ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Job-Press on Radio < 秋田液酸工業株式会社 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
雪の便りが届くようになりました。タイヤ交換はお済みですか?012.gif

今回の取材先は、秋田市飯島にあります
「秋田液酸工業
株式会社」


フレッシュワークAKITA広報班のメンバー1名と、
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

地図を見ながら会社に移動・・・ 
海沿いの道を秋田市のランドマーク「セリオン」を左手に見ながら進んでいくと・・・
着いた場所は、秋田製錬株式会社!
こちらは40歳代後半以上の方には
とーっても懐かしい『超合金』で有名な亜鉛の生産をしている著名な会社なんですが・・・

「秋田液酸工業株式会社」は、秋田製錬株式会社の敷地内にあったのです・・・
d0162301_942316.jpg

「どーしてなのかな??? 子会社なの?」と疑問符がたくさん頭を駆け巡り・・・009.gif

この疑問を解決しないと夜も眠れないと心配になり、002.gif
西野 正剛 常務取締役工場長 と、
押切 將美 工場長代理兼製造課長
いろいろ聞いちゃいました!

「秋田液酸工業株式会社」は、
昭和49年に業界最大手の日本酸素株式会社と、
秋田市に本社を置き、各種高圧ガス、医療用ガスなどを取り扱っている
株式会社相場商店の共同出資により設立されたそうです。

では、こちらでは何を作っているんですかぁ~?
「秋田県で唯一、液化酸素、液化窒素、液化アルゴンなどの産業ガス・医療ガスを製造し、
 供給しています。」(西野 常務取締役工場長)
へぇーd0162301_10215198.jpg

「秋田液酸工業株式会社」は、
液化の
酸素のから来ているのですね・・・

どーして、この場所に工場があるんでしょうか?
「創業当初は、別の場所に工場を構えていましたが、
 秋田製錬株式会社さんが我が社の製品の大口顧客であり、
 製造に必要な電力を安価で提供してもらえるとのメリットがあったため、
 平成10年に現在の場所に移転しました。」(押切 工場長代理兼製造課長)
d0162301_10202066.jpg


ところで、液化酸素や液化窒素って、どんなことに使用されるのですか?034.gif
「液化酸素は主に医療現場で使われています。
 その他、製鉄やロケットの酸化剤としても使用されています。

 秋田製錬株式会社さんでは、
 亜鉛の生産工程で、弊社の高圧酸素が使われているんですよ。

 液化窒素は、製造現場で主に使用され、特に半導体の製造過程では
 重要な役割を担っています。

 液化酸素や液化窒素は『産業の米』と言われ、
 生産現場ではなくてはならないものなのです。」(西野 常務取締役工場長)

なーるほど・・・ 
お話を聴いてみると、液化酸素や液化窒素は、
意外に私達の生活に身近な存在であることが分かりました!

液化酸素は病院に入院した際や、病気で呼吸に障害がある場合にお世話になりますし、
マラソン大会などでゴール後にスプレー缶の空気を吸っているなんて光景も
見たことありますよね!

液化窒素は、食品製造において瞬間冷凍や輸送に利用される他、
血液の凍結保存や、生殖細胞(精子や卵子)の保存などにも使われています。
最近は、 皮膚科でいぼを除去するのに利用されていまーす。

ここで疑問? 酸素って気体なのに、液化(液体)出来るの?034.gif
「空気に圧力を加え、冷やすと、低温の液体にすることができます。」
(押切 工業長代理兼製造課長)

『百聞は一見にしかず!』 それでは施設内を早速見せていただきましょう!
施設内にどーんと構えるタンク・・・
かなり大きいものです!
d0162301_9453222.jpg

こちらは約30メートルの高さがあるそうで、ビル10階分に相当・・・
保全作業(点検修理)のために建物に昇るそうですが、
初めて昇る従業員の方は、びびってしまうそうです・・・
d0162301_9493111.jpg

秋田製錬株式会社へと製品を供給する配管です。
d0162301_9573391.jpg



工場の内部へと進みます・・・
建物のなかは、大型の機械と配管だらけ・・・
d0162301_1004367.jpg


ここで、製造工程を簡単に説明します!

①原料の空気をろ過器に吸い込み、ゴミなどを除去します。
②コンプレッサーで圧縮し、吸着器で最大の不純物である水分とCO2を、
  吸着剤で除去します。
③熱交換器で-170℃程度まで冷やします。
④冷やされた空気は、空気分離装置へ入れると液体空気になります。
⑤液体空気を、酸素ガスと窒素ガスに分離し、さらに液化させて、完成!

沸点差で分離するのは、原油をガソリンと灯油、軽油などに分離する方法と
同じなんだそうですが、
空気成分を分離し、液化させるには、低温を発生させる装置が必要で、
圧縮機、膨張タービン、膨張弁などの低温発生サイクルを備えています。


こちらは空気をろ過する装置です。
写真向かって左手側より空気を取り入れ、ゴミなどを除去して右手側配管を通して、
次の工程に空気を送ります。
d0162301_1024423.jpg

こちらは、空気を圧縮する機械です・・・
【押切 工業長代理兼製造課長から説明を受けるはづきさん・・・ 真剣・・・】
d0162301_107261.jpg


こちらは、液化窒素を製造する設備d0162301_1095795.jpg



機械の管理は、管理室で行われます。計器類がたーくさん!
d0162301_10271219.jpg

d0162301_10274453.jpg

管理室では機械が正常に稼働しているかを管理する他、
製品の品質のチェックや出荷ヤードの状況なども監視しています。
こちらはトラックスケールと出荷ヤードのモニタ画面です。
d0162301_10293240.jpg

計器やモニタとにらめっこになるため、忍耐力のいる仕事と言えます・・・


こちらは事務室です。紅一点の女性従業員の方が電話対応で忙しそう・・・
d0162301_9441192.jpg


液化の工程は、全て機械の中で行われているため、
「機械しかないじゃん」とお嘆きの読者の皆さん、ご安心下さい!
「秋田液酸工業株式会社」のご配慮で、
製品を使った液化ガスの世界の実験を見せていただきました!038.gif


こちらが液化酸素です。気体は無色ですが、液化するとアクアマリン!地球の色ですよ!
d0162301_1035444.jpg

こちらは、液化窒素です。液化しても無色・・・ d0162301_1037663.jpg


液化酸素は−183℃、液化窒素は−196 ℃で沸騰するそうです!


それでは実験スタート!【実験その1】
①液化窒素のなかに、ゴムボールを入れると・・・
d0162301_1039686.jpg

②液化窒素から取り出したゴムボール・・・ 表面はガッチガチ
d0162301_10401362.jpg

③地面に落とすと・・・ ゴムボールは粉々に・・・
砕けたゴムボールの破片は、とても冷たくゴム特有の柔らかさが失われていました・・・
d0162301_1041967.jpg


【実験その2】
①火をつけた線香を準備します。
②液化酸素に近づけると・・・
d0162301_10435668.jpg

線香は激しく燃焼します。

③激しく燃焼する線香を液化窒素に近づけると・・・
d0162301_10445510.jpg

線香の火は消えてしまいました・・・

火の消えた線香を再び液化酸素に近づけると、
「ポッ」と音を出しながら再び激しく燃焼しました・・・
※はづきさんは、この「ポッ」にしばらくハマッておりました(笑)

【実験その3】
 風船を液化窒素で冷やすと、風船がしぼんで中に液体空気が溜まる・・・
【実験その4】
 フィルムケースに液体窒素を含ませたスポンジを入れて蓋をすると、
蓋が勢いよく飛んでいく・・・
【実験その5】
 液体窒素にパイプ入れると・・・ 雲ができます!
d0162301_117012.jpg



読者の皆さん、実験を通じて液化酸素や液化窒素の特性を
少しは理解していただけましたか?

※実験のご担当者の方、
 準備はかなり時間かかったのでは? 
 本当に、ありがとうございました!!!


さて、「秋田液酸工業株式会社」に求められる人材について、
西野 常務取締役工場長にお聞きしました。

「製品の製造には電気を必要としています。
 そのため、作業に従事するには高圧ガスに関する知識の他、
 電気に関する専門的な知識が必要となります。

 理系の方が望ましいですが、オペレーターの場合は、
 文系でも国家資格に合格できるようにしっかり勉強する方であれば
 採用を考えられると思います。」(西野 常務取締役工場長)

会社で必要とする国家資格には、「高圧ガス製造保安責任者」と
「エネルギー管理士」があります。
学生でも取得できる資格もありますが、
受験要件に職務経験を必要とする資格もあり、入社してからも勉強が必要です。

押切 工業長代理兼製造課長は、いかがですか?

「工場は24時間稼働しており、交替勤務となるため体力が必要です。
 特に夜間は2名体制の勤務となるため、チームプレイで一緒にがんばれる
 協調性も必要です。」(押切 工場長代理兼製造課長)

「秋田液酸工業株式会社」は、従業員13名の少数精鋭の会社・・・
50歳代の方の割合が高くなってきたため、
会社を担っていく次世代の人材を採用する時期を迎えました・・・

製造の管理はもちろん、保全作業も行うため、
頭脳と肉体労働の両方を行える方が必要となります。

一定の品質の製品を製造するために必要な知識などの習得は、
大陽日酸株式会社の研修を受講できるそうですよ!

ここで、西野・押切両氏の期待の新入社員をご紹介いたします!
正木 友人さんです。

正木さんは、今年度入社したばかりのフレッシュ従業員!
工場内計器の監視及び製品製造に係る機器の運転管理と、
設備の保全管理を担当しています。
【写真向かって左側(立っている方):仕事中の正木さん】
d0162301_1250826.jpg

横手市ご出身の正木さん・・・
中学卒業から地元を離れ、秋田市内の工業高等専門学校に進学します。
卒業後は千葉県にある石油精製会社で働いていたそうですが、
だんだんと地元に戻りたいとの想いが大きくなり、
秋田に戻るため、Aターン登録制度
活用することに・・・

石油精製会社で身につけた技術を生かしたいと考えていた正木さん・・・
送られてきた情報の中から目に留まったのが、
「秋田液酸工業株式会社」でした・・・

「資料を送って下さった企業の中で会社概要(リーフレット)が同封されていたのは、
 秋田液酸工業株式会社だけでしたね。
 求人内容だけでは会社の様子がつかめなかったので、
 リーフレットが同封されていたことが、とても印象深かったのを覚えています。」(正木 さん)

前職はとても高温の環境で作業していたそうですが、
コチラの会社は機械の中は氷点下の世界・・・
作業現場もとてもきれいなのが印象的だったとか・・・

また、いろいろな地域の出身者がいた前職に比べ、
秋田県人だけの職場ということで、安心して仕事ができると話す正木さん・・・

Aターン登録制度がお役に立てて、何よりです。003.gif

秋田の生活は、生涯初めての一人暮らし・・・
本格的な自炊も初めてだそうですが、会社には弁当を持参するとのこと!
正木さんは、はやりの「料理男子」なのです・・・

押切 工場長代理兼製造課長の誘いもあり、早起き野球にも参加しているそうで、
充実した私生活を送っていますよ~

「会社に貢献したいとの気持ちが強くなり、『高圧ガス製造保安責任者』について、
上位の資格(甲種)取得に向けて努力しているところです。」(正木 さん)

「秋田液酸工業株式会社」では、
唯一の20歳代の正木さんですが、「仕事以外のこともいろいろ話せる後輩が欲しい」と
話していましたよ。

とてもお話が上手な正木さんなんですが、
収録もとーってもお上手!なんと本番1回でOKとなりました!素晴らしい!
d0162301_125235100.jpg


空気を原料として生産される液化酸素や液化窒素・・・
生産工程の廃棄物がほとんどないという、とても不思議な製品です。
そして、100%自然に帰るというところも、この製品の特徴と言えます。

そんな不思議な製品に携わってみたいと思う方、
是非「秋田液酸工業株式会社」に応募して下さいね!

恒例の記念写真は、お話をお伺いした皆さん全員でぱちり!
【写真に向かって、左側から 西野正剛 常務取締役工場長、正木友人さん、
真坂はづきさん、押切將美 工場長代理兼製造課長】
d0162301_12592794.jpg



この模様は・・・

12月2日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif  
[PR]
by fresh-akita | 2011-11-30 09:00 | ラジオ番組取材後記

勝平中学校のみなさんがいらっしゃいました!

今日は、午前午後とも市内の中学生がいらっしゃいました。
午前は、飯島中学校の生徒さん2名!
午後は、勝平中学校千秋分校の生徒さん17名!001.gif
d0162301_1636944.jpg

ビデオでの学習の様子。
d0162301_16504460.jpg


勝平中学校のみなさん、訪問ありがとうございました。
今日をきっかけに、働くことについて考えてみてくださいね006.gif
[PR]
by fresh-akita | 2011-11-29 16:58 | 団体利用

飯島中学校の生徒さんがいらっしゃいました!

みなさん、こんにちは001.gif
今日は、飯島中学校の2名の生徒さんがいらっしゃいました。

d0162301_1625195.jpg

写真は適職診断の様子。
d0162301_1641025.jpg

ビデオ学習の様子。
d0162301_1644669.jpg


飯島中学校の生徒さん、今日をきっかけに「働くということ」について、
じっくり考えてみてくださいね056.gif
[PR]
by fresh-akita | 2011-11-29 16:22 | 団体利用

靴下

こんにちは001.gif  

今日は秋田市も雪が降り、外は冷たい風が吹いてます・・・・

見てるだけでも、お~寒い・・・

さて、

子どもの冬服を出さないとと思い、衣類の整理をしていると

去年履いていた部屋用の靴下がきつくなっていました。

顔が書いているので、捨てられず取っておくことに・・・
d0162301_1317617.jpg


足って大きくなるのが早いんですよね。 

それに靴下って、最後に洗濯するのでカゴの一番下で、

ひからびて出て来たりするんです。

そんなある日、娘から「靴下が片方ずつしかない」とクレームがきました。011.gif

その夜中、カゴの底を掘ってみると、出るわ出るわ070.gif

全部洗濯をして干してみると、2mの物干し竿4本が、いっぱいになってしまいました。
 
d0162301_144524.jpg


七夕祭りみたい012.gif
[PR]
by fresh-akita | 2011-11-21 14:12 | ほんの一言・・・

Job-Press on Radio < 株式会社羽後交通観光 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
『マイコプラズマ肺炎』が流行しているそうです!お気を付け下さいマセ!012.gif

今回の取材先は、横手市前郷二番町にあります
「株式会社
羽後交通観光」


フレッシュワークAKITA広報班のメンバー2名が、
訪問してきました!

このほど新しい駅舎が完成したJR横手駅から徒歩5分。
駅前の大通りから小道に入ると・・・
「株式会社羽後交通観光」本社があります!
d0162301_11827.jpg

道路を挟んで反対側には「羽後交通株式会社」の本社が・・・
d0162301_1191489.jpg

名前から想像すると、2つの会社には関係があるようなんですが・・・008.gif

詳しいことを、井上 俊二常務取締役営業部長にお聞きしましょう!

「株式会社羽後交通観光」って、どんな会社なんですか?
「株式会社羽後交通観光」は、昭和39年9月に業務を開始した旅行業を行う会社です。
羽後交通株式会社の100%子会社となっています。
本社の他、秋田県内に7つの営業所を設置しています。」(井上 常務取締役)
d0162301_11103536.jpg

なるほど・・・ 羽後交通株式会社が親会社なんですね・・・ 納得、納得036.gif

羽後交通株式会社は、県南を中心に乗合バスや高速バス、貸切バスなど
秋田県の公共交通を担っている会社ですが、
そんな羽後交通株式会社がどうして旅行業に進出したのでしょうか?

もともと羽後交通株式会社は鉄道から始まりましたが、時代は鉄道から自動車へ移行・・・
会社も鉄道からバスに移行していきます。

まさに日本は高度経済成長まっただ中、
「これからは旅行業がくる!」と考えた当時の担当者!
幸い、旅行の際の移動手段である「バス」は確保されている・・・

「よーしっ!旅行会社をやろう!」となったのだとか・・・

業務開始当初は、学校の遠足や修学旅行を手がけていたそうですが、
現在ではJRや飛行機の乗車券や宿泊手配、
個人旅行の相談からさまざまなパック旅行を取り扱うようになりました。

パック旅行は「株式会社羽後交通観光」が企画し、
多様な旅行先、さまざまな趣向をこらしたもの!

「秋田県の旅行会社がマチュピチュの旅行を企画するなんて、
すごいことなんですよ」(井上 常務取締役)

”マチュピチュ”といえば、日本の裏側南米ペルーにあるインカの都市遺跡・・・
なかなか渋いところですが、
大手旅行会社だけが手がけているのかなぁ・・・なんて思っていましたが、
「株式会社羽後交通観光」でも企画しているんですって! たしかにすごい!038.gif

そんな「株式会社羽後交通観光」の社内をご案内!

本社入り口には、売り出し中の企画旅行のポスターが・・・
d0162301_14193150.jpg

こちらにも、チラシやご案内が・・・
d0162301_14203937.jpg

店内には、パック旅行のパンフレットが所狭しと陳列されています・・・
d0162301_14213728.jpg

d0162301_14215610.jpg

事務スペースでは、社員の方々は電話応対に忙しい!
d0162301_14224384.jpg

自社企画のチラシ・・・ ご希望の方は、直接ご連絡下さいね!
d0162301_1423207.jpg


井上 常務取締役に、最近の顧客ニーズについて伺ってみました・・・
「旅行に対する価値観が多様化している昨今の傾向を反映し、
お客様のご希望は、費用が高めの贅沢な旅と、
安価でお得感満載の団体パック旅行に二極化しているようです。」(井上 常務取締役)

“旅行”が日常生活の中でとても身近な存在になったこともあり、
手軽に利用したい派と日常からかけ離れてリッチな気分を楽しんでみたい派が
いらっしゃるようですね!

多様なニーズに応えることが求められる「株式会社羽後交通観光」ですが、
どんな人材を求めているのでしょうか?

人事に関しては、親会社である「羽後交通株式会社」の
髙貝 心斉人事部人事課長にお伺いしました。
「羽後交通株式会社も含め、私共はサービス業に従事しているといえます。
それは、どの業務も『お客様あっての』仕事だからです。

そのため、社是である『安全・正確・快適』を実践できる方、
サービス業に徹することができる方を求めています。」(髙貝 人事課長)
d0162301_11173955.jpg

旅行の添乗業務であっても、運転手であって、整備士であっても、
全ては『お客様あっての』仕事・・・ 
常に『安全・正確・快適』を追求することが、お客様の満足につながる・・・ 
羽後交通株式会社と関連会社が求めているのは、この点につきるそうです。

では、求めている人材を見極めるため、採用面接ではどんなことを質問しているのですか?
「当社を選んだきっかけを重要視しています。
また、どんなことが好きかも必ず聞くようにしています。」(髙貝 人事課長)

「好きこそものの上手なれ」なんて言葉もありますが、
適性を考える上で、「どんなことに興味があるか・好きなのか」を理解することが
大切なんですね・・・

井上 常務取締役にも「旅行業に求められる人材」について、お聞きしました。
「意欲がある方でしょうか。
 働いているといろいろな壁にぶち当たることがあると思います。
 その際にあきらめず、努力を続けて乗りこえる・・・
 努力を続けるために、意欲はかかせません。

 意欲は、興味にも繋がります。例えば、ただテレビを見ているのではなく、
 新たな企画につながるものはないかという視点が必要だからです。」(井上 常務取締役)

サービス業という性格から、礼儀をわきまえられる方という項目も加わるそうですよ・・・

ここで、先輩社員にご登場願いましょう!湯沢営業所 大沼 慎さんと、
横手営業所 沓澤 充さんです!
お二人とも、なかなかのイケメン!好感度高いですよ016.gif
お二人は、それぞれの営業所で販売係(営業)として勤務しています。

「株式会社羽後交通観光」の場合、
販売係(営業)は、
お客様の自宅や職場をまわって、商品のご提案をすることに始まり、
カウンター(窓口)での対応や発券業務、
そして、旅行の添乗までマルチにこなす必要があります!

特に添乗に関しては、資格はもちろん経験と知識が必要な仕事・・・
特に海外旅行の添乗に関しては旅行先の文化を学び、
お客様の安全を確保するため、危機管理意識を高めることが必要となります。

なかなか大変なお仕事を担当しているお二人ですが、
最初にお話を伺うのは、湯沢営業所 大沼 慎さんです。

大沼さんは湯沢市のご出身!大仙市内の実業高校を経て、
営業職としてがんばっていらっしゃいます。

ここからは、Q&A形式でお送りいたします!

Q 担当エリアなどはありますか?

A 雄勝と羽後地域を担当しています。
  訪問する団体としては、老人クラブや役所関係が多いですね。
  1日に5~6ヶ所くらい訪問することがあります。

Q 旅行好きとお聞きしましたが・・・

A 小さい頃から両親と度々旅行に出かけていました。
  東京ディズニーランドにも5回は行っています。

Q 旅行会社で働こうと思ったのは、いつ頃でしょうか?

A 高校に入ってから、旅行に携わる仕事に就きたいと考えました。
  両親や先生にも相談し、OKを頂きました。
  もともと旅行好きでしたが、大人になるにつれ、
  「世界に行きたい」との思いが強くなったことも、希望した理由の1つです。

もともと好きだった旅行を仕事に選んだ大沼さん・・・
数ある旅行会社の中から、「株式会社羽後交通観光」を選んだのは、
「小さい頃から羽後交通のバスを利用することが多かったから」とのこと・・・
う~ん、地元LOVEですね!

Q 最初は、どちらの営業所に配属されたのですか?

A 本荘営業所です。自宅から通うことができないので、
  会社の寮に入りました。3食作ってもらえて、とても楽しかったです。

社員寮は由利本荘市にしかないそうですが、
初めての一人暮らしも社員寮なら寂しくないですよね!
d0162301_13254356.jpg

Q 失敗経験などはありますか・・・

A 本荘営業所で窓口を担当していた時に、
  定期券の区間を間違って売ってしまったことがありました。
  すぐに間違いに気がつき、お客様の自宅に定期券を取り替えに伺いました。

Q 営業の仕事でよかったと感じる事は?

A お客様から「ありがとう」といってもらえるだけでうれしいですね。

Q 添乗(旅行などにお客様のお世話や案内のため、付き添うこと)も行うそうですが・・・

A 初めての添乗は、先輩のサブとして、宮城県の松島に修学旅行でした。
  どのように動いたらよいかわからず、困ったのを覚えています。
  新型インフルエンザが流行した年の添乗では、マスクの携帯や
  バスからの乗り降りの際に、消毒液で頻繁に手を消毒したことが印象に残っています。

Q 添乗する時の心構えは?

A お客様に喜んでいただけるように、そして、怪我のないように心がけています。

時には、旅行日程を度外視し、わがままとも思える要求をするお客様をいるそうです。
そんなお客様にはきちんと状況を説明し、納得してもらうようにしているという大沼さん・・・

「出来ません」というのは簡単ですが、
まずはお客様の気持ちを受け入れ、その上で状況を説明し納得していただく・・・
その気持ちがお客様の満足度を上げる秘訣でしょうか?

とても体格の良い大沼さんですが、
小学生から続けているバスケットボールの成果だそうです!
又の名は、「羽後交通のタブセ」!

「世界へ」との気持ちからこの業界に入った大沼さん・・・
国外への添乗を目指し、勉強中とのことです!  
 
続いてお話を伺うのは、横手営業所 沓澤 充さんです。

沓澤さんも湯沢市のご出身!湯沢市内の実業高校・秋田市内の大学を経て、
営業職としてがんばっていらっしゃいます。

沓澤さんが入社したのは、2011年3月11日・・・
東日本大震災の日です。

地震が起こった時には、羽後交通株式会社本社で採用研修を受けていたそうで、
とてもびっくりしたそうです。
停電のため予定していたスケジュールがこなせず、一部の研修は翌週再度行ったとか・・・

沓澤さんの社会人第一日目は、より一層印象深い日となりました・・・
入社1年目ということで、先輩に教わりながらの毎日とのことですが・・・

ここからは、Q&A形式でお送りいたします!

Q 大学のどの時期から就職活動を始めましたか?

A 大学3年の11月からです。
 
Q 旅行会社を希望した理由は?

A 大学の専攻とは異なりますが、サービス業での就職を希望していました。
  また、大学の4年間は地元を離れましたが、親元での就職を希望していたので、
  地元企業で、人々の夢や希望に繋がる職種をと考えた時に、旅行会社が浮かびました。
  
  もう一つの理由としては、
  小さい頃から続けてきた野球を続けられる会社というものがあり、
  その条件にも当てはまっていたので、入社を希望しました。
d0162301_14251570.jpg

親元を離れたいという若者が多い昨今、沓澤さんのような人材は貴重ですよね・・・
この部分のインタビュー、ご両親に聴かせたら、きっと涙ぐんじゃいますよ・・・007.gif

Q 会社を理解するために、どんな活動をしましたか?

A 8月に行われた「会社説明会」に参加しました。

やはり、実際に会社を訪問し、担当者からお話を聴くのが一番ですよね!

フレッシュワークAKITAでも「応募前見学会」という事業をやっていますが、
参加された方からは口々に「参加することで、
より会社が理解できた」とのご意見を頂いております!
「百聞は一見にしかず!」

Q 添乗も行っているそうですが・・・

A 初めてサブで添乗した時には、飛行機の搭乗口が分からず、
  とても困ってしまいました。

  一人で添乗した時に、「楽しかった、ありがとう」とお客様に言われたことが、
  とても印象に残っています。

Q これから行ってみたいところはどこですか?

A 国内なら沖縄、海外は韓国に行ってみたいです。

社会人として頑張る沓澤さんですが、趣味の野球も続けています。
複数のチームで、それも軟式と硬式の両方に所属しているという沓澤さん!
本当に野球が好きなんですね!

スポーツマンの沓澤さんは、
「努力は裏切らない」という言葉を大切にしているそうです。

仕事に、野球にこれからもがんばって下さい!

【インタビューの様子】
d0162301_14283072.jpg

最後に、先輩社員のお二人からの後輩に向けて、メッセージをどうぞ!

大沼さん「社会人として、挨拶やマナーは不可欠です。
       私は、部活動を通じて、それらを学んできました。
       皆さんにも、部活動を通じて、挨拶やマナーを身につけて欲しいと思います。」

沓澤さん「学生時代にアルバイトをすることを勧めたいと思います。
      ただアルバイトを行うのではなく、自分の仕事に責任を持って行って欲しいです。」

大沼さん、沓澤さんありがとうございました。
お忙しいところ、お話を聴かせていただいた、井上 常務取締役、髙貝 人事課長にも
感謝申し上げます。

恒例の記念写真は、先輩社員のお二人が急遽?接客中のところをぱちり!
【写真に向かって、左側が大沼 慎さん、右側が沓澤 充さん】
d0162301_14301456.jpg


この模様は・・・

11月18日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif  
[PR]
by fresh-akita | 2011-11-16 09:00 | ラジオ番組取材後記

被災地を訪れて・・・

東日本大震災から8か月が経過しようとしています。
復興支援に向けた様々な取り組みが、連日ニュースなどで報道されていますが、
現在の被災地の状況について、自分の目で確かめてみたい・・・

そんな気持ちから、被災地を訪れることとなりました。
被災地での飲食や買い物を通して、少しでも貢献したいとの気持ちもあったからです。

今回は、石巻から陸前高田市まで、被災地を北上しましたが、
どの地域にもがれきがうずたかく積まれ、
中には大型船が撤去されずに町中に置かれていたりしています。
【石巻市内の写真-大きなタンクが中央分離帯に横たわっています】
d0162301_10234290.jpg


【石巻市内の写真-地盤沈下のため、陸地と海面の差がなくなっています】
d0162301_10291850.jpg


1メートル近く地盤沈下した地域もあり、
大潮に備えて、海岸付近にはたくさんの土嚢が積まれていました。

【南三陸町の写真-2段に積まれた土嚢】
d0162301_10374543.jpg


【南三陸町の写真-倒壊した二階建ての建物とがれきの山】
d0162301_10335743.jpg


特に南三陸町と陸前高田市は、海岸からの平地は津波被害にあっており、
鉄筋5階建ての建物の4階まで浸水していました・・・

【陸前高田市の写真-JR陸前高田駅があった場所】
d0162301_1049557.jpg

写真の奥に見えるのは、ホームの跡と思われます。
駅舎は1934年に建てられた木造だったそうです。

被災地で感じたのは、買い物をする場所が身近にないこと・・・
コンビニやスーパーなど、プレハブで営業を始めたところもありますが、
秋田でも活躍している『移動販売車』が、被災地でもがんばっていました。

最後に・・・
震災に耐えた陸前高田市の一本松の写真です。
d0162301_105649100.jpg


『がんばろう 東北』 この想いを象徴する木と言えます。

まだまだ復興には時間がかかります・・・
個々の力は小さいかもしれませんが、継続していきたいとの想いを強くしました。

『がんばろう日本 がんばろう東北』
[PR]
by fresh-akita | 2011-11-14 09:00 | ほんの一言・・・

有限会社瀧田養鶏場 たまごの樹

みなさん こんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」

11月に入り、深い紅葉の色合いに溜息が出ます。きれいですよね。
紅葉狩りのお共には、ぜひ、ゆで卵を・・・ 

今回の取材先は、秋田市河辺にあります
「有限会社瀧田養鶏場
たまごの樹 河辺店」

d0162301_1656446.jpg


フレッシュワークAKITA広報班のメンバー1名と
番組パーソナリティの真坂はづきさんが訪問してきました!

「たまごの樹」といえば、産みたての新鮮卵の直営店。
広報班メンバーも卵を買いに度々訪れるお店で、必ず茶碗蒸しを買って帰ります012.gif

「たまごの樹」は、河辺店のほか、潟上市には追分店があります。
そしてこの度、3店舗目の大曲店がオープン予定です。

今回お話を伺ったのは、
瀧田 稔代表取締役
流通部門の佐々木 勇流通部長
直営部の小林由香さん
です。

佐々木流通部長は、入社10年目。高校時代は鴨の飼育を専攻していたそうです。
入社後は鶏の飼育、配送、営業をご経験され、現在は流通部門で配送営業をしています。
d0162301_16573570.jpg

小林さんは入社2年目。
高校の調理科で勉強したことを活かせる仕事をと、入社を希望しました。
直売部門でレジやラッピングなどのお仕事をされています。
d0162301_16574893.jpg


それでは、さっそく伺いしましょう!
-「たまごの樹河辺店」は今年7周年ということですが、
          直営店を出したきっかけを教えてください。-

「養鶏場を経営するなかで、鶏数の少ない小規模な養鶏場が廃業に追い込まれ、
全国的に年々数が減っている現状にあります。
この瀧田養鶏場も3万羽を持つ小規模な養鶏場のため、将来について選択をしなければ
なりませんでした。
規模を大きくするために鶏の数を増やすか、廃業をするか・・・
そんな時、関東地方で同じく卵にこだわりをもつ小規模な養鶏場が直営店を出し
成功している事を知りました。
大量に生産する大規模な養鶏場ではできない、
小規模だからこそ出来る事があると考えました。
瀧田養鶏場も直営店を出し、養鶏場の経営を続けていこうと決めました。」(瀧田代表取締役)

これが“たまごの樹プロジェクト”のはじまり。
モニター会を開き、地元住民の方々とコミュニケーションを交え、
そこから、お客様が求める店のあり方やコンセプトを考えたそうです。

「モニター会に参加していただくために地元河辺と御所野地区に、
自転車で一軒一軒チラシを手配りしました!001.gif」(佐々木流通部長)

そして、商品の準備も進めました。
新鮮な卵とその卵を使った洋菓子も一緒に販売することにしました。
「たまごの樹」と言えば、「シュークリーム」が連想されますよね。
黄身の量が通常の2倍。濃い色の黄身を使っているそうです。
お土産に持参すると喜ばれる人気のシュークリーム・・・ 
その中のカスタードクリームを、小林さんが作ることもあるそうです。

「大変なのは、カスタードを任された時です。
ちょうど良い堅さにするのが難しいんです。」(小林さん)

-厨房からお客さんの顔が見えるのも刺激になっているのでは?-

「自分が作ったものを食べているのを見たり、
美味しいねと声をかけてくれるのが嬉しいです。」(小林さん)

・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・
ここからは、瀧田養鶏場こだわりの卵について。
店に入ると、“もみじ”と“さくら”の文字が・・・・
d0162301_16582643.jpg

「赤い卵がもみじという赤茶色の鶏。ピンクの卵がさくらという淡い色の鶏です。 
鶏の羽の色が殻に現れるんです001.gif」(佐々木流通部長)

卵の名前は、鶏の品種名だそうです。みなさん、ご存じでしたか?
d0162301_16595445.jpg

国内で売られている卵の親鶏は、9割以上が海外からの輸入。
しかし、瀧田養鶏場では純国産品種である“もみじ”と“さくら”を育てています。
どちらも濃厚で美味しい卵を産む品種です。

瀧田養鶏場の鶏は、天然の飼料を配合した餌を食べています。
配合されているのは、唐辛子、よもぎ、乳酸菌、納豆菌、ワインの絞り粕、ぶどうの種子、
海藻、にんにく、炭(木酢)。
親鶏の健康維持や黄身の弾力、コクや甘みを出す、
鮮度を長持ちさせるなどの働きがあるそうです。

「地元の方に地元産のものを安心安全に食べて頂けたら・・・・
良い卵を知って頂けたらと思います。」(佐々木流通部長)

詳しくは、(有)瀧田養鶏場のホームページでもご紹介していますので、ご覧ください。

・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・
ここからは店内を見てみましょう!
d0162301_1715248.jpg

1つ1つの商品に手書きのポップ。
d0162301_165968.jpg

筆で書かれていて暖かみがありますよね。 
リピーターが多い理由の一つでもあるのでしょう。 店内は和みムードが漂っています。
d0162301_171168.jpg

オムライス用のケチャップ「コケチャップ」と卵かけごはんの醤油「黄身といつまでも」
商品名がユニークですね。006.gif 
d0162301_1703841.jpg


商品も店舗によって違うものを提供しています。
河辺店では、卵と洋菓子、燻製卵など。 
追分店では、レストランを設けオムレツなどの卵料理と卵。
開店を控えている大曲店では、卵と鶏肉を使った惣菜が主です。
それぞれの場所で何通りも楽しめるのがいいですよね。001.gif

また、瀧田養鶏場では、月に1度イベントを開催しています。
「店とお客様との価値観の共有が大切だと思っています。
店側が当たり前だと思っている知識は、お客様にとっては知らないこともあり
新鮮な事であったりするんです。
イベントを通して知識を提供し、お客様の声を通して店の改善点を
知るきっかけにも繋がると考えています。」(瀧田代表取締役)

定期的なイベントは、店により親しみを感じさせるマジックが沢山あります!
「生卵つまようじ立て」「餌付け教室」「にわとりお絵かき教室」「卵を使った料理教室」
「タルタルソース作り教室」・・・
イベントは女性の意見を取り入れ、瀧田代表取締役がお考えになっています。
特に「生卵つまようじ立て教室」は、新鮮な卵の黄身はこんなにも崩れないのかと
思い知らされるイベントの一つです。 慎重に、1本づつ・・・・。

・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・
今月11月もイベントを開催するそうです。
11月12日(土)、13日(日)は、7周年祭!
瀧田養鶏場に興味のある方、ぜひご参加くださいませ。
美味しい卵が待っていますよ~058.gif
詳しくは、たまごの樹のホームページでご確認ください。

【向かって左から小林由香さん、真坂はづきさん、瀧田 稔 代表取締役、、佐々木 勇 流通部長】
d0162301_16481434.jpg


瀧田代表取締役、お忙しい中のご対応、ありがとうございました。
佐々木流通部長、小林さん、突然の収録緊張されましたよね・・・・
お疲れさまでした。ありがとうございました。
                    040.gif

放送は、11月11日(金)17:40~ お聞き逃しなく!

・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・   ・・・
[PR]
by fresh-akita | 2011-11-09 09:00 | ラジオ番組取材後記

さんびぃぐなったんすなぁ

御所野は秋田市の中でも季節が少し先を行っていると感じている、
>「季節特別区」とも言えるかな?
フレッシュワークAKITAのおばさんです こんにちは001.gif

朝 「おっ さんびぃごど(寒ぃじゃん)」もぞもぞ・・・・と Bed から這い出て、
先ずテレビのスイッチON
すると・・・・・・
「スタッドレスタイヤのCM」
>眼から入った情報で寒くなります050.giforz

そこで、寒さ対策
牛乳を 文明のリキ(古っ 笑w)「電子レンジ」 チン♪ ほかx2 063.gifMilk
そこへインスタント珈琲 投入~
お腹の中から「秋」をまったりと感じています

朝靄で曇った車のフロント&リアガラスを ええぃ!と払い
テンション上げx2 BGM 060.gifで20分の通勤ドライブ
センターに着いたら、挨拶 あいさつ aisatsu

朝の「おはようございます」は、「今日もよろしくお願いします!」と「元気度のモノサシ」
やはり 挨拶 大事 です。
言葉の調子や言い方で自分も相手も雰囲気や様子がわかります。
>センター長の超ハツラツ「おはようございます」は
>お手本です。(いつも丁寧&元気

挨拶はコミュニケーションのなんちゃら と 言いますが
人としての「基本」でしょ 
多くを語らなくても、最初の一声でわかりますもん。
>初対面であれば 尚更・・・こんにちわ
ありがとうございます
 
美しい言葉です

だから 相手に伝わるように言いたいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東北の人は「無口」とか「喋るのが苦手」
雪が口に入るから、あまり口を開けて喋らない
なぁ~~んて 言われたりしてますが
そんなことは無っしんぐ
>“北へ帰る人の群れは誰も無口で~♪”
>「津軽海峡冬景色」の歌詞 じゃないですからwww
[PR]
by fresh-akita | 2011-11-07 09:00 | ほんの一言・・・

Job-Press on Radio < 合同会社秋田デジタルアセット >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
いよいよ11月・・・ 今年も残り2か月を切りましたね・・・012.gif

今回の取材先は、秋田市土崎港にあります
「合同会社
秋田デジタルアセット」


フレッシュワークAKITA広報班のメンバー2名と、
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

国道7号線沿いにある土崎消防署の裏手側・・・
秋田市が設置している「チャレンジオフィスあきた」があります。
この施設は、新規創業など新たに事業を始めた方に、
通信インフラ等の整備された事務・作業スペース(創業支援室)を安価で提供している施設です。
d0162301_1113436.jpg

同施設にはインキュベーション・マネジャーもおり、
市内はもちろん県内外を問わず、創業や経営に関する相談に乗ってくれるそうですよ!

この施設の3Fに「合同会社秋田デジタルアセット」の事務所があります!

詳しいことを、戸澤 嘉之 代表社員にお聞きしましょう!

「合同会社秋田デジタルアセット」って、どんな会社なんですか?
「合同会社秋田デジタルアセット」は、2009年8月に設立されたソフトウェア会社です。
主に消化器科や婦人科の細胞診・病理組織診断支援システムの
企画・開発・販売を行っています。」(戸澤 代表)

「細胞診・病理組織診断支援システム」・・・?008.gif008.gif008.gif

難しい漢字が一杯なんですが、もう少しわかりやすく教えてもらえますか?002.gif

「患者さんが病院を受診した際、悪性腫瘍(例えばガンなど・・・)が疑われる場合は、
 医師(臨床医)は、細胞診と呼ばれる検査を行います。
 
 細胞診は組織を採取し、病理医と呼ばれる専門の医師が悪性かどうかを判断します。
 その結果は臨床医に伝えられ、治療が必要かどうか、
 治療が必要な場合はどのような治療を行っていくかを患者さんと相談する
 という流れになります。

 この流れの中で、細胞診の標本取り違えなどのミスを防止する他、
 報告書の作成をスムーズにするなど、
 結果を迅速に誤りなく提供するためのシステムを手がけています。」(戸澤 代表)
d0162301_1119334.jpg

じつは・・・広報班スタッフも、細胞診を経験しておりまして・・・
たしかに患部の細胞を採取され、「結果は2週間後ですね」と臨床医に説明され、
どきどきしながら結果が出る期間を待っていたものです・・・

この時、もし標本の取り違えミスでもあれば、
不必要な手術で大切な臓器を切られちゃった・・・なんて悲劇を呼ぶことも・・・

標本の診断には複数の病理医が診断を行うため、
どうしても時間がかかるのは仕方がないわけですが、
出来るだけ早く結果を知りたいと思いますよね。

問題がなければ早く安心したいし、
もし悪性だとしても治療を早く始めることができますよね!

そのような意味からも、病理組織や細胞診の診断支援をIT化することは
とても意義のあることのようです。

※こちらをクリックすると「細胞診・病理組織診断支援システム」のページに飛びます!

実際に医療分野において、IT化が急速に進んでいるのは、
皆さんも感じているのではないでしょうか?

例えば・・・
病院に行くと、臨床医もしくは医療秘書と呼ばれる方が、
キーボードを叩きながら診断結果を入力しているところを見ませんか?

これは、「電子カルテ」と呼ばれるものです。
今までは患者個人の受診状況などは、カルテ(紙)に記載され、保管されていました。
たくさんの患者さんをかかえる病院では、
カルテ(紙)の置き場所に苦労しているそうです・・・

最近は、紙ではなくパソコンの中に入力するため、
受診の際にカルテを探し出す作業が楽になり、保存場所の確保に困ることがなくなりました。

また、この電子カルテの他、オーダリングシステムも普及しているそうです。
オーダリングシステムは、検体検査、生理検査、放射線、処方、投薬などの
各種オーダ情報を情報端末から入力して各部門に伝達するシステムです。

電子カルテにオーダリングシステムの機能をもたせたり、
電子カルテとオーダリングシステムを併用してシステムの統合化を図るなど、
運用例にはさまざまなケースがあるそうです。

IT化が進められることにより、医療従事者はもちろんのこと、
患者にとってもよりより医療が提供されるとうれしいですよね!

さて、「合同会社秋田デジタルアセット」が手がける
「細胞診・病理組織診断支援システム」について教えていただきましたが、
そもそもどうしてこのような会社を立ち上げたのですか?

「ISOの審査会社に勤務していた時、日本診療情報管理学会に参加したことがあります。
 私自身は営業畑一筋の人間で、ソフトウェアの開発は出来ません。
 今から5~6年のことですが、病院のIT化が遅れていると感じ、
 起業するなら、医療のIT化に携わりたいなぁと思ったのが最初です。

 また、秋田県はここ20数年のうちに疾病構造・死亡原因が脳疾患からガンへと
 変化しているため、少しでも地域の役に立てる仕事をやりたいとの想いもありました。」
 (戸澤 代表)

起業については、早くから興味があったと話す戸澤 代表・・・ 
いくつかの会社での勤務経験がある戸澤代表にとって、
唯一無二の経営者が最初に就職した楽器会社の社長だったそうです!

「あの社長を超える経営者に出会うことができなかったので、
いっそのこと自分が経営者になれば・・・なんて考えました(笑)
  尊敬する社長のように、
  社員だけではなくその家族を養っているという想いを忘れずにいたいと思っています。」
  (戸澤 代表)

40歳を過ぎて転職しなければならない状況に追い込まれたことも、
戸澤代表の起業を後押ししました。

また、前職でつきあいのあった株式会社秋田病理組織細胞診研究センターの協力も得られ、
2009年に会社を設立することとなったのです。

設立当初は、
ソフトウェア開発の担当者である矢守さんと戸澤代表の二人三脚でがんばってきましたが、
今年に入って、開発担当に山口さんという新しいメンバーが加わりました。 
【写真 向かって右側が開発担当の矢守さん、左側が開発担当の山口さん】
d0162301_11103112.jpg


このシステムは、一度納品すれば終わりということはなく、
保守管理(メンテナンス)はもちろん、新たな機能の追加(カスタマイズ)も行うため、
納品先のお客様とは長いおつきあいになります。

また、医療の専門家ではない分、
用語などの医療知識や診断分類の変更などについてはお客様より情報を得ながら、
より使い易いシステムにしていくことが求められるそうです。

ソフトウェア開発の経験は豊富な山口さんですが、
矢守さんの助言をもらいながら、医療知識についても勉強中なんだそうです。

矢守さんよりシステムの操作画面を説明していただきました。
納入先と同じ状況で入力確認を行うため、実際の患者情報をお借りすることもあるそうで、
会社のセキュリティー対策にはとても神経を使うそうですよ。
【写真 向かって左側 開発担当の矢守さんから説明を受ける、真坂はづきさん】
d0162301_111438100.jpg


ソフトウェア開発以外の全ての業務は戸澤代表の担当だそうで、
顧客開拓に・・・ 銀行に・・・と会社の内外で大活躍!
【写真 事務作業中の戸澤 代表】
d0162301_11175341.jpg


さて、「合同会社秋田デジタルアセット」に求められる人材とはどんな人ですか?

「小さい会社であるため、個々の社員の自覚が問われます。
一緒に会社をやっていく仲間として、ハングリー精神を持っているか、
フットワークが軽いかを大切にしています。」(戸澤 代表)

まだまだ走り始めたばかりの「合同会社秋田デジタルアセット」ですから、
代表社員だけが頑張ればよいというものではなく、
社員全員で会社を盛り立てていかなければなりません。

運命共同体・・・ として一緒にがんばってくれる方を募集しているそうです!
とくに医療の世界は口コミの威力がすごいそうで、
人とのつながりを大切にできるということも、採用の際には大きなポイントだそうですよ!

収録では、そんな想いも込めて戸澤代表に語っていただきました~!
d0162301_11263764.jpg


戸澤 代表他、社員のみなさん、ありがとうございました。

恒例の記念写真は、社員全員でぱちり!
【写真に向かって、右側から、山口 翔平開発担当、矢守 慶開発担当、
 戸澤 嘉之代表社員、真坂 はづきさん】
d0162301_11303318.jpg



この模様は・・・

11月4日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif  
[PR]
by fresh-akita | 2011-11-02 09:00 | ラジオ番組取材後記

応援

 
 今日から11月。あと2ケ月で2011年が終了。
 いつもいつも思いますが、本当に月日がたつのは早いものです045.gif

 秋と言えば、食欲の秋。(なんと言っても私的にはコレが1番034.gif )
 スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋、行楽の秋など、いろいろありますね。

 今回はスポーツの秋にちなんだお話。
 今、娘はチアリーディングのクラブに所属していて、毎週スポーツの応援に出かけております。
 
 10月30日(日)は、秋田ノーザンブレッツの応援ということで、八橋球技場に行ってきました。
  
 当日は、秋田NB vs クボタスピアーズの試合。
 クボタスピアーズは強いチームのようで、なんとか047.gif喰らいついていきたい!!と
 広報の方が、お話をしていました。

 が、その前に、秋田NBに誕生した女子チーム、
 “秋田ノーザンブレッツ プレアデス”
 エキシビジョンマッチが行われました。
 プレアデスは、中学生から社会人で構成されているとのこと。
 どんな体の大きな女性が出てくるかと思いきや、
 これがまた、皆さんスラリとした方ばかり005.gif
 
 女子の試合は、タックルなどがなく、攻撃の回数制限があるラグビー(タッチラグビー?)で、
 足が早くて、なおかつ“小回りのきく子”が有利だなと思いました。
 ボールを持って、ダーッとフィールドを駆けあがっていく姿、とてもステキで、ついつい
 大声援を送っておりました。(すぐ夢中になってしまう私・・・)

 あっと言う間のエキシビジョンでしたが、一生懸命さが伝わってくる良い試合に007.gif感動・・・。
 大きな拍手を送りました。
  
 “秋田ノーザンブレッツ プレアデス”は、11月12日に盛岡市でデビュー戦を控えているとのこと。
 今後の活躍を期待します!

 残念ながら秋田NBは、クボタに負けてしまいました。
 次は千葉で試合だそうです。 頑張れ!!!

 
 
 

 

 
 

 

 
  
 
 
 
 
 

  
  
 
 
[PR]
by fresh-akita | 2011-11-01 14:53 | ほんの一言・・・