ブログトップ
フレッシュワークAKITA ~スタッフブログ~
サクラ咲く
先日、家族が盆栽を買ってきました。
盆栽のプレゼントは初めてでちょっとビックリでしたが、
苔の形といい、枝ぶりといい、可愛くてとても気に入りました。

「今年は、家の中でも花見ができるね~」なんて言っていたら、
あれよあれよという間に(?)次々と開花❀❀❀❀❀

見事な咲きっぷりで、毎日楽しませてくれています。
桜はいいですね~❤❤

よく、受験の結果に、桜を使いますが、薔薇でもなく、百合でもなく、やはり桜がしっくりきます。

今朝、面接トレーニング講座に参加していた方が、就職決定の報告に来てくれました。
晴れやかなとてもいい笑顔でした
何度か講座に参加していた彼ですが、就活中の心境は決して穏やかではなかったはず…

自分自身をじっくり見つめ直し、次へ挑戦していくための期間は、開花を待ちわびる蕾の時期のようです。
途中、萎れないように、枯れてしまわないように、水や栄養、ある程度の刺激が必要です。
彼の笑顔を見て、フレッシュワークAKITAでの体験が、心の栄養補給や刺激の一つであったと確信しました。

受験や就活に限りませんが、可能性を秘めているたくさんの蕾たち、開花を信じてがんばりましょう
 「サ ク ラ サ ク」 誰の心にも、たくさんの桜が咲きますように…





■  [PR]
# by fresh-akita | 2015-03-26 10:28 | ほんの一言・・・
気をつけよう
 
 しっかり春らしくなり、運転しやすい時期となりました。

 今週末はお天気が良かったので、タイヤ交換をされた方も
 多かったのではないでしょうか?

 滑る心配もなくなり、運転も楽になったなぁ~と
 グイグイ運転していると、
ゴリッ!!
 という聞き慣れない音。

 ん?
 今のはなんの音?
 石をふんだ音ぉ。

 などとあまり気にせずに運転を続けていると・・・、
 ゴッゴゴッ、ゴッゴゴゴ・・・
 と鳴り続けます。

 んん?
 すぐに止まって確かめれば良いのに、強行突破し、目的地へ。

 確認してみると、
 大きな頭のネジのようなものが、
 タイヤにつきささっているではありませんか

 あんな大きな道路にたった一つ転がっていたネジが
 私のタイヤにささるなんて・・・。不運・・・。

 でも、幸運なことに、
 まだお店がやっている時間帯だったので、
 事なきを得ました。

 運転していると、色々なアクシデントがあるものですね。
 
 春は交通量も増えます。
 安全運転で行きましょう。

 
 
 
 

  
 
 

 

  
 
 
 
  



 
 
 
 

 

 
■  [PR]
# by fresh-akita | 2015-03-23 15:12 | ほんの一言・・・
3月に思いをよせて…
雪解けも進み、日に日に春の気配を感じられるようになりました
3月は別れという区切りを迎える人、
就職・進学へと新たな世界に踏み出す人など
多くの方々が、様々な思いでこの季節を迎えていると思います

フレッシュワークAKITAは、新社会人となる高校生や、大学等学生を対象に
県内10箇所で「新社会人準備講座」を開催しました
その講座に開催スタッフとして参加し、参加する生徒一人一人を見るにつけ、
今から?十年前、自分自身が社会人として踏み出した頃のことを思い出しました

当時の私は、何の覚悟も無くふるさとを離れ、家族を思っては泣き、
友達を思っては泣き、不安よりも淋しさにうちひしがれていました
そんな中でも、今ここで頑張れば後輩への道筋になることや
自分なりに頑張って、会社に必要とされる人になりたいという一念で
その当時を乗り越えた記憶があります。
「初心忘るべからず」という言葉がありますが、
その思いは、これまでの私自身の職業の歴史を培ってきた礎になっています

これから新しい世界に踏み出す皆さんも
ぜひ、自分自身の自分なりの志を持って、元気に頑張って欲しいものです

そしてこの3月は、「3.11」東日本大震災の日を迎えます。
死者・行方不明者2万人超、そして今もなお避難生活を強いられている方々が
23万人もいるそうです
大切な人、大切な場所をなくされた方があまりに多く、
そういう方々の気持ちが置き去りにされないように
心を寄せて日々過ごしたいものです

3月はいろんな思いを巡らせる季節です…


■  [PR]
# by fresh-akita | 2015-03-09 13:30 | ほんの一言・・・
母校が消える
3月になりましたね。
3月は別れの季節と言いますが・・・
卒業・転勤・異動などそれぞれの別れが訪れている方も多いのではないでしょうか。

私自身もこの3月に別れがあります。
そのひとつは『母校との別れ』です。
少子化の影響で母校の中学校が統合になります。

奇跡的にも我が家は、親子4人がここの中学出身であり、
気に入っていた校章や、当時と変わらないセーラー服のスカーフ、
親になった今でも歌える愛着のある校歌などなど
閉校後は見ることも聞くこともほぼなくなるでしょう。

時代の流れとはいえ、やはり母校の名が消えることは
寂しい気持ちでいっぱいになります。

来年度には同市内で3高校の統合が行われる予定です。
また母校が消え、寂しい思いをする方がいるのですね。

とはいえ、別れがあればまた新たなスタートもあるというもの。
新たな歴史の幕を開ける子どもたちを応援していきます!

■  [PR]
# by fresh-akita | 2015-03-02 15:00 | ほんの一言・・・
Job-Press on Radio< 株式会社 オフィス21 >
みなさんこんにちは

フレッシュワークAKITA広報班です。

エフエム秋田で放送中!フレッシュワークAKITA提供
「Job-Press on Radio」
2月も終盤となってきました。春の気配が見えてきたかな?

今回の取材先は、青森県青森市に本社があります
「株式会社オフィス21」

フレッシュワークAKITA広報班メンバーが会社を訪問しましたよ・・・

取材先として指定されたのは、潟上市飯田川・・・
秋田市御所野の「秋田テルサ」からは、国道13号線と国道7号線を使って移動・・・
約1時間程で到着!!

ここは、「メルシティー潟上」ではありませんか!!!

国道7号線と国道285号線が交差する地域にある、
ショッピングモール「メルシティー潟上」には、スーパーマーケットや飲食店、
ホームセンター、ドラッグストアなどなど21の店舗(取材時)があるんです。

その中でも、ひときわ目立っているのが、
本日の取材先、「ブックスモア潟上店」です。




こちら、名前の通り”本屋さん”なんですが、
本屋以外の店舗が併設されている、「複合店舗」となっています・・・ 


早速、
 経営企画  小笠原 学 部長 に、いろいろお聴きしましょう!


小笠原部長からいただいた名刺を見ると、
「トヨタカローラ青森株式会社」と書いてありますよ???


 ◇ こちらの会社について教えて下さい!
 
 ◆ 「「株式会社オフィス21」は、
     トヨタカローラ青森と秋田トヨタのグループ企業として、
     秋田県内に店舗展開している書店ブックスモアから、
     販売業務の委託を受けている会社です。

     秋田県内に展開しているブックスモアは、ジュンク堂書店と提携し、
     品揃えが自慢の書籍店として、平成24年7月に潟上店、
     平成24年9月に湯沢店、平成25年11月に鷹巣店の3店舗がオープンしています。

     また、3月20日に大館店がオープンするため、新たに11名を採用しました。」


「株式会社オフィス21」は、平成12年に設立されました。

本社は、青森県青森市のトヨタカローラ青森株式会社内に設置され、
秋田トヨタ自動車株式会社内に秋田支店があります。

青森県の津軽地域に店舗展開しているトヨタカローラ青森株式会社は、
トヨタカローラ青森グループのリーディング企業として、
「トヨタ販売会社(販売チャンネル)」といわれる
・クルマを売る
・クルマの点検&修理
を行う会社として「カローラ店」を担当しています。

そんなトヨタカローラ青森株式会社が考えたのは、
お客様に店舗を楽しんでいただき、もっと気軽に店舗に来て頂きたい・・・
そして、地域により貢献することが出来ないだろうか・・・ ということ!

そんな想いが平成2年にトヨタカローラの店舗に、
書店を併設した複合型の店舗を展開するきっかけになりました。

これが大当たり!
自動車ディーラーの店舗に書店が併設されることにより、
お客様は修理や点検などの待ち時間を有効に使えるようになり、
また書店にいらした方が自動車のカタログや展示車を、
気軽に見て頂けるようになりました。

その後、トヨタカローラ青森グループに秋田トヨタ自動車株式会社が加わったことにより、
「株式会社オフィス21」は、
秋田県内の複合店舗を担当する会社になりました。

平成24年7月に潟上店、
平成24年9月に湯沢店、平成25年11月に鷹巣店の3店舗がオープン。
平成27年3月20日は、大館市内に新たな店舗がオープンするそうです。
※取材時点

取材したブックスモア潟上店は「秋田トヨタ潟上店」と、


「ダイハツショップ潟上」が併設されているんですよ・・・



ブックスモアでは、
書籍以外にも文房具やファンシーグッズなども取り扱っており、
本当に幅広い年齢の方にご利用いただける店舗となっています。

【写真 「ブックスモア潟上店」店内の様子】




【写真 売れ筋キャラクター「すみっこぐらし】




 ◇ こちらの会社の特徴を教えて下さい。

 ◆ 「書店で働く従業員は、全て正社員として採用しています。

    一般的に、書店の従業員については、
    正社員で職員採用を行っている会社はほとんどないと思います。

    弊社の求人には、秋田県内はもちろん、
    他県からも書店で働きたいという学生が応募してきます。」


たしかに、書店員の正社員求人って、見たことないかも・・・

本が大好きで、書店で働きたいと言う方には、
理想的な企業ですよね・・・


 ◇ 求められる人材について、教えて下さい。

 ◆ 「明るく、挨拶がしっかりできる、
    社会人としてのスキルを有しているなど、
    接客業に求められる素養を身につけていることが望まれます。

    また、前向きであることも、重要なポイントですね。」


世界ブランドである"トヨタ"の自動車ディーラーが展開する書店ということで、
ブランドイメージを保つことが必要なんですね・・・


 ◇ 採用試験について教えて下さい。

 ◆ 「応募状況などにもよりますが、
    その年によって試験内容が異なっています。

    新卒者に関しては、大卒と高卒を分けて採用しており、
    大卒に関しては、民間の就職支援会社が主催する説明会に参加していますので、
    説明会の会場でエントリー希望者に説明を行い、
    その後、一般常識の筆記試験と面接を行います。
    面接は2回実施し、2回目は役員面接となります。」


面接官は3~4名程度で、
応募者の状況により集団面接となるそうです。

 ◇ 採用後の研修について、教えて下さい。

 ◆ 「採用後、トヨタカローラ青森グループ全体の新卒者合同で、
    1週間の集合研修を受けてもらいます。
    
    その後は配属先毎の研修となりますが、
    別店舗で研修を行った後、配属先でのOJTを行うこともあります。」


「株式会社オフィス21」では、
新卒採用が基本となっているそうで、
状況に応じて中途採用(転職者)を行っています。

平成27年3月20日には、
大館市内に敷地面積600坪、常時40万冊の書籍を取り扱う大型店舗がオープンするそうで、
今後も、「株式会社オフィス21」の活躍に目が離せませんよ・・・


では、本日の若手職員をご紹介!
ブックスモア潟上店  長沢 葉月 さんです。


小柄で楚々とした感じの方ですよ・・・


 ◇ 入社のきっかけについて、教えて下さい。

 ◆ 「秋田で働ける職場ということで、
     短大1年の冬頃から就職活動を始めましたが、
     思ったような結果が得られず、
     就職活動を中断してしまいました。
                                                              
     就職活動を再開したタイミングで、オフィス21の求人に出会い、
     自分の好きなことを仕事に出来ると考え、応募したのがきっかけです。」


【写真 取材の様子】


長沢さんは秋田市のご出身。
高校卒業後、地元の短大に進学しました。

卒業後は、地元で働け、土日に休める職種で働きたいと考え、
就職活動を行ったそうですが、なかなか思ったような結果が得られず、
一時期就職活動を辞めてしまいました。

条件にこだわらず、もっと幅広い職種を見ようと考え直し、
就職活動を再開したタイミングで、「株式会社オフィス21」の求人と出会いました。

もともと、本が大好きだった長沢さん・・・
大好きな本に携われる仕事であり、
なにより新規にオープンする店舗に勤務出来るという期待感が、
長沢さんの気持ちを大きく揺さぶりました。

当初に希望していた土日がお休みという条件とは異なった職種ではありますが、
自分の大好きなことを仕事に出来ると言う気持ちが、条件よりも勝ったといいます・・・


 ◇ 採用試験で覚えていることはありますか?

 ◆ 「私の時は、ペーパーテストと面接試験がありました。
     ペーパーテストは一般常識と作文でした。

    面接試験は個別ではなく集団面接でしたが、
    あまり私への追加質問がなかったので、
    私に興味を持ってもらえず、不採用かなと落ち込みました。」


めでたく採用になった長沢さんは、
配属先である潟上店が同年の7月オープンだったこともあり、
青森市内の店舗で3ヶ月ほど研修を受けた後、
オープンに併せて潟上店に配属になったそうです。


 ◇ 大変なことと、やりがいについて教えて下さい。

 ◆ 「思ったよりも書店の仕事は力仕事だと思いました。
     今では入社当初よりも、腕に筋肉がついたと思います。

     潟上店では、20万冊の書籍と文房具等を取り扱っているので、
     入社当初は棚の位置などがなかなか覚えられませんでした。

     また、オープン時の研修で、
     業務提携をしているジュンク堂の職員の方が研修に来て下さいましたが、
     その知識に圧倒されました。

     入社3年目になり、日常の業務には徐々に慣れてきましたが、
     先輩格として、他の社員の働きぶりに気を配ったり、
     店舗全体のことを考えていかなければならない立場になったので、
     入社当初と比べて、大変なことの質が変わってきたと思います。

     この仕事のやりがいは、自分が仕入れた書籍が売れた時や、
     書籍名や作家名が分からず、漠然とした情報から、
     お客様の探している書籍を見つけることが出来た時ですね。
     お客様に喜んでもらえることが一番です。」


【写真 長沢さんのお薦め書籍を集めた棚】


【写真 地元のタウン誌に掲載されました記事】


1日の仕事の流れをお聴きしました・・・

勤務は、早番と遅番の2交代制とのことですが、
午前中は届いた書籍の検品を行い、
その後、書棚に品出しを行います。

午後には、文房具類が届くので、
再び検品を行い、店内に品出しします。

終日を通して行うのが、
レジ対応、棚の整理、
レジ以外のお客様の対応の他、
商品の発注業務や返品する書籍のチェックなどだそうです。

【写真 文房具の検品作業の様子】



 ◇ 今後の目標について教えて下さい。

 ◆ 「この人に聞けば分かると思ってもらえる人、
     そして、この店に来れば欲しい本・文具が見つかり、新しい発見もある、
     ここで買いたいと思っていただけるような店舗を目指したいです。

     そのために、知識を深め、商品や棚、売場を見る目を養っていきたいと思います。
     仕事もプライベートも楽しみ、成長し続けたいです。」


接客業ということで、出勤はシフト制(勤務日・勤務時間)となっていますが、
通院など平日でないとこなせない用事も有給を使わずに済み、
なんといっても平日のお休みは、買い物などもゆっくり楽しめるそうで、
長沢さんはシフト制の勤務を楽しんでいるようです。

休日は趣味の楽器演奏(フルート)、読書や旅行を楽しむ他、
最近は登山にも目覚め、"山ガール"デビューも果たした長沢さん・・・

これからも、大好きな本といっしょに、楽しく働いて下さいね。


恒例の記念撮影はブックスモア潟上店のメイン通路でぱちり・・・

【写真に向かって、左側から 小笠原 学経営企画部長、
ブックスモア潟上店  長沢 葉月さん】



この模様は・・・

2月20日 17:40から エフエム秋田にてON AIRされます。
ぜひ、放送もお楽しみに・・・   

■  [PR]
# by fresh-akita | 2015-02-18 09:00 | ラジオ番組取材後記