ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

HALLOWEEN


10月31日はハロウィンですね。

日本でもハロウィンを楽しむ方が増えているとニュースでみて
我が家の玄関もハロウィンムードを漂わせたいとおもい
先日、買い出しに行きました。

今年は、こちらの置物を新しく購入してみました。
(ピントがずてれいてすみません)
d0162301_1325856.jpg


ここで、ちょっと気になるので、ハロウィンのことを調べてみました。

072.gifハロウィンは何の日?
→秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りです。
また、日本のお盆のように死者の魂が帰ってくる日とも言われているそうです。

072.gifなんで仮装をするの?
→ハロウィンの場合は、死者の魂だけでなく魔物もこの世にやってくるそうです。
この時、魔物に魂をとられたくないために、人間が魔物の格好をして防ぐと言われています。

(他にも諸説あるので、気になる方は調べてみてください。)


仮装を楽しむ方の中には、お化けやモンスターの仮装だけではなく、
アニメの仮装をする方が増えてきているようです。
日本文化が混じって、日本特有の楽しみ方になりそうですね037.gif

HAPPY HALLOWEEN016.gif
[PR]
by fresh-akita | 2013-10-31 13:28 | ほんの一言・・・

(株)ヨシダアニー 応募前見学会を開催しました

10月21日 058.gif 株式会社ヨシダアニー にて
応募前見学会を開催しました。
d0162301_12584882.jpg

会社は秋田市新屋 勝平消防署の近くにあります。
ヨシダアニーという社名ですが・・・(ここは勝手な想像ですが)
ミュージカルの「アニー」から、可愛らしいイメージがありませんか?。
募集職種は、板金・設備工事(防水工事職人) アニーと職人 ちょっと結びつきません!!
実は、社長さんの東京時代の呼称がそのまま会社名にになったそうです。
吉田兄→ よしだ・あに → Anny → ヨシダアニー 
うまいっ038.gif
そのネーミング術は、自社開発商品にも活かされています。
こちらをご覧ください。 〈(株)ヨシダアニー ホームページより〉
d0162301_13121933.gif
   
『ほあんかん』あえて漢字をあてるなら・・・保温の保、安心・安全の安、に管 かな?
漫画のように西部劇の保安官のイメージとも重なるなぁ などと思っていたら、
社長さんより質問→「ほあんかんSG の SG は何の略だと思いますか?」
参加者の皆さんが真面目に 「スペシャル なんとか…」 と言いかけたのですが、
社長さんが一言・・・「すげぇーの略なんです!」 一同ビックリ005.gifと同時に爆笑041.gif
d0162301_13505815.jpg

d0162301_13535784.jpg
d0162301_13543947.jpgこちらが、
排水管凍結防止用ヒーター
『ほあんかんSG』






こちらの商品名もダジャレ?? が効いています037.gif
カトちゃんならぬ 『カドちゃんペッ』

ほかにも、つらら防止機能付き折板屋根用雨樋 『オリコー3』  
など、商品名から機能を連想できて、一度聞いたら忘れられないようなインパクトのある見事なネーミング006.gif
d0162301_15594821.jpg
〈県外の施設に設置する『オリコー3』の組み立て作業の様子〉









漏水からあなたの財産を守りますのキャッチコピーのもと、
調査診断・防水工事・改修工事を柱に、上記の商品を研究開発している(株)ヨシダアニー。
『ほあんかん』は、産官学技術開発実用化事業として採択されて、秋田県も凍結実験に関する支援を行い、秋田大学との共同研究により商品化されたそうです。

社長の吉田氏は大学進学で東京に出て、卒業後も東京で仕事をしていましたが、
Aターンして起業したとのこと。
今は、秋田でも東京でも同じように情報が入ってくる時代と仰る吉田社長。
地元秋田で、寒冷地である秋田ならではの商品を開発し、
海外でも需要が高まっているとは本当にすごいことです!
参加者の皆さんは、
社長さんのお話を聞けば聞くほど、「すごい会社だ!」という思いが強くなったようです。
d0162301_14552171.jpg

d0162301_14561627.jpg

d0162301_150494.jpg

工事現場で使う材料の倉庫を見学しましたが、種類も量も大量にありました。
求人票には、自動車運転免許以外の免許や資格は不問となっていますが、
「専門知識がなくても大丈夫でしょうか?」との質問がでました。
社長さん曰く、「ものにするかしないかは、一生懸命やるかやらないか。
繰り返しやって覚える。焦る必要はないです。」とのこと。
d0162301_1542308.jpg

扱う材料は実に様々あって、カタログ等でも情報を得て一つ一つ覚えていくそうです。
棚にはびっしりとカタログが並んでいました。




実際、社員の方々も、ほとんどが入社してから実務経験を積みながら国家資格を取得しているそうです。
会社のホームページには、有資格者として12種類もずらりと掲載されています。
社員の皆さんは、日本一を目指している志の高いプロ集団!
 「自慢は社員一人一人を信頼できること」 社長のこの言葉からも
会社の良さが伝わってきました。会社の魅力をじっくり体感した応募前見学会でした。


お忙しい中、とても詳しく丁寧に説明していただき、心から感謝です001.gif
本当にどうもありがとうございました。
[PR]
by fresh-akita | 2013-10-23 16:29 | 応募前見学会の様子

Job-Press on Radio<日本興亜損害保険株式会社CRファクトリー>

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
秋らしい気温になり、平地でも紅葉が進んできました・・・012.gif

今回の取材先は、秋田市新屋鳥木町にあります、
「日本興亜損害保険
株式会社
CRファクトリー」


フレッシュワークAKITA広報班メンバーと
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

秋田市御所野の秋田テルサから車で約20分!
JR羽越線「新屋駅」の裏手にある、
敷地約34haの西部工業団地内に取材先の社屋があるんですよ!

d0162301_15575697.jpg


駐車場も社屋もとーっても広々!
敷地内の芝生でピクニックしたら、快適だろうなぁ・・・016.gif


早速、
日本興亜損害保険株式会社
秋田コールセンター室  中川 菊則 室長
と、
d0162301_9185717.jpg


日本興亜損害保険株式会社
秋田コールセンター室  
青木 憲司 センター長
にお聴きしましょう!
d0162301_9195422.jpg


 ◇こちらの会社について教えて下さい! 

 ◆「「CRファクトリー」は秋田県、秋田市の誘致事業として、
   2006年(平成18年)5月に設置された日本興亜損保のコールセンターです。
   この5月で7周年を迎えました。

   金融・保険業界で最大クラスのコールセンターであり、
   人と環境に配慮したオフィス空間と、
   アメニティを追求した施設となっています。」


日本興亜損害保険株式会社は、
東京千代田区に本社を置き、国内営業拠点は372カ所、
3メガ損保グループであるNKSJグループに属しています。

※3メガ損保グループは、MS&AD、東京海上HD、NKSJ の3つで構成され、
これらで、損害保険会社全体の90%の売り上げを占めている。

※NKSJグループは、日本興亜損害保険株式会社の他、
   株式会社損害保険ジャパン、セゾン自動車火災、そんぽ24が属しています。

日本興亜損害保険株式会社は、
来年9月には株式会社損害保険ジャパンと合併し、
「損害保険ジャパン日本興亜株式会社」となる予定です。038.gif


 ◇業務内容について、教えて下さい。

 ◆「日本興亜損保及び損保ジャパンのお客様を対象とした、
    電話でのお仕事です。
  
    内容は、契約満了のご案内、契約変更手続き、
    保険内容に関する相談やお問い合わせの受付などで、
    商品購入受付やセールスではありません。

    お客様のお電話の受付時間は9時から20時までのため、
    2交代制(早番9時から17時、遅番12時~20時)で対応しており、
    それぞれ、実働は7時間です。

    「CRファクトリー」全体の1日の入電件数はおよそ1,000件です。
 
     スタッフ一人当たりにすると、
    1日15件から20件程度の電話応対になります。

  『秋田から全国へ”おもてなしの心”をお届けします』を合言葉に、
    北は北海道から南は九州・沖縄まで、
    日本全国のお客様からのお電話をお受けしております。」

コールセンターというと、電話の着信音がひっきりなしで、
オペレーターが着信音にせかされるように、すぐに次の電話を取る・・・
とても慌ただしいイメージだったのですが、
実際に見学させていただくと、想像していたイメージとは違っていました。

【写真 オペレーターブースの様子】
d0162301_9283660.jpg


社内を案内していただいた青木センター長によれば、
損害保険に関する事務手続きや
各種相談・お問い合わせを受け付けているため、
1件当たりの応対時間が長くなるそうです。

また、電話応対後の事務作業も一定時間かかることから、
一人のコールオペレーターが一日に処理できるのは、
20件がマックスなんだとか・・・

たしかに、保険に関する各種手続きの中には、
ネットなどで完了する事項もありますが、
所定の変更届等を保険会社に提出することがあります。

その場合は、
お客様に書類の発送作業を行わなければならないわけですが、
書類の発送に関しては別の部署が担当しているため、
電話を受け付けたコールオペレーターが、
担当部署に書類の送付を依頼するなどの作業が発生します。

【写真 書類発送などを行うバックオフィス】
d0162301_10254622.jpg



コールセンター業務といっても、
取り扱う商品などによって、職務内容に差違があるんですね!

「CRファクトリー」では電話応対の技術の他、
事務処理能力も問われる仕事だと感じました。

ちなみに
「CRファクトリー」のオペレーターは、1班約10名の編成で、
9名のコールオペレーターと1名のサブスーパーバイザーが
5名ずつ向かい合ったブースで仕事をします。

各班の上座に座っているのがスーパーバイザーで、
一人のスーパーバイザーが、2~3班を担当しています。

コールオペレーターの対応を後方支援する他、
相談内容によっては、代わって電話応対することもあるそうです。

スーパーバイザーの上には、マネージャーとサブマネージャーがおり、
こちらは、オペレーターブースと隣り合った別室で業務を行っています。

【写真 マネージャーのオフィス】
d0162301_10235437.jpg



 ◇CRファクトリーの由来について、教えて下さい。

 ◆「CRとは、”Customer Relationship”の略で、
   『お客様とのより良い関係の構築』を意味しています。
   ファクトリーは『工場』の意味です。

 
   「CRファクトリー」は、
   『お客様とのより良い関係を築くための創造拠点(工場)でありたい』
   という意味を込めています。」

【写真 CRファクトリーのロゴ】
d0162301_1095067.jpg



 ◇現在、力をいれていることはどんなことですか?

 ◆「首都圏からの業務受入に加え、
    来年9月に控える株式会社損害保険ジャパンとの合併による業務拡大を見据えて、
    オペレーターブースの拡張工事を行っています。

    また、業務拡大に対応するための要員を確保するため、
    関連会社である「損保ジャパン
   日本興亜キャリアスタッフ株式会社」
を通じて、
   今後2年間で100名程度の追加採用を計画しており、
   積極的な採用活動も併せて行っています。

   具体的には、2月に10名程度の中途採用、
   平成26年4月の定期採用では、30名の新卒採用を目指しています。」


今まで他県の別部署で行っていた業務が徐々に移行されてきたのは、
業務開始から7年が過ぎ、
「CRファクトリー」の実績が認められたことも影響しているとか・・・

秋田県民の実直な仕事ぶりが評価されたのです!! すばらしい!!024.gif


さらに、株式会社損害保険ジャパンとの合併による業務拡大を見据えての
オペレーターブース拡張工事中とのことで、
大規模な社員増員を計画中なんですね!
【写真 拡張されるオペレーターブーススペース】
d0162301_16204244.jpg


「CRファクトリー」への就職を検討していた方には、またとないビックチャンスといえますよ029.gif


 ◇業務以外でPRしたいところはありますか?

 ◆「食事や休憩時に使用するきれいなカフェコート、
    リフレッシュのためのランニングマシン・エアロバイクなどの運動器具、
    疲れをいやすためのマッサージチェアなどを用意しており、
    誰でも無料で使用できます。

    また、出産休業・育児休業を取りやすい環境づくりに努めています。」


社屋は開放的でとても清潔感にあふれています。

こちらはカフェコートです。
d0162301_10471396.jpg

椅子は白で統一されており、清潔感があります。
お弁当の他、カレーライスやうどん、パンやデザートも販売されています。
会計も電子マネーが使えるので、とてもベンリです。

カフェテリアに面した屋外のウッドデッキでは、
毎年8月10日に開催される雄物川花火大会の日に、
社員やその家族を招いたバーベキューパーティーが開催されるそうです。

社屋と花火の打ち上げ会場はとても近いため、
バーベキューパーティーでは、
大迫力の花火と美味しい料理が堪能できるそうです。
うらやましい限りですね・・・

こちらは、ランニングマシンです。
d0162301_11242778.jpg

シャワー室も完備されており、
勤務前・休み時間中・勤務後のランニングで汗をかいても、
シャワー室ですっきり洗い流すことができます。

昨今のランニングブームもあり、ランニングマシンを使う社員が急増中!!
ランニングマシンでの練習の成果を、
9月15日の田沢湖マラソンで披露したそうです!

マッサージチェアは、腕のマッサージができるハイスペックな一品が3台も!
d0162301_14405854.jpg

こちらも、大人気なんですって!!

こちらは、休憩スペースです。
d0162301_993743.jpg


開口部は全面ガラス張りで、
1階と2階に休憩スペースがあるので、
高級マンションのメゾネット風なしつらえです。

日本興亜損害保険株式会社の他のコールセンターは、
男性と女性の比率が同数というところもあるそうですが、
「CRファクトリー」では、9割弱が女性社員なんです。

そのため、結婚や出産などで会社を退職することがないよう、
会社が積極的に支援を行っています。

開設以降、産休取得者11名、産休取得中2名で、
現在産休取得中の方には2人目出産の方も!!

産休を取得された方は、全員職場復帰しているそうです。
今後、3名の方が産休を取得予定なんですって!!005.gif

また、秋田県が行う婚活イベントに独身社員の参加を呼びかけ、
このほど、めでたく結婚が決まった方がいるそうです!!

「CRファクトリー」は、
秋田県の人口減少にも大いに貢献しているんですね!!
本当にありがたいことです。

女性を優先的に採用しているわけではないので、
男性もどんどん応募し、活躍していただきたいですね!!


社員が働きやすい環境が整えられている会社ですが、
求められる人材とはどんな方でしょうか?


 ◇求められる人材について、教えて下さい。

 ◆「資格はとくにありませんが、
    前向きで思いやりのある人材を求めています。」

お問い合わせいただくお客様のニーズを把握し、
お客様にご納得いただけるように説明するには、
自社の商品についてしっかり理解するとともに、
電話での応対技術も身につけなければなりません。

業務に必要な知識+お客様の話を聴ける・読み取る、
そして的確に説明出来る力が求められます。

また、電話での応対だからこそ、
血の通った、思いやりの気持ちを持てる方を求めているようです。

お客様には見えないのですが、
コールオペレーターのブースには、
手鏡が置いてあり、口角を上げて笑顔で電話応対しています。

"笑顔から笑声(エゴエ)が生まれる" 
青木センター長の言葉ですが、実に名言ですね045.gif


 ◇採用試験について、教えて下さい。

 ◆「適性検査、一般常識のペーパーテストと面接を行います。
   それぞれの試験から、学力と人物のバランスを見ます。」

1次試験(適性検査、一般常識)合格者に対し、
2次試験として面接を行うそうですが、
面接は応募者1名に対して、面接官1ないし2名だそうです。

面接の質問事項は、一般的な内容ということですが、
雑談を織り交ぜながら、応募者の人物を把握しているようです。

 
 ◇採用後について、教えて下さい。

 ◆「職種はコールオペレーターとなりますが、
   関連会社である損保ジャパン日本興亜キャリアスタッフ株式会社の
   契約社員として採用し、
   「CRファクトリー」において、派遣社員として勤務してもらいます。   

   一定の勤務年数を経過すると、
   サブスーパーバイザーへの昇格試験に参加できます。

   昇格試験の参加は、上司からの指名でありませんので、
   昇格したいとの本人の希望により参加できます。

   サブスーパーバイザーへの昇格試験は、ペーパーテストと面接を行い、
   合格すれば、サブスーパーバイザーへ昇格し、
   契約社員から正社員へと登用されます。

   損保ジャパン日本興亜キャリアスタッフ株式会社の正社員に登用されると、
   「CRファクトリー」内の身分は派遣社員から、出向社員へと変わります。

   契約社員と正社員では、処遇に大きな差はありません。」


サブスーパーバイザーへの昇格試験を受験する方は、
入社後3年以降の方が多いそうですが、
3年と言えば、ようやく仕事に慣れ、自分の力を試したい時期とも重なります。

契約社員と正社員では、処遇に大きな差はないそうですが、
やはり、正社員となると身が引き締まる思いですよね!

サブスーパーバイザー以降も、
希望すればキャリアアップのチャンスがあるんです。

  コールオペレーター
   ↓
 サブスーパーバイザー
   ↓
 スーパーバイザー
   ↓
 サブマネージャー
   ↓
 マネージャー
   ↓
 センター長
   ↓
 室 長


現在、サブマネージャー6名全員が、地元採用の方だそうです。
6名中5名は女性とのことで、秋田の女性はがんばっていますよ!


 ◇最後に、若者へのメッセージをお願いいたします。

 ◆「自分の人生は、自分の力で切り開くこと。」

清潔で都会的なオフィスでの勤務に、あこがれている方も多いはず!
秋田から全国におもてなしの心を届けたい方、是非応募して下さいね!!


では、本日の若手社員をご紹介!
 自賠責保険チームコールオペレーター
 篠木 里美
 さんです。
d0162301_956414.jpg


篠木さんは入社1年目の23歳!
笑顔がはちきれそうな色白美人です!!

色白なのは、湯沢市の出身だからでしょうか?

 ◇入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆「大学3年の1月に、
   秋田県合同就職面接会で、会社のお話を聞いたのがきっかけです。

   実際に業務を行っている方と人事担当者が対応してくれたのですが、
   お二人の会話から、
   ギスギスしていない社風であることが伝わってきました。

   就職先の選定にあたっては、社風を重視していたので、
   とても興味がわきました。」

地元の高校を卒業後、
首都圏の大学で経済学を学んでいた篠木さん・・・

就職活動は大学3年生の12月から開始したそうです。
篠木さんの就職活動は、”慣れる”ことを重視し、
興味があると思ったらエントリーシートを送り、
とにかく沢山の会社の採用試験を受け、
"試験に慣れる"ようにしたんだとか・・・

首都圏を中心に、60社ほどエントリーシートを提出し、
40社程度の採用試験を受けたそうです。


 ◇採用試験について、教えて下さい。

 ◆「志望動機、大学(学生)時代にがんばったこと、自分を一言で表現すると何かなど、
   特に変わった質問はありませんでした。

   大学のことを考慮して、短期間で試験を行っていただいたので、
   一人一人を大切にしてくれる会社だと感じました。」   

篠木さんは、積極的に多数の企業で採用試験を受けたため、
内定も複数いただいたそうですが、
秋田県で働けること、そしてオープンな社風に惹かれ、
入社を決めたそうです。


 ◇採用後について教えて下さい。

 ◆「今年の4月に入社し、3ヶ月の研修をへて、
    7月から自賠責保険チームのコールオペレーターとしてデビューしました。」

採用後の3ヶ月間の研修期間では、
保険の知識や電話応対の技術などを学ぶそうですが、
損害保険を取り扱うための資格(損害保険募集人一般試験)も
採用後1ヶ月ほどで取得するんだとか・・・

3ヶ月の研修は、24名の同期と励まし合いながら過ごしたそうです。

また、先輩たちも優しく丁寧に教えてくれるそうで、
安心して仕事が出来ると感じています。

いよいよコールオペレーターとしてのデビュー!
慣れない期間は、上司がそばにいてフォローしてくれるそうですが、
最初の一週間は、ガチガチの緊張状態だったそうです。

初めて、お客様のお電話を受け付けた時は、
緊張しながらも研修の成果を見せるんだ!と気負っていたそうですが、
内容が電話番号の問い合わせだったので、
少々拍子抜けしたと話す篠木さん・・・

【写真 仕事中の篠木さん】
d0162301_1457252.jpg


 ◇今の仕事で大変なこと、またうれしいことを教えて下さい。

◆「コールセンターは、直接、お客様のお顔を見ながらお話しすることが出来ないので、
   お客様のご要望をしっかり受け止めるのは、とても難しいです。

   しかし、お客様から頂くお礼や励ましの言葉は、この仕事の最高の喜びです。
   特に、困っているお客様のお役に立つことが出来、お礼の言葉をいただいた時は、
   とても嬉しいです。

   また、秋田にいながら、全国のお客様とお話しできることも魅力の一つですね。」

電話での説明は、言葉だけの説明となり、
お客様に対面し、
図やイラストを示しながらの説明と比べると、とても大変です。

また、お客様の様子(表情等)が見えず、
説明した内容を理解していただいたか、
お客様の気持ちにそった説明ができているかの確認が、出来ないですよね。

声だけで繋がっているコールセンターの仕事は、
とても気を遣う面がありますが、その分、喜びも多いと言います。


さて、篠木さんの所属している自賠責チームは、
自賠責保険のお問い合わせ等を担当しています。

027.gifここで、豆知識!
 
   自動車保険には、大きく分けて自賠責保険と任意の自動車保険の2つがあります。

  自賠責保険は、自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、
   必ず加入しなければならない保険で、強制保険と呼ばれています。

   この自賠責保険は、被害者の救済を第一の目的としており、
   対人賠償に限られています。

  被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われ、
   加害者のケガや自動車の破損には、賠償金が支払われることはありません。

   自賠責保険は限度額があり、対人賠償だけの支払いですから、
   これだけでは十分な補償とはいえません。
   そこで、これを補うのが任意の自動車保険なんです。



 ◇勤務の流れについて、教えて下さい。

 ◆「8:50に朝礼とボイストレーニングを行います。
   ボイストレーニングは、司会の号令で接客用語を大きな声で唱和します。

   9:00から17:00までが業務時間ですが、
   お昼休み(1時間)は交代で取るので、日によって時間帯が異なります。

   17:00から終礼があり、終了後帰宅します。」

篠木さんが担当している自賠責保険は、
9:00~17:00が電話受付時間なので、
他の部署のように早番・遅番の交代勤務がないそうです。

休日やアフターファイブは、友人や同期と買い物やご飯にいくと話す篠木さん・・・
ジムにも通っているそうで、
家の中で過ごすよりも、外出する方が多い、行動派の女性なんです。


 ◇今後の目標について、教えて下さい。

 ◆「今は、コールオペレーターをしていますが、
   対応力をつけるための知識習得など自己研鑽に励んで、
   管理職であるスーパーバイザーや、
   その上の役職までキャリアアップを目指したいと思います。」

篠木さんの笑顔と発言からは、仕事への高い意識が感じられます。
これからも全国のお客様に"笑顔と笑声(エゴエ)"を届けて下さいね。


それでは、収録と参りましょう!! 篠木さん、ちょっと緊張しているかなぁ?
d0162301_14562156.jpg

収録は無事終了。篠木さん、お疲れ様でした!

恒例の記念写真は、皆さんでぱちり
【写真に向かって、前列左側から、中川 菊則室長、コールオペレーター 篠木 里美さん、
真坂 はづきさん、
後列左側から、青木 憲司センター長、小林 強マネージャー」
d0162301_11352788.jpg





この模様は・・・

10月25日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif  

※今回の取材にあたり、秋田出身の小林 強マネージャーに大変お世話になりました。
ありがとうございました。
[PR]
by fresh-akita | 2013-10-23 09:00 | ラジオ番組取材後記

能代市立能代第二中学校さんがいらっしゃいました

みなさん、こんにちは001.gif

団体利用についてアップします。

10月18日は、能代市立能代第二中学校の皆さんにお越しいただきました!

写真は、はじめの挨拶の様子。
d0162301_1461799.jpg


その後、グループに分かれて「職業適職診断」をしました。
d0162301_1417225.jpg


ビデオ「仕事、きみはどう思う?」を見ている様子
d0162301_1493229.jpg


図書学習の様子。 今日の生徒さんも落ち着いて読書をしていました。
d0162301_1410412.jpg

本を読む習慣は大事ですよね。
知識が増えると自信に繋がる、集中力もつきます。
中学生の皆さんに、続けてほしいと思います。001.gif

能代第二中学校の皆さん、お疲れ様でした。058.gif
[PR]
by fresh-akita | 2013-10-21 13:53 | 団体利用

Job-Press on Radio< 株式会社八永南部家敷 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
そろそろ、紅葉の便りも聞こえてきました・・・ まさに、「秋深し・・・」012.gif

今回の取材先は、秋田市雄和に本部があります
「株式会社
八永南部家敷」


フレッシュワークAKITA広報班メンバーと
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

名前を聞いて、ほとんどの方がピンときたのでは?
テレビ・ラジオCMでもお馴染み!

060.gif そ~ば、てんぷらぁ~、うなぎぃのぉ~ なんぶやぁ~しぃ~きぃ~ 060.gif
そうです!和食そばレストラン「南部家敷」なんです!

取材先である本部は、
秋田市御所野の秋田テルサから約15分の位置にあります・・・

国道13号から、県道9号秋田雄和本荘線を一路雄和方面に進み、
JR奥羽線四ツ小屋駅から、1,500メートル程離れた交差点を右折・・・
交差点の角には、コンビニがあるのですぐに分かります。

交差点を曲がると・・・ 右手に、社名の看板と二宮金次郎の銅像が・・・
d0162301_9332845.jpg


こちらが本部・配送センターの社屋です!
d0162301_9324016.jpg


この、二宮金次郎の銅像、
ある年齢以上の方には、とーっても懐かしいですよね・・・
昔は、小学校に必ずこの銅像が設置してありました・・・ 
二宮金次郎をたたえた歌もありました・・・ 
※二宮金次郎の歌は、文部省唱歌です!

少々脱線しましたが、早速、
葛巻 孝一郎
取締役常務
に、お聴きしましょう!
d0162301_9375819.jpg

取材には、
小野寺 覚
本部統括オペレーションマネージャー
と、
d0162301_9395321.jpg


澤 英晃
秋田北地区オペレーションマネージャー
にも、
同席していただきました。
d0162301_940231.jpg


 ◇ こちらの会社について教えて下さい!
 
 ◆ 「「株式会社八永南部家敷」は、
    そば、天ぷら、ウナギを主体とした
    和風そばレストラン「南部家敷」を経営しています。
    
    健康・安心・安全をテーマに「食材・品質・産地・生産者・水・塩」にこだわり、
    食を追求しております。」


「株式会社八永南部家敷」は、
平成2年、岩手県北上市に本社がある
株式会社南部家敷のグループ企業として、
現在の社長 葛巻 隆逸氏が秋田市に設立しました。

葛巻 隆逸氏は、
元々は南部家敷発祥の地 岩手県北上市で、
親兄弟とともにお店を作ったり、会社の経営をしていました。

平成2年、秋田県大曲市(現 大仙市)に秋田県第一号店を作ったことをきっかけに、
上記社名の会社を作り、
以来、秋田の地元企業として、秋田県内に12店舗を出店。

他にも、岩手・宮城・山形にも出店し、
今後は、青森県、新潟県への出店も予定しているそうです。

【写真 創業者 葛巻久八氏の銅像】
d0162301_11125660.jpg


現在の店舗は、かやぶき屋根ではありませんが、
南部家敷=”南部づくりの古民家風の建物”と広く認知されています。045.gif


 ◇ 社名について教えて下さい。

 ◆ 「グループ名である『南部家敷』に、
    末永く発展するようにとの思いを込めて、名付けました。」

八永は、末広がりの縁起の良い数字であるとともに、
創業者の葛巻久八氏の名前にも使われていることから、取り入れられたようです。

岩手県で創業した事業が、
秋田県でも、末永く発展して欲しいという思いなんですね・・・

順調に業績を伸ばし、東北各地にチェーン展開!
現在では、岩手・秋田・宮城・山形で、南部家敷が利用できますよ!


 ◇ 事業内容について教えて下さい。

 ◆ 「「株式会社八永南部家敷」では、
    主に秋田県と山形県において、和風そばレストラン南部家敷を展開する他、
    中華料理店(北上六星軒)を経営しています。
      
    南部家敷では、ダシは高知土佐清水のカツオ亀節を使用し、
    そばは毎日各店で打っており、その日打ったそばをお客様に提供しています。

    本物の味を追求するため、手作りにこだわっています。」

店舗で使われている南部鶏は、南部の自然が育んだ地味豊かな鶏・・・
ビタミンやミネラルが豊富なオリジナル飼料と、
自然のエネルギーが満ちた活性水で育った、健康で安全な鶏なんです。
シャキっとした肉質・まろやかな風味・・・ 美味しさ抜群です!

レストランチェーン店の多くは、
セントラルキッチンと呼ばれる工場で、材料の下処理から調理までを行い、
各店舗では調理済みの食材を温めて提供するところが多い中、
南部家敷では、各店舗で調理しているそうです。

おそばのタレについても、「かえし」は、秋田市の本社工場で製造するものの、
各店舗でカツオ亀節から出汁を取り、「かえし」と合わせる作業は各店舗で行っています。

カツオ亀節は、品質・生産者にこだわって35年超。
サッパリとした風味と、深みのあるまろやかさが特徴です。

水にもこだわりが・・・
全店舗にセラミック水処理機を導入し、
活性水(天然水の持っている本来の水の機能を水道水から蘇らせた水)として、
使用してます。

また、「地産地消」を推奨していることから、
店舗が設置されている地域の食材を仕入れ、調理しているそうです。

チェーン店ではありますが、
各店舗で地元食材が味わえるなんて、とても素敵なことですよね。045.gif

 
 ◇ 特に力を入れている事業について、教えて下さい。

 ◆ 「現在、各店舗で提供している生そばは、
    その日打ったものを提供しているのですが、5日ほどしか日持ちしません。

    より多くのお客様に南部家敷こだわりのそばとタレを知っていただくために、
    生そばの味に可能な限り近いお土産用の乾麺を開発すべく、
    努力しているところです。」

【写真 "お土産そば"として販売されている生そばとタレ】
d0162301_1029275.jpg


「(粉を)挽き立て、打ち立て、茹でたて」の三たてが、うまいそばの三条件と言われています。
お店で食べるそばが1番ではありますが、
自宅でも美味しいそばを食べたい!!と思っている人は多いはず!

近い将来、南部家敷の美味しいそばとタレが、
店舗から遠い地域でも、食べられるようになるんですね。楽しみ~!


 ◇ 事業以外で特徴的な取り組みについて、教えて下さい。

 ◆ 「私達は、二宮金次郎の精神を経営の模範としております。
     毎年6月を親孝行月間として、
     各社員が日頃の感謝の思いを形にしております。

     たった一人のかけがえのない両親を大切にすることから得られる学びを、
     自分の人生に活かしていただいております。」

両親への感謝の思いの伝え方は、各社員様々・・・
旅行に連れて行くもよし、家事を手伝うのもよし・・・

各社員の皆さんは、どのように感謝を伝えたかを社長に報告し、
報告した社員の中から、金一封がいただけるそうですよ!

「株式会社八永南部家敷」が模範としている二宮金次郎の精神は、
質素倹約 勤勉努力 親孝行・・・

これは、私利私欲に走るのではなく社会に貢献すれば、
いずれ自らに還元されるという『報徳思想(ほうとくしそう)」』と呼ばれている考えです。

二宮金次郎は、多くの名言を残しており、
興味のある方は、ネットなどで検索してみて下さいね。

【写真 取材中の様子
写真向かって右から、葛巻 取締役常務、澤 オペレーションマネージャー、
小野寺 統括オペレーションマネージャー】
d0162301_16402929.jpg



 ◇ 従業員の皆さんの職種について、教えて下さい。

 ◆ 「本部兼配送センターでは事務と工場の仕事があり、
     各店舗では、主に調理と接客の仕事があります。」

【写真 本部の事務室】
d0162301_10345711.jpg


工場では、そばのタレの「かえし」やカツオ亀節を出汁用に削る作業の他、
餃子などサイドメニューの一部を製造しているそうです。


では、どのような人材が求められているのでしょうか?

 ◇ 求めている人材について、教えて下さい。

 ◆ 「二宮金次郎の『質素倹約・勤勉努力・親孝行』の精神で、
    お客様の喜びを自分の喜びに出来る人材を、理想としています。

    元気よく笑顔にあふれ、周りを大切に出来る人を求めております。
    また、接客業であることを大切に思えるかということも、
    大切な要素です。」

  
 ◇ 採用試験について、教えて下さい。

 ◆ 「正社員の採用試験は、一般常識と面接です。
     パート・アルバイトの場合は、面接のみで、各店舗で行います。

     面接では、応募者が緊張しないように、
     雰囲気をやわらげながら質問するようにしています。

     質問の内容としては、志望動機や入社してやりたいこと、
     部活動で学んだことなどを聞くことが多いです。

     元気と笑顔がどうかを、しっかり見ていますよ。」


正社員は、採用後、以下の順番で昇格します。

 一般社員 → 主任 → 店長 → エリアマネージャー → 統括マネージャー

男女別では、7対3で男性の正社員が多く、
アルバイト・パートから、正社員採用試験に応募し、
正社員となった方もいるそうです・・・

 
 ◇ 若者にメッセージをお願いします。

 ◆ 「若いという事は、それだけで財産です。それだけで素晴らしいことです。
    その大切な期間をどう行動するかで、未来は大きく変化すると思います。

    若い時期の仕事は大変な事が多いと思いますが、
     『若い時の苦労は買ってでもせよ』という言葉もあるように、
    若い時の逆境こそ、成長のチャンスです。

    失敗を恐れず、失敗を糧としながら、自分らしく仕事をして欲しいと思います。」 

熱いエールをいただきました!!
『若い時に流さなかった汗は、年老いて涙となって流れる』という言葉もあります。

若い皆さんには、是非、汗を流して(=苦労して)いただきたいものですね!


取材後、店舗を見学させていただきました!
秋田市茨島のイオンタウン茨島にある、「南部家敷茨島店」です。
d0162301_9321462.jpg


入り口を入ると、商品サンプルやメニューが展示され、お客様の心と胃袋をわしづかみ!
d0162301_9342795.jpg


店内に入ると、高い天井で開放感満載! 民芸調の店内は、やっぱり落ち着きますね・・・
d0162301_9361777.jpg


お一人様向けのカウンター席には、南部づくりのかやぶき屋根の模型が飾られています・・・
d0162301_937195.jpg


坪庭風のしつらえもあり、小料理屋のような雰囲気もかもしだしていますよ・・・
d0162301_9385693.jpg


メニューもこだわりのおそば・天ぷら・ウナギの他、
カツ丼などの揚げ物系やサイドメニューも充実!

高齢者からお子様まで、家族3世代で楽しめるお店と言えます!


本日の若手社員は、コチラの茨島店で働いているんです!
南部家敷茨島店 関山 南海 さんです。
d0162301_1527456.jpg


南の海と書いて、"みなみ"と読むそうです。
そそとした正統派美人の関山さん、まだ19歳なんですよ!

潟上市出身の関山さん、
秋田市内の実業系高校を卒業し、「株式会社八永南部家敷」に入社しました。

 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「元々、料理をすることが好きで、自宅でも夕食作りを手伝っていました。
     調理の仕事は自分に向いているかもしれないと考え、応募しました。」


 ◇ 採用試験について、覚えていることを教えて下さい。

 ◆ 「面接は、個別と集団の2回あったのですが、
    両方ともかなり緊張してしまい、
    何を聞かれて、何を話したか、全く覚えていません。」


料理が好きということで、この仕事を選んだそうですが、
実際に働いてみて、いかがでしたか?

 ◇ 仕事について、教えて下さい。

 ◆ 「茨島店で調理場を担当していますが、
    入社前に思っていたことと違い、とても大変な仕事だと感じました。

    各店舗では、仕上がりの調理のみを行っていると思っていましたが、
    食材の下処理から行うため、仕込みに時間がかかります。

    店舗によって、導入されている機器が異なるため、
    手切りする食材もけっこうあります。

    最初は、そばをゆでることから学びましたが、
    分量の異なるそばをゆで時間を調節しながらゆでることに苦労しました。

    今でも、ゴボウのささがきは、苦手ですね。」


レストランの調理となると、量もできばえもスピードも要求されるため、
自宅の調理のように、自分のペースで行うことはできません。

それでも、2年目に入ると、手際や要領がよくなり、
段取りよく仕事をこなせるようになってきたそうです。


 ◇ 仕事で大変なことは、何ですか?

 ◆ 「私は人見知りをするので、この1年で異動があり、
    店舗が変わったことが大変でした。

    また、アルバイトの人たちと年齢が近いのですが、
    正社員としてアルバイトの人とよりよい関係を築けるように、
    積極的に話しかけるなど気を配っています。」

【写真 取材時の様子】
d0162301_10333444.jpg


自ら"人見知り"と話す関山さんですが、
正社員として頑張らなければならないと考え、
初対面でも自分から話しかけているなんて、すごい事ですよね。

関山さんの社会人としての意識の高さに、びっくりしました。

 
 ◇ 勤務の流れについて教えて下さい。 

 ◆ 「出社すると、9時半から10時の間に開店の準備をします。
    仕込みは、他の社員と声を掛け合い確認しながら行います。
    
    開店後は、注文を受けて調理を行いますが、
    土日や祝日、学生が長期休みになる時期は、とても忙しいです。」

 
 ◇ 休日は、どのように過ごしていますか。  

 ◆ 「お休みは、外出することが多いのですが、
    できるだけ外食をして、他のお店をチェックするようにしています。」

休みの日も仕事に役立つ情報を収集するなど、
とても研究熱心な関山さん! 本当に、感心します。

最近は、ホールの仕事にも興味が出てきたそうで、
お客様と談笑する関山さんの姿を見るのも、そう遠くないかも・・・

それでは収録と参りましょう・・・
表情が硬くなったかな・・・ と感じましたが、笑顔が見られるので、
大丈夫、大丈夫!! 
d0162301_1642951.jpg
   

無事に収録は終了!
関山さん、ありがとうございました。

関山さんのお薦めは、「かきあげそば」なんですって!
是非、お近くの南部家敷で、ご賞味下さい! 


恒例の記念写真は、本部の玄関前でぱちり!

【写真に向かって、前列右側から 葛巻 孝一郎取締役常務、茨島店 関山 南海さん、
真坂 はづきさん、後列右側から 澤 英晃秋田北地区オペレーションマネージャー、
小野寺 覚本部統括オペレーションマネージャー】
d0162301_16434146.jpg



この模様は・・・

10月18日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   
[PR]
by fresh-akita | 2013-10-16 09:00 | ラジオ番組取材後記

お楽しみあれこれ

10月も半ばにさしかかり、だんだん日が短くなってきました。
ちょっと日が暮れてきたかと思うと、瞬く間に日は落ちてしまいます。

時計の針はいつもと同じなのに、暗くなるとなんだか急かされているような気がして、
夕飯の支度も自然とスピードアップ!
テキパキはかどるので、夜の時間にちょっとゆとりを感じています。

そんな夜のお楽しみは「朝ドラ」001.gif
先月までは 「あまちゃん」だけでしたが、10月からの新番組に加え、
「ちりとてちん」と「ちゅらさん」の、豪華3本立て!

放送当時はほとんど見ていなかったので、我が家的には全て新番組!
毎日楽しみです。

日々ちょっとしたお楽しみがあると嬉しいものですね

お楽しみといえば、実はもう一つ … お隣の雑貨屋さん016.gif
とっても素敵なお店です。

ちゃっかり一足先に遊びに行った息子が、
「ママの好きそうなもの いっぱいあったよ」
と言っていたとおり、店内は、素敵なものでいっぱい!!

きれいな薔薇のイラストに一目ぼれ053.gif
来年のカレンダーとかわいいプッシュピンを買いました。

d0162301_115052.jpg


ちょっと早いですが、カレンダーをめくるのが今から楽しみです!
[PR]
by fresh-akita | 2013-10-11 13:00 | ほんの一言・・・

(株)財産コンサルティング 応募前見学会を開催しました

10月4日058.gif株式会社財産コンサルティング
応募前見学会を開催しました。
ところで、会社の名前、「どこかで見たな~」とか「聞いたことあるな~」という方、
結構いらっしゃるかもしれません。たしかに、看板やのぼりをよく見かけます。

では、実際どんな会社なのか?013.gif
もちろん、会社のホームページを見て、ある程度の会社概要等は知ることはできますが、
やはり、実際に足を運んで、直接、見て聞いてみなくては…理解度がまるで違います。
今回の応募前見学会で、さらにその思いが強くなりました。

さて、今回は分譲住宅に集合してのスタート!
爽やかな秋晴れの午後、閑静な住宅街にあるとても素敵なモデルルームにお邪魔しました。
d0162301_172254.jpg

2階のリビングルームで、営業部係長さんから、今回の募集職種である
「営業、アドバイザー・営業サポート」のお仕事について詳しくお話を伺いました。

ところで「営業」と聞くと、ノルマがあって大変そう…と思っている方もいらっしゃるかも
しれませんが、(株)財産コンサルティングでは、ノルマはありません!
 その点については求人票にもきちんと記載されています045.gif
また、不動産業というと、ドラマや映画で変にデフォルメされる影響で(悪質な地上げ屋とか!)
なんとなーく悪いイメージがあったりと、とかく誤解?を招いているようですが、
そんなことはいっさいありませんのでご安心を!!001.gif

そんな思い込みや誤解を解くためにも、ぜひもっと多くの方に参加してほしかったなー
d0162301_1722757.jpg

営業部係長のお話からは、仕事に対する熱い想いがすごく伝わってきました。
「夢をカタチに… 数年先を今にしていく」 という言葉がとても印象的でした。
これまでに担当した方々は、100%幸せに暮らしているそうです。
離婚したカップルが一組もなく、今も家族みんながHAPPY053.gif
とても説得力があります017.gif

とはいえ、家を買うのは、その人の一生に関わる重大なこと!
お客様との最初の対応から、企画~家の完成~引き渡し、そしてその後も続く、長ーいお付き合いになるんだそうです。なによりも、信頼をつくらなければ成り立たない仕事です。

いろいろなことを経験し、今に至っていらっしゃると想像しますが、
お客様への対応については、自分一人だけではなく、
大きな失敗をしないように、先輩が手を差し伸べてくれる手厚いサポートがあってこそだそう。
研修では、社員同士でロールプレイングをするそうです。 かなり盛り上がるんだとか037.gif
お話の随所から、社員同士の仲が良く、先輩社員、上司と風通しがいい雰囲気が伝わってきました。
d0162301_954896.jpg

モデルルームを後にして、次は施工中の現場へ!
とても広い敷地と大きな住宅005.gif
普段なかなか見ることのない家の土台部分や、そのお隣の、建築真っ最中の様子を見せていただきました。
こちらの現場では、クレバリーホームのロゴ入りのネットで覆われていましたが、(株)財産コンサルティングは、ハウスビルダーの「クレバリーホーム」に加盟しているそうです。というのは、家が完成したらおしまいなのではなく、その後の事も考えたご提案→家の修繕が必要になる時期がお子さんの教育費が最もかかる時期と重なるので、修繕が必要のない家を…
つまり初期費用が若干多めでも生涯コストが抑えられるということ。
お客様それぞれのご家族の将来のことまで考慮されているとは!!005.gif
社名に込められた想いが伝わってきます。
d0162301_168122.jpg

最後は会社へ移動してとても素敵なお部屋で、常務と社長に同席していただき、会社概要
説明のほか、今後の事業展開等のお話を伺いました。
それぞれの立場でお話してくださいましたが、どのお話もとても興味深く、じっくり聞き入ってしまいました。
共通して伝わってくるのは、仕事に対する想いとプロの職能集団として発展していく勢い!!
確実に人口減となる秋田において不動産業の将来性はどんなものか、
最初は不安もありましたが「仲介業にとどまらず、派生させるもの(住宅・管理・保険 等々)を創るとまだまだ伸びる」とお聞きし納得045.gif
そしてそれを実現すべく、日々真摯に取り組んでいる社員の幸せありき という会社の方針と社長さんの言葉に感銘受けました。
「社員が活躍できるフィールドを用意して、やり甲斐を創出していくのが経営者の役割」

いろいろなお話を伺いながら、「夢を現実にしていく」という究極の喜びをお客様と一緒に味わえる仕事であり、会社であることを確信しました。もちろん女性も活躍できます。

また、感動したのが社員の方々の来客者への対応016.gif
こんなに丁寧に迎えていただくなんて!終了後もとても丁寧に見送っていただき、
とても温かい気持ちで、今回の応募前見学会を無事終えることができました。

ご多忙のところ、打ち合わせから開催当日までとてもご丁寧にご対応くださり
心から感謝しております。本当にありがとうございました。

[PR]
by fresh-akita | 2013-10-08 17:06 | 応募前見学会の様子

へちまたわし

子供が学校から持ってきた「へちま」がとても大きくなりました。

そこで、"へちまたわし" を作ってみることに003.gif

ネット検索をして、一番簡単だと思った方法で挑戦してみました。


これが、おがった「へちま」
(カットする前に写真を撮っておかなかったことを後悔です・・・)
d0162301_15562011.jpg




寸胴鍋で煮ること20分
d0162301_15564942.jpg



皮がペロンとむけ、こんな状態に・・・。
d0162301_15571249.jpg



その後は、実と種を取り除くため、ジャブジャブしまして、こんな感じになりました。

おーっ、へちまたわしだぁ!!! 後は、乾燥させるのみ

d0162301_1558161.jpg



こんな感じで完成です。

d0162301_15584510.jpg




出来上がりは思ったよりも小さく、もう少し大きくカットすれば良かったと思いました。

やってみないと分からないものですね。


まだ一つ大きく実った「へちま」がなっています。

次回は何に挑戦しようか、考え中です039.gif
[PR]
by fresh-akita | 2013-10-07 09:00 | ほんの一言・・・

ドライブ

いつの間にか、時折吹く風がひんやりして季節の移り変わりを感じますね。006.gif


私は、先週の土曜日、実家の両親と横手の十文字までドライブに行ってきました。

とても天気が良くて、気持ちよかったです。058.gif

途中「ぶどう」や「りんご」の直売所や道の駅に立ち寄り、野菜や果物をゲッ

トしつつ、外を眺めながら気楽なドライブでしたが、両親は気分転換になった

と思いのほか、喜んでくれたので、少しは親孝行できた1日でした。037.gif

今度は何か美味しいものを食べに連れていこうと思います。

あと、1か月もするとまた寒い冬到来です。015.gif

季節の変わり目は体調を崩しがちですので、気をつけましょうね。034.gif

[PR]
by fresh-akita | 2013-10-02 13:36 | ほんの一言・・・