ブログトップ

フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~

freshakita.exblog.jp

Job-Press on Radio < 秋田ヤクルト販売株式会社 >

みなさんこんにちは001.gif

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
晴れ間が続かず、今日も雪・・・ 春はまだ遠いのかな?012.gif

36回目は、秋田市八橋にあります
「秋田ヤクルト販売
株式会社」

にお邪魔しました!

当日は、フレッシュワークAKITA広報班のメンバー2名と、
エフエム秋田から番組パーソナリティーの「真坂 はづき」さんが
会社を訪問しましたよ~!

秋田市立体育館や大型家電量販店が立ち並ぶ国道7号線沿いに
秋田ヤクルト販売株式会社があります。

取材当日は晴れてはいましたが、敷地内にはたくさんの雪が・・・
d0162301_1781279.jpg



「ヤクルト」といえば、皆さんおなじみの乳酸菌飲料ですよね?
広報班スタッフも毎日愛飲している、とーっても身近な商品です!

秋田ヤクルト販売株式会社について、

加藤裕 常務取締役
にお聴きしました!

秋田ヤクルト販売株式会社は、ヤクルトやミルミル、ジョアなどの乳酸菌飲料を始めとした
ヤクルトブランド商品の販売を行っている会社です。

ヤクルトブランド商品の開発や企画、製造については、株式会社ヤクルト本社が行い、
秋田ヤクルト販売株式会社では、販売を担当しています。
株式会社ヤクルト本社と秋田ヤクルト販売株式会社は、
それぞれ別会社となっているそうで、車の販売店と自動車会社の関係に似ています。

秋田県内には、同じような販売を担当する会社が大館と横手にあり、
秋田ヤクルト販売株式会社では、秋田市の他、
北は男鹿市・五城目町まで、南は由利本荘市とにかほ市までを担当エリアとしています。
担当地域が広いことから、由利本荘市には本荘営業所が設置され、
センターと呼ばれる拠点施設が18ヶ所あるんだとか・・・

ここで、ヤクルトの歴史をご紹介・・・
ヤクルトは1935年、医学博士である代田 稔氏により誕生しました。
大学で微生物の研究をしていた代田氏は、2つの信念を持って研究を行いました。
1つは、「細菌によって病気になってからでは治すすべがない。
だからこそ病気を予防することが大切だ」(予防医学の考え方)
もう1つは「人が栄養を吸収するのも、病原菌が暴れるのも腸。
腸が健康になってこそ、人は健康になれる」(健腸長寿の考え方)

研究の末、代田氏は乳酸菌が人間の身体にとって良い働きをすることを発見し、
胃液や胆汁に負けない乳酸菌「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」の強化培養に成功!
「薬」ではなく「食品」としての商品化を目指し、「ヤクルト」が誕生します。
(『ありがとうございます 75年目のヤクルトです』より一部抜粋)

代田氏が「薬」ではなく「食品」としての商品化にこだわったのは、
「一人でも多くの人々に手軽に飲んでもらいたい」との思いがあったからでは・・・
「予防医学」
「健腸長寿」
「誰もが手に入れられる価格で」
この3つが、創始者代田氏の考えであり、ヤクルトの基本理念となっています。

こちらは、ヤクルトブランドの商品の一部・・・ なーんと!化粧品もございます。
d0162301_17471226.jpg


化粧品開発にはこんな秘話が・・・
発売当初のヤクルトの容器はガラス瓶を使用し、
飲み終わった後は回収・洗浄・再利用していたそうです。

ガラス瓶の洗浄を担当している人の手が荒れないことを不思議に思い、
乳酸菌を化粧品に活用することとなったそうです!

こちらは、当時のガラス瓶です!
d0162301_18343425.jpg

なかなか味のある容器ですよね!

取材当日は、「ヤクルト400LT」と「ミルミルS」をご馳走になりましたぁ~
d0162301_17491525.jpg


『ヤクルト400LT』は、生きて腸内まで到達し、腸内環境を改善する乳酸菌シロタ株を、
1本(80ml)あたり400億個含んだ乳製品乳酸菌飲料!
ヤクルト400に比べ、甘さを約25%ダウン、カロリーを約30%カットし、
甘さひかえめに仕上げおり、「大人のヤクルト」といった感じ?

また、『ミルミルS』は、生きて大腸まで届く強いビフィズス菌(B.ブレーベ・ヤクルト株)が
100億個/本以上含まれている、飲むタイプのヨーグルト!

「それぞれの容器を振ってみてもらえませんか?」(加藤 裕常務取締役)

沈殿している乳酸菌を混ぜるため? 加藤 裕常務取締役って、やさしー010.gif


「『ヤクルト400LT』に含まれている乳酸菌シロタ株は、光や酸素に強いため、
容器は半透明で、容器を振ると音がします。

『ミルミルS』に含まれているビフィズス菌は、光や酸素に弱いため、
容器は光を通さないものを使用。中は真空になっているため、振っても音がしません!」
(加藤 裕 常務取締役)

たしかに・・・ そのとおり!
ヤクルトの容器も実は隠れた秘密が・・・

ひみつ1
 中央のくびれは、デザインだけでなく、
 液体が一気に流れ出ることを防ぐ役割があるとか・・・

ひみつ2
プラスチック容器に関しては、「立体商標」が認められ、
容器の形=ヤクルト となりました。

これは、「コカ・コーラ」のボトルに次ぐものだそうです!

そんなヤクルトブランド商品は、どのような形でお客様のもとに
届けられているのでしょうか?販売形式は2つ・・・

自宅や企業などお客様に直接商品をお届けする「宅配」形式
学校や老健施設の給食、スーパーや小売店を経由して商品を販売する「直販」形式

「宅配」については、これまたみなさんおなじみの「ヤクルトレディ」が、
お客様を訪問し、商品を届けています。
d0162301_1736244.jpg

前述の『ヤクルト400LT』」と『ミルミルS』は、「宅配」限定商品なんです!

「直販」については、学校や高齢者施設の給食での提供や
スーパーや小売店などの店頭での販売となります。
直販担当の職員が各施設や店舗を回って、営業活動を行っているそうです!


ここで「ヤクルトあるある」を一つ!
「宅配」限定商品には、「直販」商品との大きな違いがあります。それは何!
答えは、バーコードが付いていない!

「宅配」でヤクルト商品をご愛飲中の方、一度ご確認下さいませ!

ここで、疑問が・・・
販売当初は小売店が少なく、多くの方に商品をお届けするために
「宅配」形式を取り入れたそうですが、
現在でも「宅配」にこだわるのはどーしてですか?027.gif

「ヤクルトブランド商品は、『元気と健康を育てている』ため、
お客様にきちんと商品の説明をしてご利用いただきたいとの思いがあります。
そのため、お客様とのコミュニケーションをもっとも大切にしたいと考えています。

さらに『買いに来ていただくのではなく』、ご利用いただく方に『お届けする』という
気持ちをお伝えするため、
商品だけでなくお届けするスタッフが元気を運ぶ存在でありたいとの思いから、
宅配にこだわっています」(加藤 裕常務取締役)

なぁーるほど~045.gif
栄養機能食品や特定保健用食品にも指定されている商品が多く、
それぞれの商品の特性をきちんと伝えたい・・・
お客様に対して誠実でありたいとの思いに満ち溢れたシステムが「宅配」なんですねぇ~

「宅配」を支えているのが、ヤクルトレディーといわれているスタッフ!
秋田ヤクルト販売株式会社には、230名のヤクルトレディが日々活躍しています。
中には70歳近い方もいらっしゃるそうですが、皆さん元気いっぱい!

国内には、43,000人、世界32の国と地域では、
約80,000人のヤクルトレディが活躍しています。

ヤクルトレディの活躍は、商品のお届けだけではありません!
地域の家庭や企業を訪問しているというメリットを生かし、子供や単身の高齢者家庭を見守る
「子供見守り隊」や「振り込め詐欺防止運動」を展開!

「振り込め詐欺防止運動」に関しては、秋田県警の講習会に参加し、
被害に会わないように呼びかけるリーフレットを商品と一緒に配布しているそうです。

そんなヤクルトレディを会社も全面バックアップ!
幼稚園に入園前の幼児を預かる保育施設を完備!
秋田ヤクルト販売株式会社では、2つの保育施設を設置しているそうです!

その他、無料の健康教室やプロ野球選手による「ヤクルト野球教室」なども開催しています。

秋田ヤクルト販売株式会社は、健康だけでなく、地域にもやさしい会社なんですねぇ~!

ここで、社屋をご紹介!

こちらは、宅配や総務部門の事務スペース!
d0162301_1982856.jpg

事務スペース内にヤクルトの創始者 代田氏の写真が・・・
d0162301_1910187.jpg


こちらは、直販担当者の事務スペース!
d0162301_19112247.jpg

伝票整理に忙しそう~! 
女性スタッフも何名かいらっしゃいましたが、トラックも運転するそうです!
みなさんはきはき、明るい方ばかり・・・ 毎日ヤクルト飲んでるからカナ?

こちらは、工場から運ばれた商品をストックしておく倉庫・・・
d0162301_19145047.jpg

d0162301_19151096.jpg

たっくさんのヤクルトにかんどーしちゃいました!016.gif
これらの商品はほぼ毎日工場から運ばれ、各センターや量販店などに届けられます!

運んでいるトラック・・・
d0162301_19171835.jpg

こんな感じで積み込みます!
d0162301_19173880.jpg

これから積み込まれる商品!かなりの量です!
d0162301_1919427.jpg


このように私たちのもとにヤクルトブランド商品を届けるため、
毎日がんばっているのが、秋田ヤクルト販売株式会社なんです!

ここで、本日の先輩社員をご紹介しまーす!
能登谷 博文 直販課係長にご担当いただきました~!

能登谷 係長は入社13年目!採用時から直販課一本でがんばっていらっしゃいます。
直販課は前述のとおり、学校や高齢者施設の給食、量販店などを担当しています。
学校については、栄養士の方を訪問し、ヤクルト商品の成分について説明を行い、
給食での使用をお願いしているそうです。
また、ヤクルト商品の自動販売機の設置なども担当しているとか・・・

そんな能登谷 係長、見た目から「スポーツマンオーラ」を感じましたが・・・
お聴きしたところ、元高校球児!
あの、東京ヤクルトスワローズの石川雅規選手とは小学校と中学校の同級生なんだとか!

昨年、秋田で開催した「プロ野球教室」に石川選手が参加した際には、
旧交を温めたそうです!038.gif

高校の野球部監督から「社内に野球チームもある」と薦められ、
先輩社員が生き生きと働いている姿に感動し、
入社を希望しました。

とにかく、野球しかやってこなかったという能登谷 係長!
入社当初は商品の数が多いことや、受発注の事務処理、
自動販売機の設定などとまどうことが多く、とても苦労したそうです。

お勧めした商品をご利用いただいたお客様から
「良い商品だった、ありがとう」と言われることが一番うれしいと話す能登谷 係長!

入社のきっかけとなった先輩社員のように、
お客様の健康づくりに貢献しているという気概にみなぎっていますよ!

そんな能登谷 係長と打ち合わせ・・・
d0162301_9175318.jpg

バットを持つ手をマイクに代えると・・・ 少々緊張ぎみ?
d0162301_9214445.jpg


本当におつかれさまでしたぁ~
最後は恒例の記念撮影!
【むかって左側 加藤 裕常務取締役、真ん中 真坂はづきさん、右側 能登谷 博文係長】
d0162301_9312237.jpg



この模様は・・・

2月9日 17:15から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・003.gif
 
[PR]
by fresh-akita | 2011-02-07 09:00 | ラジオ番組取材後記
<< 『フェイスストレッチング講座』... 大雪 Part2 >>