆ 「「社会福祉法人北秋田市社会福祉協議会」 では、
     沢山の事業を行っていますが、その中でも、『地域福祉』に力を入れています。

     財源は、自主財源(介護事業収入や寄付金会員などからの会費収入等)の他、
     市からの補助金などで運営していますが、
     今後は自主財源をより一層確保し、
     地域福祉の充実を図って行きたいと考えています。」


「社会福祉法人北秋田市社会福祉協議会」 で実施している
代表的な事業は下記のとおり・・・

 〈地域福祉〉
   ●介護職員初任者研修
   ●福祉教育応援事業
   ●ひとり暮らし高齢者交流会
   ●世代間交流事業
   ●介護予防教室
   ●介護教室
   ●ふれあいいきいきサロン
   ●高齢者防火査察
   ●新生児への贈呈(ほほえみ祝い金)
   ●地域安全活動
   ●全戸訪問活動
   ●生活福祉資金

 〈在宅福祉活動〉
   ●緊急通報システム
   ●あんしん電話帳
   ●家族介護用品支給
   ●「食」の自立支援・「食」の見守りネットワーク
   ●福祉の雪事業
   ●外出支援サービス
   ●生活管理指導員派遣事業
   ●生活管理指導短期宿泊事業
   ●生活支援ハウス

 〈介護に関すること〉
   ●介護保険サービス
   ●障がい福祉サービス
   ●その他のサービス

 〈子育て支援・児童館〉
   ●児童館
   ●子育てサポートハウス わんぱぁく
   ●もろびこども園(児童発達支援事業)

 〈ボランティア活動〉
   ●ボランティアセンター
   ●ボランティア団体紹介
   ●ボランティア団体活動助成

これらの事業を本所(北秋田市花園町)と
旧町単位に設置している地域福祉センターで実施しています!
※秋田県社会福祉協議会や北秋田市からの委託事業も行っています。

そして、「社会福祉法人北秋田市社会福祉協議会」では、施設も運営しています。

  ■ ケアタウンたかのす(北秋田市脇神)
d0162301_11485082.jpg

   平成11年4月、在宅複合型施設として開設。
   個人の生活を重視した個別ケアを行い、
   家庭の延長線上として日常生活の場が確保できるよう介護サービスを提供する他、
   施設が地域交流の活動拠点として機能できるよう、
   住民の方々や学校等のボランティアの受け入れを積極的に行うと共に、
   関連する機関や団体とのネットワークをつくることにより、
   地域福祉と介護サービスが一体となった総合的なサービスの提供を行っている。

  ■ もろび苑(北秋田市阿仁)
d0162301_11512710.jpg

   養護老人ホーム、通所介護、訪問介護などの事業を実施し、
   また、地域福祉推進の拠点として、地区社協の育成・支援、福祉教育の推進、
   ボランティアの育成・支援を行う。

上記事業を担当する職員+各施設で働く職員なので、
職員が約530人なのも、分かりますよね。

北秋田市は、秋田県内の中でも高齢化率が高い地域・・・
そのため、高齢者を対象とした支援が多くなる傾向があるそうです。


 ◇ 団体として、特徴的な事業を紹介して下さい。

 ◆ 「年1回実施している『全戸訪問』でしょうか。

    職員が各地域の家庭を回り、聞き取り調査を行っています。
    聞き取り調査を行うことにより、状況把握はもちろんのこと、
    新しい事業を検討する上でも、とても大切です。
 
    また、職員が様々な事業で市内を移動しているため、
    児童や高齢者の見守り活動も行っています。」

『地域安全活動』として実施している「見守り活動」ですが、
平成22年2月1日に北秋田警察署と地域安全に関する覚書を締結し、
道路での危険情報や訪問時の異常などを発見した際に、通報をするように取り組んでいます。

また、公用車にはステッカーを貼り、犯罪や事故の発生抑止を図っています。

【公用車に貼っているステッカー】
d0162301_11373134.gif

職員の皆さんは、市内を移動する際には、
街の状況に目を光らせ、異常があった際には、警察に通報しているそうです。

実際に、認知症で徘徊していた行方不明者を発見し、
表彰されたこともあるそうです!

平成18年度から始めた事業だそうですが、
継続することで実績も上がってきたそうです。

近年では、災害に備え、防災時に準備するものを周知したり、
『安心キット』 を配布する等、毎年、様々な取り組みを行っています。

※『安心キット』とは、「救急医療情報キット」とも呼ばれ、
 救急時に必要な持病、服薬内容などの医療情報や、
 健康保険証(写)などを専用の容器に入れ、自宅の冷蔵庫に保管するものです。
 もしもの時、救急車を呼んだものの本人が病状などを説明できない場合、
 救急隊員が医療情報を活用して迅速な救急活動に役立てるとともに、
 緊急連絡先の把握により、親族などにいち早く連絡がとれます。


地域のために、沢山の事業を行っているわけですが、
求められているのは、どんな人材なのでしょうか?

 
 ◇ 求められる人材について教えて下さい。

 ◆ 「人とのかかわりが要となる仕事なので、
    共感できるか、目配り・気配りができるかがとても重要だと思います。
    
    担当する部署によって、資格が必要とされますが、
    資格+人間性が大切ですね。」

専門職(介護職や医療職、管理栄養士など)を除くと、
業種柄、福祉的な勉強をしてきた方が多いのかなぁと思いましたが、
応募する方の専攻は、バラバラなんだそうです。

むしろ、福祉以外の分野を勉強したことが、
業務に活かされることもあるそうです。

それだけ、社会福祉協議会の職員に求められる業務が、
多種多様ということ!


 ◇ 採用試験について、教えて下さい。

 ◆ 「当団体では、正職員の他、嘱託・臨時・パートなどの採用形態があります。
  
     正社員については、年2回の定期採用を行っており、
     新卒者及び既卒者を採用しています。

     試験は、一次試験で一般常識のペーパーテストと小論文を行い、
     一次試験を合格した方に対して、二次試験で面接を行います。

    質問は、志望動機などの一般的な内容から、
    人間性を図るための質問を行っています。」


介護職を希望している方は、応募に当たり、職場見学に来る方が多いそうです。
この職場見学、応募者にとってはやる気をアピールする絶好の機会!
人事担当者の立場としては、
働く意欲や意識、就職後のイメージをしっかり持っているからこそ、
職場見学を希望していると考えるため、
好感度アップなんだとか・・・

応募を検討中の方はもちろん、絶対ここで働きたい!と考えている方は、
是非、職場見学を行って下さいね。

 ◇ 最後にメッセージをいただきました! 

 ◆ 「学生時代は、どんな事でもいいので目標を持ってがんばって欲しいですね。
    なりたい人物像をしっかり持ち、努力をすることに時間を使って欲しいです。
 
     その経験は、働いた時にきっとプラスに働きます。」



それでは本日の若手職員をご紹介!
地域福祉部  斉藤 裕介 主事  です。
d0162301_15423750.jpg


とても穏やかな雰囲気の斉藤さんは、入社1年目のフレッシュマンです。


 ◇ 入会のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「テレビで高齢者の自宅の除雪作業を行っている場面を見て、
     こちらの団体を知りました。

     興味を持ったことから、ホームページを調べて見ると、
     障がいのある方への支援や、ボランティア団体への支援を行っていることを知り、
     福祉=介護や看護というイメージから、取り組んでいる事業の幅広さと
     地域福祉の根幹を担う事業を展開している点に惹かれ、
     応募したのがきっかけです。」


大館市出身の斉藤さんは、6歳の時に秋田市に転居・・・
その後、男鹿市でも生活した経験の持ち主!

秋田市内の高校を卒業後、秋田大学教育文化学部地域科学課程に進学!
こちらの学部を希望した理由は、地域のことを考えたいからだそうです。

大学3年の12月から就職活動を開始したそうですが、
企業研究に始まり、大学が主催する就活講座にも参加したそうです。

「大学で学んだことを活かして、秋田で働きたい」と考えていたため、
秋田市内の会社を中心に応募したそうですが、
東北地方の会社も受けていたそうです。

そんな中、気になったのが「社会福祉法人北秋田市社会福祉協議会」

社会福祉を専門に勉強したわけではないため、採用にならないのではと考えましたが、
大学の授業で車いすや介護の体験をしていたこともあり、
思い切って応募したそうです。


 ◇ 採用試験について、教えて下さい。

 ◆ 「面接では、自分が大学で学んできたことや
    経験してきたことを話しました。

    大学時代のフィールドワークで、
    秋田内陸縦貫鉄道の鷹巣-阿仁間の沿線の名産品を調べていた事を
    説明できたのが、うれしかったです。」

県北地域(大館市)の出身ではありますが、
その後は、中央地域に転居した斉藤さん・・・

北秋田市との縁は、大学時代にしっかり築いていたのですね・・・


今年の4月から北秋田市での生活が始まりました!

 ◇ 仕事は、いかがですか?

 ◆ 「地域福祉部の地域福祉係として、ホームページの更新、
     食の自立支援事業、身体障害者協会鷹巣支部の担当などの業務を
     行っています。

     ホームページで仕事の内容は理解していましたが、
     事務職なので座りっぱなしかなと思っていました。

     実際に働いてみると、外に出ることが多く、嬉しい誤算でした。」


斉藤さんが担当する『食の自立支援事業』は、北秋田市からの委託事業!
d0162301_16263782.jpg


おおむね65歳以上の一人暮らし、
高齢者のみの世帯またはこれに準ずる世帯の高齢者や身体障がい者等で
調理が困難な方、または見守りネットワークを必要とする方が対象。

70歳代から80歳代を中心に、50名程の方が登録しているそうです。

食事は、希望した日の夕食として配達していますが、
1食あたり700円のお弁当を、自己負担430円で食べることが出来ます。

森吉の施設で調理された弁当を、職員が配達しています。
職員が配達することで、利用者の安否確認も併せて行っているそうです。

こちらの事業は年中無休だそうで、
調理がおっくうになりがちな高齢者や障がいのある方にとって、
本当に助かる事業ですよね!

「社会福祉法人北秋田市社会福祉協議会」事務局内には、
4つの団体が所属しています。
 ●北秋田市老人クラブ連合会
 ●北秋田市身体障害者協会
 ●北秋田市遺族連合会
 ●北秋田市手をつなぐ育成会
 ●各地区ボランティア連絡協議会

斉藤さんは、北秋田市身体障害者協会のお手伝いもしています。
役員会や会員交流会の支援を始め、
大会などのバスのチャーターなど裏方の仕事をしているそうです。


 ◇ 仕事で、大変な事、嬉しかった事はなんですか?

 ◆ 「大館市に祖父がいるので、
     県北の方言は聞き慣れていると思っていましたが、
     利用者の方とお話ししていると、時々分からないことがあります。
     電話は特に要注意ですね。

     また、住み始めて間もないことから、土地勘がありませんでした。
     やっと、北秋田市の地名を覚えたところです。

     嬉しかった事は、利用者の方から、名前を覚えてもらったことです。
     関係ができつつあるなぁと感じています。

     事務所の先輩は、担当地域の利用者の顔と名前を把握しており、
     私も早くそうなりたいと思っています。」


慣れない土地でのひとり暮らしと、初めての仕事・・・
大変なことは多いと思いますが、
利用者との触れ合いが仕事の意欲をかき立てます・・・

 
 ◇ 一日の仕事の流れを教えて下さい。

 ◆ 「8:00頃には出勤し、8:30から業務を開始します。
    
    その日によって、終日外出していることもありますし、
    比較的デスクワークが多い日もあります。」


趣味はドライブだそうで、休日は盛岡まででかけることもあるそうです。
2日連続の休みがあると、秋田市内の実家に戻り、
友達と楽しく過ごすという斉藤さん・・・

北秋田市のおすすめご当地グルメを伺ったところ、
道の駅たかのすで販売している、「ししとうカレー」と「ししとうラーメン」を
挙げてくれました!!

今後は、よりよいサービス提供につなげていくため、
担当している事業が利用者に合っているかを検証したいと話してくれました。
資格取得にも、積極的にチャレンジするそうですよ。

斉藤さん、
これからも北秋田市のため、頑張って下さいね!


恒例の記念写真は、事務所の入り口でぱちり!
【写真に向かって、右側から、堀田 智宏 事務局次長兼総務部長、
地域福祉部 斉藤 裕介 主事】
d0162301_15431481.jpg



この模様は・・・

11月15日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   
[PR]
by fresh-akita | 2013-11-13 09:00 | ラジオ番組取材後記

AKITAに冬到来!!

昨日の秋田市は、午前中から雨が雪に変わり、
フレッシュワークAKITAがある秋田テルサから見る外の景色は、
見る見る真っ白になっていきました・・・

仕事が終わる頃には屋根には積雪が!
車のフロントガラスはガチガチに凍っていました・・・005.gif

気がつけば、11月も中旬・・・ まさに「冬到来」となりました!

この週末にスタッドレスタイヤに履き替えている人も多かったようですが、
まだまだ、夏タイヤとスタッドレスタイヤが混在しており、

1年ぶりの雪道に感覚を取り戻せない方もいるので、
路面状況を確認しながら、低速と十分な車間距離を取る必要があります。

特に、面接のために事業所を訪問する際は、
夏場の移動時間よりも余裕を持って移動したいものです。


話は変わって・・・
フレッシュワークAKITAが提供しているエフエム秋田のラジオ番組、
「Job-Press on Radio」のパーソナリティー 真坂 はづきさんは、
現在、毎週火曜日の夕方にタイヤショップの番組でもナビゲーターを務めています。

はづきさんの番組にちなみ、スタッドレスタイヤに関する知識をご紹介!!

スタッドレスタイヤは「慣らし走行」が必要だということを、ご存じでしたか?

あるタイヤメーカーのホームページよれば、
時速60㎞でm200㎞以上の走行距離での慣らし走行が必要なんだそうです。

今年、スタッドレスタイヤを買い換えた方は、
是非、慣らし走行を行って下さいね。

また、冬場のトラブルで怖いのがバッテリー上がり!

バッテリーの寿命は、2年~5年と言われているそうですが、
気温の寒い時期は、特にバッテリーの性能が低下すると言われています。

エンジンをかける時、セルの回りが重いと感じたら、
バッテリー交換のサイン!

スタッドレスタイヤもバッテリーもしっかり点検し、
冬の就職活動に備えたいですね!
[PR]
by fresh-akita | 2013-11-12 08:50 | ほんの一言・・・

除雪のことで言いたい!

みなさん、こんにちは。

めずらしく長い秋田の秋も、次の季節へと移りつつあります。

あえて言いたくはない(冬)ですね。


私事ですが、13年前夫のリストラのため

夫の実家である秋田市へ、両親との同居ということで引っ越してきました。

娘が7か月、知り合いがいない、方言で話が伝わらない、

夫の仕事はない、お金がない

初めの秋田の冬はどうなるかと思いました。

寒くて雪が多くて、車もない、明日がどうなるかと思いながら過ごしていました。


そんな冬ですが、ある日寝ていると音を立てながら家の近くに来るものがありました。

何事かと思って台所まで行くと、

オレンジのランプがくるくる回って見え、窓を開けると大きな車が見えました。

まだ、秋田の土地を知らなかったので、何かの夜の祭りかと思いました。


除雪車だと気付いたのは、しばらく観察してからです。

宮城では根雪にならないので、

これぞ雪国秋田だと感激したのを毎年この時期に思い出します。

パジャマで外に出て携帯で写真を撮り、

除雪車が家の前に来たよ。と実家両親や兄弟へメールを送ったのも今でも覚えています。

暗い気分が続いていた私に、電気がぱっとついたような感じです。



ねえねえ秋田の皆さん、県外出身の私から言いたい。

大事なことを忘れてはいませんか?

こんなに広い秋田の中で、我が家の自宅前の路地に来て、

雪を黙ってかいて行ってくれる事自体、お礼を言うべきではありませんか?


自分がパジャマを来ている時間にも人のために働いている人がいる。


秋田に来て13年、毎年思う。 除雪が上手か下手かなんて文句を言えないさ。
[PR]
by fresh-akita | 2013-11-09 09:33 | ほんの一言・・・

Job-Press on Radio< 社会福祉法人大曲保育会 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
11月になりました!! スタッドレスタイヤの心配しなくっちゃ!!012.gif

今回の取材先は、大仙市大曲花園町にあります
「社会福祉法人
大曲保育会」


フレッシュワークAKITA広報班メンバーが、訪問しましたよ・・・

取材先は、フレッシュワークAKITAがある秋田市御所野から、
一般道で1時間ちょっとの場所です。

地図でみますと、事務局は大仙市役所の近くですね・・・

大仙市立大曲小学校、大仙市立大曲南幼稚園、大曲中央保育園も隣接し、
大仙の文教地区と言える地域です。

こちらが、大曲中央保育園
d0162301_11315577.jpg

そして、大曲南幼稚園
d0162301_11323950.jpg


大曲中央保育園、大曲南幼稚園の両方とも、
「社会福祉法人大曲保育会」が運営しているようです・・・

事務局は、大曲南幼稚園の施設内にあるんですね・・・
d0162301_11333430.jpg


早速、伊藤 美喜男 事務局長 に、いろいろお聴きしましょう!
d0162301_11381451.jpg



 ◇ こちらの法人について教えて下さい!
 
 ◆「「社会福祉法人大曲保育会」は、大仙市内の大曲地域で、
   保育所・幼稚園の設置・経営を行っています。

   昭和39年の認可以来、地域社会に開かれた保育所を目指し、
   乳児保育、一時保育等、様々なニーズに対応しています。」


「社会福祉法人大曲保育会」
大曲地域で運営している、
保育所12カ所、幼稚園2カ所はコチラ!

〈保育所〉
 ●はなだて保育園(大仙市花館)定員120名
 ●四ツ屋保育園(大仙市四ツ屋)定員120名
 ●大曲北保育園(大仙市大花町)定員110名
 ●大曲東保育園(大仙市大曲須和町)定員120名
 ●大曲乳児保育園(大仙市大曲住吉町)定員60名
 ●高畑保育園(大仙市大曲字下高畑)定員40名
 ●藤木保育園(大仙市藤木)定員45名
 ●角間川保育園(大仙市角間川)定員45名
 ●内小友保育園(大仙市内小友)定員70名
 ●大川西根保育園(大仙市大曲西根)定員55名
 ●大曲南保育園(大仙市大曲日の出町)定員135名
 ●大曲中央保育園(大仙市大曲花園町)定員105名


〈幼稚園〉
 ●大曲北幼稚園(大仙市大曲白金町)定員90名
 ●大曲南幼稚園(大仙市大曲花園町)定員180名

【写真 大曲南幼稚園の玄関】
d0162301_13311877.jpg


法人の設立は、
社会福祉協議会が運営していた大川西根保育所と内小友保育所が、
認可保育所の認定を受けることに始まります。

認可に当たり、適切な法人に運営させるべく誕生したのが、
「社会福祉法人大曲保育会」

その後、時代のニーズに合わせて、
各地域に保育所を設置していきましたが、

平成20年以降、大仙市の政策として、
市で設置した介護保険施設や保育所・幼稚園を法人化しすることとなり、
経営を移行したことから、現在、保育所・幼稚園併せて14施設を、
「社会福祉法人大曲保育会」が運営しているそうです。

ちなみに・・・
大曲地域以外は、
社会福祉法人大空大仙が、保育所(11カ所)・幼稚園(6カ所)を運営しています。

大仙市内の保育所・幼稚園は、
この2法人で保育所24ヶ所・幼稚園8ヶ所を運営しているんですよ。005.gif


 ◇ 業務の内容について、教えて下さい。 

 ◆ 「認可保育所、幼稚園の運営の他、
    へき地保育所(高畑保育園)の経営を市から受託しています。
 
    全ての保育所・幼稚園で支援を要する子の保育事業を行う他、
    8つの保育所で延長保育、11の保育所で一時保育を行っています。」


前述以外にも、たくさんの事業を行っています。
 ●地域活動事業(全保育園・両幼稚園)
 ●乳幼児保健推進事業(大曲乳児保育園)
 ●育児相談(全保育園)
 ●子育て支援事業(サンクエスト大曲・大曲交流センター)

延長保育は、午前7時から午後7時まで(大川西根保育所のみ、午後6時30分まで)と、
働くお母さんの強い味方なんです。

【写真 大曲南幼稚園のぞうの滑り台】
d0162301_13324614.jpg


 ◇ 事務局と各施設の関わりについて、教えて下さい。

 ◆ 「事務局では、人事や経理などを担当し、
    職員の採用や人件費など、一般企業でいうところの総務・経理を担当しています。
    6名のスタッフのうち、大仙市から3名の方が出向しています。

    各施設(保育所・幼稚園)については、施設毎に予算が配分されているので、
    園長を中心に、それぞれの施設で独立した運営を行っています。
    そのため、各施設が地域の状況を踏まえ、独自性を出しているといえます。

    軽微な修繕は、各施設の運営費の中で処理しますが、
    改築など大規模な修繕に関しては、事務局が担当しています。」

 
 ◇ 特に力をいれていることはありますか?

 ◆ 「当法人には、正職員の他、臨時職員やパート職員という身分で働く方もいますが、
    職員の処遇をよくしたいとの思いから、
    臨時職員であっても、勤務年数などの一定の要件をクリアすれば、
    賞与や退職金を支払っています。
   
    これは、正職員と臨時職員の垣根を少しでも低くしたいとの考えからで、
    身分は異なりますが、
    子どもたちのためにがんばっていただいている事に、報いたいからです。」

【写真 大曲南幼稚園の登り棒※上までのぼるとタンバリンがたたける】
d0162301_13345678.jpg


延長保育の実施に当たり、
該当施設の職員は、早番・遅番のシフト勤務となっています。

職員が働きやすい環境への思いが、
臨時職員への賞与と退職金の支給に表れているんですね・・・

では、「社会福祉法人大曲保育会」では、
どんな人材が求められているのでしょうか?


 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「当法人では、どの施設でも働けるように、
     保育士と幼稚園教諭の両方の資格を取得した方を
     採用しています。

     子どもを相手にする仕事ということで、
     人当たりの良い人、にこやかで、
     コミュニケーションがしっかりとれる方を希望しています。」


新卒者の定期採用を始めたのが昨年度からだそうで、
それまでは経験者を中途採用していたそうです。

現在は、0歳児の待機児童対策として、
また、職員の負担を減らす意味でも、
職員の数を増やす必要があるそうです。


 ◇ 採用試験について、教えて下さい。

 ◆ 「一次試験では、ペーパーテストと作文を行い、
    二次試験として、面接を行っています。

    面接試験は、応募者1名に対して、面接官5名程度です。

    面接官は、応募者が提出した資料を見て、
    質問内容をその場で考えています。」


作文は、働く上での考え方などを把握するテーマが出題されるそうですよ。
また、面接は一人当たり20分程度ということで、
想定される質問の答えは、しっかり準備していった方が良さそうです。


 ◇ 採用後の研修について、教えて下さい。

 ◆ 「社会福祉法人大空大仙と共同で、初任者研修を実施しています。
    内容は、社会人としてのマナー講習です。

    その後の研修に対しては、
    秋田県保育士会などの、
    上部団体が実施する研修会に、参加してもらいます。」


今回は、保育士・幼稚園教諭の募集と、調理員の募集を行っていますが、
その他の職種としては、事務局で働く事務職員や、
病弱や特別な支援を必要とする子どものための看護師などがあります。


女性が多い保育士・幼稚園教諭ですが、
「社会福祉法人大曲保育会」では、
5名の男性保育士・幼稚園教諭がいるそうです。

全ての保育所・幼稚園に男性保育士・幼稚園教諭が、
配属されることが望ましいとのことだそうで、
男性の皆さん! 奮ってご応募お待ちしております!!


それでは本日の若手職員をご紹介!
今回は、3名の保育士・幼稚園教員の皆様に、
お集まりいただきました!!

お一人目は、
 角間川保育園  藤澤 知里  さんです。
d0162301_14362659.jpg


お二人目は、
 藤木保育園  相馬 芽吹  さんです。
d0162301_14393156.jpg


お三人目は、
 はなだて保育園  佐藤 繭子  さんです。
d0162301_15331380.jpg


三人とも、今年度採用になったばかりのフレッシュウーマン!!
藤澤さんは大仙市(旧中仙町)、相馬さんも大仙市(旧南外村)、
佐藤さんは横手市(旧雄物川町)のご出身なんです。


早速、いろいろとお話を伺いましょう!!!

 ◇ 就職のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 藤澤さん
   「小学4年生の時に幼稚園を訪問する機会があり、
    子どもたちと触れあったことで、
    将来、この仕事に就きたいと思いました。

    地元で働きたいと考え、この法人に応募しました。」


 ◆ 相馬さん
   「中学校の時、保育園で職場体験をしました。
    人見知りをする子どもが、私にとても懐いてくれて、
    周囲から、保育士になることを勧められたのがきっかけです。

    この法人を選んだのは、短大時代に実習を行い、
    とても印象がよかったからです。」


 ◆ 佐藤さん
   「もともと子どもが大好きで、小学校の頃からいとこの面倒をよく見ていました。
    高校に入り、子どもと接することが出来る仕事を考えた結果、
    保育士になりたいと考えました。

    就職活動をしていた時に、地元の施設では保育士の募集がなかったので、
    大仙市の施設を調べ、応募しました。」

【写真 取材時の様子 ※写真左側から、佐藤さん、藤澤さん、相馬さん】
d0162301_13363223.jpg


「社会福祉法人大曲保育会」を選んだ理由の中には、
勤務先が大曲地域内ということで、異動し易いことを挙げている方もいました。

皆さん、小さい頃から保育士・幼稚園教諭にあこがれていたんですね・・・
そういえば、幼児のなりたい仕事、女子のトップ3には、
必ず保育士・幼稚園教諭が入りますよね!

どのようにして、保育士・幼稚園教諭の資格を取得したか、
興味がありますよね~!


 ◇ 資格取得について、教えて下さい。

 ◆ 藤澤さん
   「秋田大学教育文化学部学校教育課程の中にある発達科学選修では、
    必須(卒業要件)となる免許(資格)を、
    『小学校教諭1種』と『幼稚園教諭1種+保育士+小学校教諭2種』から
    選択出来るんです。

    私は卒業までに、小学校教諭1種、幼稚園教諭1種、保育士と
    特別支援学校教諭1種を取得しました。」

 ◆ 相馬さん
   「聖霊女子短期大学生活文化科生活こども専攻で、
    保育士と幼稚園教諭2種を取得しました。
    
    短大課程で2つの資格取得をするので、
    授業履修や実習で、学生生活はとても忙しかったですね。」

 ◆ 佐藤さん
   「岩手県の大学でしたが、
    社会福祉学部の中に保育士と幼稚園教諭1種を取得できる課程があり、
    そこで資格取得しました。」


平成18年から制定された認定こども園制度により、
幼稚園教諭と保育士の両方の資格を、取得可能な学校が増えているようです。

「社会福祉法人大曲保育会」でも、
認定こども園を設置する構想があるそうです。楽しみ~016.gif


 027.gif ここで、豆知識!

  認定こども園(にんていこどもえん)は、
  保育所及び幼稚園等における小学校就学前の子供に対する、
  保育及び教育並びに保護者に対する子育て支援の総合的な提供を行う施設であり、
  都道府県知事が条例に基づき認定しており、
  親が働いている・いないにかかわらず利用できる施設なんです。

  認定こども園には4つのタイプが認められています。

   ・幼保連携型:認可幼稚園と認可保育所とが連携して一体的な運営を行うタイプ
   ・幼稚園型:認可された幼稚園が保育所的な機能を備えたタイプ
   ・保育所型:認可された保育所が幼稚園的な機能(幼児教育)を備えたタイプ
   ・地方裁量型:認可のない地域の教育・保育施設が、
    認定こども園として機能を果たすタイプ



短大は短期間に必要な資格が取得でき、
四年生大学は、他の資格も取得可能とそれぞれ特徴がありますよね~!

保育士・幼稚園教諭として働くためには、
高校卒業後の進路選択から始まっていますよ~!!

【写真 大曲南幼稚園の教室】
d0162301_1339164.jpg


 ◇ 採用試験について、教えて下さい。

 ◆ 藤澤さん
   「『筆記試験の成績は、どのくらいだと思いますか』と聞かれ、
    面接(二次試験)に進めたので、7割くらいと答えたところ、
    そこまで(7割まで)取れていないと言われ、がっかりしました。」

 ◆ 相馬さん
   「1分間の自己紹介が印象に残っています。

    一次試験の合格通知に、二次試験では1分間の自己紹介をすると言われ、
    手遊びを披露しました。

    提出した資料から、女性の尊厳と男女共同参画について質問され、
    説明しましたが、『基本的なことをありがとう』と言われ、
    合格できるかなと心配になりました。」

 ◆ 佐藤さん
   「大学で、泥団子を作るサークルに入っていたと資料に書いたので、
    『泥団子は、何歳くらいの子どもだったら作れますか』と質問されました。

    1分間の自己紹介は、あたりさわりのない内容で、
    時間も短かったので、駄目かなと思いました。」


皆さん、
二次試験の手応えは???だったようですが、めでたく合格!

念願の仕事で働いてみて、いかがですか?


 ◇ 仕事について、教えて下さい。

 ◆ 藤澤さん
   「角間川保育園では、0歳児・1歳児を担当しています。

    この半年、本当にあっという間でした。
    仕事を覚えるのが大変でしたね。 
   
    子どもたちの世話に時間をかけてしまうので、
    他の仕事がおろそかにならないようにがんばっています。

    当初は、余裕がないため、先輩職員に対して
    なかなか質問することができませんでしたが、
    徐々に質問できるようになり、
    信頼関係ができてきたかなと思います。

    保護者の方とお話しするのが、とても緊張しますが、
    こちらも慣れてきたと思います。」

 ◆ 相馬さん
   「藤木保育園では、4歳児・5歳児を担当しています。
    27人の子どもたちを複数担任で見ていますが、
    私は、一人で行動できないお子さんを主に担当しています。

    子どもたちと遊ぶのはとても楽しいですが、
    事務的な作業が負担でした。

    子どもたちをケガから守るため、
    ケガや事故につながる行為があった際には、
    報告書を書くのですが、なかなかうまく書けず、
    悶々としました。

    そんな中、先輩から壁面の飾り付けを任され、
    子どもたちも制作に参加できるように工夫したところ、
    『先生、これおもしろいね』と、とても喜んでくれました。

    大変なことも多いですが、子どもたちの笑顔に癒やされています。」

 ◆ 佐藤さん
   「はなだて保育園で1歳児を担当しています。

    最初の3ヶ月はとにかくあっという間でした。
    そして、社会人として過ごすことは、体力も必要で、
    とてもしんどいことだなと感じました。

    特に、人間関係をどう築くかが難しいと思います。

    この時期の子どもたちは、本当に成長が早いですね。
    最近は、私の顔を覚えてくれたようで、
    本当にうれしいです。」

【写真 取材時の様子】
d0162301_1340933.jpg


あこがれていた職業ではありますが、
社会人として、仕事として保育士に向き合ってみると、
大変なこともたくさんあったようです。

しかし、子どもたちと共に過ごし、その笑顔に癒やされ、
また頑張る力がわいてくる・・・

慣れない仕事も徐々に覚え、
子どもたち、保護者そして同僚とも信頼関係が芽生えてくる・・・

苦労の先に、たしかな手応えを感じ始めた皆さん・・・


 ◇ 休日は、どのように過ごされていますか? 

 ◆ 藤原さん
   「ドライブが趣味なので、気分転換に車で出かけることが多いです。
    自宅にいる時は、手作りおもちゃを作る時もありますね。」

 ◆ 相馬さん
   「アウトドア派なので、自宅にいることはありません。
    バスケットやテニス、最近では釣を始めました。」

 ◆ 佐藤さん
   「普段はゆっくり自宅で過ごし、体力を蓄えています。
    旅行が趣味なので、車で近距離旅行を楽しむこともありますね。」


将来についてお聴きしたところ、
まだ、先のことまでは考えられないと話していましたが、
園長にあこがれている方、ずーっと現場で子どもと接していたいという方、
3人それぞれの考えがあるようです。

インタビュー終了後、ホームページ掲載用のコメント収録を行いました。
皆さん、ちょっと緊張気味かな?
※皆さんのコメントは、ラジオ専用サイトで聞くことができます!!
【写真 コメント収録中の藤澤さん】
d0162301_10585516.jpg

【写真 コメント収録中の相馬さん】
d0162301_1102219.jpg

【写真 コメント収録中の佐藤さん】
d0162301_1104819.jpg


お一人お一人から温かなメッセージをいただきました!
本当にありがとうございました!!

恒例の記念写真は、大曲南幼稚園のゆうぎしつで!
【写真に向かって、左側から 伊藤 美喜男事務局長、藤木保育園 相馬 芽吹さん、
角間川保育園 藤澤 知里さん、はなだて保育園 佐藤 繭子さん】
d0162301_1053499.jpg



皆さん、これからも子どもたちのために、がんばって下さいね!


この模様は・・・

11月8日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   
[PR]
by fresh-akita | 2013-11-06 09:00 | ラジオ番組取材後記

ワンポイント講座10月開催分について

みなさんこんにちは
10月は台風がきたり、すばらしい秋晴れだったりと
洋服の選び方に迷った方も多いのではないでしょうか。

雨の日も晴れの日もワンポイント講座の受講者さんは
意欲的に参加してくださり、とても良い雰囲気で進めることができました。
本当にありがとうございました。

それでは講座を振り返っていきます。


10月8日「敬語の使い方講座」
(※当初予定していた「敬語の簡単法則講座」は都合により、
  敬語の使い方講座へ変更となりました。)

講師:鈴木郁子さん
日常からビジネスシーンまで幅広く、敬語の使い方再確認しました。
グループで練習問題を説いたり、敬語を使う意味について考えました。
d0162301_13314674.jpg






「話し方講座」
講師:綿引かおるさん

自分の話す姿をビデオで撮影し、振り返りをしていきました。
より相手に伝えるためにはどんな部分に気をつけるべきか
講師の綿引さんがひとりひとりにアドバイスをしてくれました。

d0162301_13404414.jpg

10月9日 秋田県民会館ジョイナス


d0162301_14452913.jpg

10月18日 ハローワーク湯沢

d0162301_14474130.jpg

10月25日 秋田テルサ 






10月23日「面接トレーニング講座」
模擬面接をおこない振り返りを行います。
面接風景をビデオで撮影する事で立ち振る舞い受け答えを確認していきました。
d0162301_14514023.jpg



11月もたくさんの講座を予定しております。
ぜひ就活のスキルアップにお役立てください。
[PR]
by fresh-akita | 2013-11-01 13:47 | 講座の様子