ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

Job-Press on Radio< 株式会社 元氣屋 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
2月が終わりますね・・・ 春はもうすぐ?012.gif

今回の取材先は、
「株式会社 元氣屋」

フレッシュワークAKITA広報班メンバーと
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ・・・

社名に聞き覚えのある方、ずばり、ラーメン好きではないですか?

取材先として指定されたのは、潟上市飯田川にある“メルシティ潟上”!
秋田市御所野の「秋田テルサ」からは、雪道を1時間ほど(車)で到着!

“メルシティ潟上”に到着すると、
可愛いキャラクターと“焼肉屋ベコちゃん”と書かれた店舗を発見!
d0162301_1491557.jpg


今日の取材はラーメン屋さんではなく、焼肉屋さん???


早速、 虻川 敬 代表取締役 に、
いろいろお聴きしましょう!
d0162301_1494491.jpg


※取材には、大関 敏彦 取締役専務と、佐藤 真生 取締役営業部長にも、
  同席していただきました!


 ◇ こちらの会社について教えて下さい!
 
 ◆ 「「株式会社 元氣屋」は、
     業務用製麺卸、業務用食材卸の他、
     飲食店のFC運営及び、飲食店経営を行っている会社です。」


「株式会社 元氣屋」は、平成16年に設立されました。


北秋田市内で酒屋を営んでいた虻川家・・・
時代の流れの中で、酒屋からコンビニエンスストアに業務を転換・・・

高校を卒業した虻川代表取締役は、
父親が経営するコンビニエンスストアを手伝っていたそうです。

10年が経過した時、
突然、「独立しろ!」と父親から宣言された、虻川代表取締役・・・

どんな業種で起業したらいいか悩んだ結果、
選んだのがラーメン店でした・・・

飲食店経営が初めての虻川代表取締は、
フランチャイズ展開していた人気のラーメン店に目を付けます。

「絶対に後戻りできない状態で始める!」との思いで、
開業する店舗の土地を新規に購入し、
平成14年、北秋田市綴子にラーメン店を開店しました。
※“紅い彗星”の店舗の場所です。

虻川代表取締役、29歳だったそうです・・・

虻川代表取締役が開店した地区には、
近距離に4店舗のラーメン店がひしめく、
いわゆる“北秋田のラーメン激戦区”・・・

激戦区で生き残るため、ノウハウを蓄積し、
メキメキと頭角を表していった虻川代表取締・・・

平成16年には店舗を法人化し、
大館市内に「元氣屋 大館清水店」をオープンしました。

これが、「株式会社 元氣屋」の始まりです。

虻川代表取締役は自社ブランドでの起業にあたり、
“飲食を通じてお客様に元氣を与えたい”という志しを持ち、
味や品質、店舗の雰囲気作りにこだわり続けたいと考えました。

創業以来、どこにもないオンリーワンの味を追い求め、
平成20年には「元氣屋セントラルキッチン」を設立。
【写真 セントラルキッチンでの製麺作業(企業HPより)】
d0162301_156337.jpg

麺製造はもとより、ギョーザ、キムチ、たれ類など、
ラーメン店に必要な食材の製造と卸業を開始し、
店舗で使用する麺を自家製麺としました。

平成21年にはFC店舗の募集を開始。

虻川代表取締役が確立したブランドを、
より多くの方に味わっていただく、
そして、虻川代表取締役のように、
起業したいと考える方の支援を、
行えるようになりました。

“食での元氣”を追究し、
ラーメンだけでなく、焼肉店も展開している「株式会社 元氣屋」・・・

グループの店舗は本社がある県北を中心に、
秋田市や由利本荘市、そして海外(台湾)にも出店しています!

そして、各店舗のネーミングもユニークで、
とてもこだわっているんですよ!!


では、グループの各店舗についてご紹介しましょう!

 ●「ラーメン元氣屋」
  秋田比内地鶏スープを主軸としたらぁめんに特化したスタイル。
  バラエティー溢れるメニューが魅力!
d0162301_1416816.jpg


 ●「らぁめんダイニングぴよぴよ」
  秋田比内地鶏を使ったらぁめん・ご飯物、そして一品料理、
  お酒類も充実したジャンルにとらわれない何でもありのスタイル。
d0162301_14164196.jpg


 ●「味噌らぁ麺専門店 初心ZERO」
  全国のご当地味噌らぁめんも提供している味噌らぁめん専門店
d0162301_14165948.jpg


 ●「焼肉屋ベコちゃん」
  上質なお肉をリーズナブルな価格でご提供。
  焼き肉以外の商品も豊富に取り揃えた、団体様に人気のスタイル。
d0162301_14174559.jpg


 ●「紅い彗星」
  濃厚海老スープ、豚骨スープ、コク旨比内地鶏スープのらぁめんが味わえる、
  新しい店舗。
d0162301_15123382.jpg



「ラーメン元氣屋」は秋田市内にも店舗があり、
『キムチの美味しいラーメン屋さん』としても有名です。
【写真 セントラルキッチンで手作りしている 名物キムチ(企業HPより)】
d0162301_1510852.jpg


そして、「ラーメン元氣屋」のセカンドブランド、
「紅い彗星」はそのネーミングの由来がユニーク!

台湾の台北市にラーメン店を出店するに当たり、
濃厚海老スープのラーメンを提供することとしたそうですが、
中国語で海老は、「虾 (xiā)」 と表記するのですが、
発音は、「シャー」!

そう、シャーと言えば、
世代を超えて支持されているロボットアニメの登場人物ですよね!

その登場人物のニックネームが「紅い彗星」なんです!

「ラーメン元氣屋」の名物であるキムチの「紅」、
そして海老も「紅」ということで、
セカンドブランドの店名が「紅い彗星」になったそうです!!
d0162301_14183156.jpg


虻川代表取締役のセンスに、脱帽です。


 ◇ 会社の特徴について、教えて下さい。

 ◆ 「個性豊かな店舗を複数展開しているので、
    性別だけでなく、幅広い年齢層に対応しています。

    また、自社のセントラルキッチンで店舗食材の製造もしているので、
    食材の卸売も行っています。

    初めて飲食店を経営したいという方には、
    FCで店舗を経営するという方法もありますし、

    経費を抑えたいという事業主には、
    当社が製造した食材を購入していただく方法もあります。」


今回取材場所としてお邪魔した「焼肉屋ベコちゃん」は、
県内に2店舗(北秋田市と潟上市)展開していますが、
地元食材にこだわるとのことから、
北秋田市の「肉のまつお」のお肉も取り扱っています。

「肉のまつお」では自社牧場を所有し、
生育から販売まで一環して行っている地元では有名なお店です。

「肉のまつお」の美味しいお肉が、
南秋田地区でもリーズナブルなお値段で食べられるなんて、
とても嬉しいことです。
【写真 潟上店のメニュー】
d0162301_1524816.jpg

d0162301_15184342.jpg


また、店内も随所に“牛の置物”が配置され、
とてもこだわった内装になっているんですよ・・・
【写真 潟上店の店内の様子】
d0162301_1519196.jpg



「株式会社 元氣屋」グループの店舗は、
店舗としての役割の他、
セントラルキッチンで製造している食材の、
アンテナショップ的な役割も担っているようです。

「株式会社 元氣屋」の食材を気にいっていただいた同業者の方には、
経営戦略の一環として食材を使用していただくなど、
経営コンサルティング的な役割も行っているということで、
実に奥の深い企業と言えます。
 

 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「素直な方。現状に甘んずることなく、
    常に向上心を持っている方が、
    望ましいと考えています。」

時代のニーズを見ながら、
様々な試行錯誤を行っている「株式会社 元氣屋」ならではの、
人材像ではないでしょうか?


 ◇ 採用試験について教えて下さい。

 ◆ 「面接のみを行っています。
    応募者の可能性を信じ、
    出来るだけチャンスを与えたいと考えています。
    経験や資格は一切必要としませんので、
    より多くの方に応募して頂きたいです。」


より多くの方にチャンスを与えたいという虻川代表取締役・・・
間口を広げることで、思わぬ才能を開花させています。


 ◇ 採用後の研修等について、教えて下さい。

 ◆ 「配置先でのOJTが中心となりますが、
    それぞれの部署で必要となる知識等については、
    取引先企業が行っている研修などを利用し、
    知識の付与を行っています。

    また、店長会議を活用し、
    各店舗のスタッフ教育についても様々な情報を伝達しています。

    そのため、店長教育には力を入れています。
    特に、店長のやる気を高めることが重要ですね。」


自店舗の店長は、リーダーとしての素養を持っていれば、
性別や年齢に関係なく登用しているそうです。

そのため20代で店長を任されている方も、
いらっしゃるそうですよ。

スタッフは転職者を採用することが多いそうですが、
虻川代表取締役に学生の皆さんに向けて、
アドバイスをいただきました。

学生の皆さんには、
是非、在学中にアルバイトを経験して欲しいそうです。

仕事を辞める方の多くは、
仕事の内容ではなく、対人関係でつまづいたことが原因だそうです。

学生時代から幅広い世代の方と交流するためには、
社会を経験することが大切だと考えているそうです。
社会を経験する方法としては、アルバイトが有効なことから、
是非、学生の皆さんにはアルバイトをして欲しいとのことでした。

3月24日には、
秋田市御所野イオンモール秋田に新店舗が開店予定とのことで、
「株式会社 元氣屋」から目が離せませんね。



では、本日の若手職員をご紹介!

焼肉屋ベコちゃん鷹巣店
小笠原 舞さん
 です。
d0162301_14393512.jpg


入社半年の小笠原さん、社名と同じで元気いっぱいの方です。


 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「サービス業が好きだったので、
    お客様と接する仕事がしたかったこと、
    そして、地元が大好きなので地元で頑張りたいと、
    思ったのがきっかけです。」


小笠原さんは北秋田市のご出身。
「焼肉屋ベコちゃん鷹巣店」に勤務前も、
販売などの人と接する職場で働いていたそうです。

もともと、お客さんとして「焼肉屋ベコちゃん鷹巣店」を利用していたそうで、
店長さんはじめ、スタッフの皆さんとも顔なじみだった小笠原さん・・・

このお店であれば、自分の希望も満たされ、
楽しく働くことが出来ると考え、応募したそうです。

 
 ◇ 仕事内容について、教えて下さい。
 
 ◆ 「お店には12時に出勤します。
    
    営業中はホール係として、
    来店したお客様のご案内、オーダー、
    料理の配膳や片付け、レジ打ちなども担当します。

    閉店後は店内の片付けを行い、
    22時30分に帰宅というスケジュールです。」


接客業は経験している小笠原さんですが、
飲食店は初めてということで、
お皿やビールジョッキが、思っていたよりも重いのに苦労したそうです。
この半年で、確実に腕が太くなったそうですよ。

【写真 取材の様子】
※左側から、佐藤 取締役営業部長、大関 取締役専務、小笠原 さん
d0162301_15214936.jpg


 ◇ これからの目標を教えて下さい。

 ◆ 「まだまだ未熟ですが、お客様に愛されるような人間、
    そしてお店を作って行きたいです。

    これから、もっともっと地元を盛り上げていきたいと思います。」


応募の動機の中に、
店長の人柄を挙げていた小笠原さんですが、
鷹巣店は店長を中心にスタッフの結束力がとても強いそうです。

そんな働き易い環境の中、
小笠原さん自身、
もっとお店を盛り上げたいと考えるようになったそうです。

ホールの仕事の他、厨房の仕事にも興味が出てきた他、
店長のように仕事をこなしたいとの夢も生まれました・・・

元氣印の小笠原さんがいきいきと働く「焼肉屋ベコちゃん鷹巣店」には、
マジックが趣味というスタッフもいるので、
お願いすれば、宴会の余興としてマジックを披露してくれるそうです。

是非、「焼肉屋ベコちゃん鷹巣店」にも、足をお運び下さいね。


それでは、収録と参りましょう・・・
とても緊張すると話す小笠原さんですが、
d0162301_14474065.jpg

マイクを向けるとはきはきした受け答え!さすがです!
d0162301_14482471.jpg


恒例の記念撮影は、「焼肉屋ベコちゃん潟上店」の牛といっしょにぱちり!
【写真に向かって、左側から、小笠原 舞さん、
虻川 敬 代表取締役、真坂はづきさん】
d0162301_14484230.jpg


この模様は・・・

2月26日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif   


※平成27年度の放送は、2月26日で終了となります。
 
 
[PR]
by fresh-akita | 2016-02-24 09:00 | ラジオ番組取材後記
<< フレッシュワーク通信 Sola... Job-Press on Ra... >>